自分らしくいこう

DSC_0014 small


空が明るい。今が一番日が長い時期だからなのだろう。と、カレンダーを見ると6月18日。そうか。今日が6月18日なのだと確認して一瞬の焦りを感じた。別に急いでいることなどひとつもないのに。

いつの頃からか、なるようになる、何事もそうなるべき形になるようになっているのだ、と思うようになった。若かった頃みたいに、何かにがむしゃらになったり、人より先に行こうと思ったり、人より秀でた立場になろうと思ったりすることが無くなった。別に人生を捨てたわけでもないし、諦めたわけでもない。ただ、肩の力を抜いて、自分は自分、自分らしく生きるのがいい、と気が付いただけだ。かと言って一生懸命な人のことをとやかく言うつもりもない。一生懸命な人は、それはそれで美しく、他人ながら、頑張れ、頑張れと応援したくなる。つまり自分はそうでなくてもいい、と思うようになっただけだ。今まで肩を張って、肩で風を切りながら長い道を歩いてきた、走ってきた、それをもうやめようと思っただけに過ぎない。
ボローニャに暮らし始めて辛い時期があった。随分長い間。一冊の本を送ってくれたのは日本に暮らす女友達だ。頑張っているのはあなただけじゃない、皆色んな形で戦いながら、自分が暮らすに良い状況を作ろうと努力をしている。ありきたりの言葉で応援したり窘めることなく、彼女は活字を通じで教えてくれた。それがどれほど私にとって有難いことだったか、彼女は知っているだろうか。私は彼女に伝えただろうか。
また、私が辛かった、いや、葛藤していた時期に、ミラノに暮らす女友達がこんなことを言った。川の流れに一度乗ってみたらいい。案外、悪くないかもしれない。そう言われて私は、彼女は他人事だからそんなことが言えるのだ、他人事だから、と密かに憤慨していたのだけれど、随分と月日が経ったある日、ふと彼女の言葉を思いだしてもがくのを辞めて川の流れに乗ってみたら、予想外の結果が出た。彼女が言っていたとおりだった。もっと早くそうしておけばよかったと思いながらも、彼女が言ってくれなかったらばずっともがき続けていたのだろうと思うと、決して遅くはない、遅すぎることなんてないのだ、と思った。
私はいつも人に感謝するばかりだ。人から何かをして貰うばかり。私も人に何かしてあげることはないのだろうかと海のずっと向こう側に暮らす女友達に手紙を書くと、特別なことなどする必要はない、そのままのあなたが自分の友達でいてくれるだけで十分有難いと手紙を返してくれた。私は彼女の言葉を決して忘れない。私の存在を有難いと言って貰ったのは生まれて初めてのことで、そのままの私でいいと言って貰ったのも生まれて初めてだった。
私にはこれと言った物質的財産はない。でも、良い友達がいる。決して多くはないけれど、輝くダイヤモンドやエメラルドよりも価値があって私にとっては大切な。それに気が付いた頃から、自分は自分、自分らしくいこう、と思うようになった。遠回りしたけれど、ようやく自分らしく生活できるようになったことを私は心から嬉しく思う。

今夜は少し暑さが控えめ。気持ちよく眠りに落ちることができそうな気配。




人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
ほっとするおはなしをありがとうございます。言葉がやさしいところ、yspringmindさんの視点が面白いところ。
私がyspringmindさんのおはなしを読むのは、ちょっとした逃避行とyspringmindさんなりにたたかわれている文章にそうなのかと我にかえったりする安定石みたいなところがあります。ほんとだったらどんなに大変でも住んでみたかった海外。無理だとしてもいつも日本で一視点で生活しているのもしゃくなので、yspringmindさんの言葉を通して、自分の気持ちを確かめている気で読ませてもらっています。

2017/06/22 (Thu) 12:11 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。私の話が安定石というのが面白いなあと思いました。面白くて気に入りましたよ。
ほんとだったらどんなに大変でも住んでみたかった海外。・・・・・私はいつも思うのですが人生っていつどんな風に変わるかわからないもの、と私は自分の人生を振り返って思うのですがどうでしょう。いつか小さなチャンスがやってきた時に、エイ!と掴むことができるように、しておいてくださいね。

2017/06/24 (Sat) 18:56 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する