ジェラートを食べに行こうよ

DSC_0001 small


春とは素晴らしい季節である。日差しの強いこと、空の明るいこと、新緑を纏う木々、地面には小さな花が咲いてまるで花の絨毯のようだ。朝、外で囀る鳥の声で目を覚ますのはなんて気持ちがよいのだろう。夕方、仕事を終えた後も空が明るいのはなんと嬉しいことか。冬が暗い分、春の明るさが嬉しい。暖かい空気が嬉しいと思う。それにしても今日のボローニャは、24度にも上がって、私はほんの少し戸惑っている。少し調子に乗り過ぎてないか。このの調子では夏の暑さが思いやられやしないか。勿論、春の天気は崩れやすいので、この晴れ晴れした天気も何時まで続くかわからないけれど。

帰りのバスに子供たちが乗り込んできて、あっという間にバスが混雑した。前の乗車口から乗り込んでくる子供たちの数をカウントしてみたら24人。引率の先生がふたり。みんな。これは公共のバスなんだ。周囲の人たちに迷惑をかけてはいけないよ。先生の鶴の一声で、皆がお喋りを辞める。しかしそれも長続きはせず、また先生が静かに言う。学校じゃないんだよ。その一言で、また子供たちがお喋りを辞める。その様子があまりにも面白いので、我慢をしていたが思わず小さな笑いが零れてしまった。すると隣に座っていた青年が肘で私を小さく突っつく。駄目駄目、笑ってはいけないよ、とでも言うように。ちらりと青年を覗き見たら、青年が笑いを一生懸命堪えていた。私が途中下車したのは、バスが混雑して嫌になったからではない。急にジェラートが欲しくなったからだ。ムッリ通りのCAPO NORD。私の一番の気に入りだ。いつの頃からか。そうだ、本当にいつの頃からなのだ。

相棒と私がボローニャに暮らし始めた22年前の初夏。私達のドル貯金を両替したらほんの少しのリラにしかならなかった。本当に手持ちのドルがリラにするとたったのこれだけなのかと相棒と顔を見合わせて驚いたものだ。為替がドルに不利な時期に当たったからだった。ボローニャに住み始めて早々遭遇した不運だった。とはいえ、私達は周囲の人に助けられていたから、不運と言いながら幸運でもあったけれど。その頃トスカーナ州の港、リヴォルノ港にアメリカから送った20FTのコンテナが届いた。ボローニャとリヴォルノを往復したり、コンテナがボローニャに到着すれば荷物を降ろす作業があったり、それからボローニャ郊外の町に住まいを借りることが決まって荷物を運びこんだり、ボローニャの蒸し暑い夏に慣れていない私は体力を消耗しすぎて倒れる寸前だった。倒れることがなかったのは、私が今より22歳若かく体力があったからで、そしてこれから始まるボローニャの生活に大変緊張していたからだ。兎に角汗を掻いて汗を掻いて、ジーンズがみるみる間に緩くなった。もっと食べなくてはいけないよ、と周囲は言うが暑くて食欲もなかったし、それに周りのイタリア人のような大きな胃袋も持ち合わせていなかった。それにしたって疲れるばかりで楽しいことのないボローニャ生活。私達の決断は、つまりアメリカからボローニャに生活の場を移す決断は、間違っていたのではないかと早くも思い始めていた。楽しいことがひとつも無い、と零す私に、相棒は辛かったのではないだろうか。それで相棒が始めたのが、私をCAPO NORDに連れていくことだった。ジェラートを食べに行こうよ、と。この店は既に知っていた。結婚する前にボローニャにやってきた時、夜のドライブの帰りに相棒が連れてきてくれたから。彼が若かった頃、この店に足繁く通ったこと、この店は一種の社交場みたいなものであること。混み合う店の中で相棒が教えてくれたっけ。当時は昔ながらの小さな店で店に入って右手にジェラートが並び、左手にバールがあった。兎に角狭いし、そのうえ人気があったから、ひどい混雑で店の中とはいえ相棒とはぐれてしまい心細くなったものだ。美味しいジェラートをひとつ。始めのうちこそ嬉しかったが、それも毎日となると詰まらないものになり、相棒の気持ちも考えずに、いつもCAPO NORD、CAPO NORDばかりでもう嫌だ、などと言って困らせた。あの頃の私は気持ちに余裕がなくて、相棒を困らせてばかりいたと思う。悲しませていたのかもしれない。妻が自分の故郷の生活を楽しめない。幸せに思っていないことで苦しかったかもしれない。22年が経とうとして、やっとそんなことを思うのだから、随分間抜けな話である。私にとって、そして相棒にとっても、CAPO NORDはそんな思い出が染みついている店。もう10年以上前に隣の大きな店に移りモダンな雰囲気になった。奥のジェラート工房がガラス越しに見えて、この店のジェラートが本当に自家製であることを確認できるのも嬉しい。この店のジェラートは美味しいのだ。しかしそれ以上に美味しく思うのは、私達にはそんな古い思い出があるからだ。今日はジェラートを注文しながら、そんな古いことを思い出した。

ガラスにAPERTO TUTTI GIORNI(毎日営業)の紙が貼られていた。定休日が水曜日のこの店にこの張り紙が貼られると、ああ、よい季節が始まったのだと思う。これから夏の間中、毎日開いているCAPO NORD。次回は夕食の後に相棒を誘って来ようと思う。きっと喜ぶに違いないのだ。





人気ブログランキングへ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する