ゆらゆら揺れる

寝室の窓辺に座って外を眺めるのが好きらしい。うちの猫のことだ。暇さえあれば外を眺めている。何を眺めているのだろう、何かいいものでもあるのだろうかと猫の視線を追ってみたら、階下に広がる隣人の庭に赤い芥子の花が咲いていた。其処は以前プールがあった場所で、娘が20歳近くになってプールに入ることが少なくなったからと言って、ある日突然取り払われてしまった、プール跡地なる場所である。プールの跡地は随分長いこと放置されていて、その荒れ果てた様子は隣人らしくないなあ、と思っていたのだけれど、ようやく腰を上げたらしく、日曜日になると隣の奥さんとその母親が草むしりをしたりペンチを動かしたりして着々と庭の手入れが進んでいった。そうして感じの良い空間が出来上がった。先に根を下ろして美しい花を咲かせていた芥子の花はそのまま残しでくれたのが嬉しかった。多分猫も同じように思っているに違いなく、芥子の花が風にあおられて揺れるたびにそれを目で追って、首をゆらゆら揺らした。
ところでこの夏は蚊が大発生すると予想されている。冬に雪が降らなかったからだ。蚊は雪は降ると寒くて絶滅するが、雪が降らないと次の夏まで生き延びて大変なことになるのだそうだ。そういうことに敏感な上階の住人が管理人に掛け合ったらしく、4月から夏がすっかり終わる9月まで、月に一度庭の消毒をすることになった。すでに2度の消毒が済んでいて、おかげで蚊を一匹もみていない。上階の住人は様々なことに細かくて一種たいへんな人たちだけど、しかしこの件に関しては先見の明があったということで拍手を送りたいと思う。誰にでも良いところあり、好ましくないところあり。だから一方的にレッテルを張ってはいけないということだ。

ああ、それにしても、涼しいコットンの、夏の素敵なブラウスが欲しいなあ、と思う。ふわふわした、気持ちがゆったりとするような。




人気ブログランキングへ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する