メッセージが届いた

DSC_0035 small


ここ数日のボローニャの気候には閉口している。暖かくてコートを脱いで歩けるようになったかと思えば、気温が思うように上がらない。例えば昨日がそうだ。一日中曇り空で底冷えがした。夕方には冷たい風が吹いて、暖かいコートを着てこなかったことを後悔したものだ。数日前はジェラートを買い求める人の列ができていたが、それよりも温かいスープが欲しくなるような夕方だった。油断大敵、というのはこの季節のことだ。うっかりして風邪などひいたら大変。もう少し様子をみなくてはならないと思う。

昨晩、メッセージが届いた。送り主は古い知り合いで、私がローマに居たころ世話になった人である。もう21年も前のこと。知人といっても単なる知人ではない。言うなれば私が働いていた会社の上のポジションの人で、間接的な上司であって、古くからローマに暮らす彼は多くの人から慕われたり頼りにされたりする、私からすれば手の届かないような人だった。忘れられないことがある。何かの名前の綴りを電話口で言われたが、私にはさっぱり分からなかった。ゆっくり言ってくれたにも拘らず。アメリカでは、A apple, B boyなどと綴りを説明するけれど、イタリアではappleだのboyだの言わずに、地名を使って説明する。A ancona, B bologna, C comoといった具合に。当時の私はまだそれを知らず、知人がいきなり電話口で沢山の地名を言い出したことに目を白黒させるばかりだった。全然分からなかったことを白状したのは、それから何日も経ってからのことだ。分からなかったことをすぐに言えなかったのは、当時の私がイタリア語やイタリア文化を全然吸収できなかった劣等感からくるものだったのではないだろうか。私が分からなかったことを知人は怒らず、分からないといわなかったことにも怒らず、恥ずかしがるな、分からないことは恥ずかしいことではないと言ってくれた。ああ、この人は親切な人だ、と思った瞬間だった。ローマに居た頃の私は、誰からも良くして貰った覚えがある。そして、この知人もそのひとりだった。誰か大切な人の接待に、おまけか何かで連れて行って貰ったことがある。いつまでも明るい夏の夕方、ヴェネト通りのレストランのテラス席。冷たい白ワインを頂いたことばかり覚えているのは、そんな雰囲気が私の知っているボローニャにはないからだろう。あれはやはりちょっと素敵で、ちょっと華やかで、やはりローマならではのものなのだ。ローマの仕事を辞めてボローニャに戻った私を、その数年後フィレンツェの仕事に誘ってくれたのもこの知人だった。あまり接点がなく遠い存在と思っていたけれど、なんだかんだ言って、私はこの知人に感謝すべきことが沢山ある。イタリアに来たばかりの頃の私は、自分をツイていない人間と思っていたけれど、そんなことはない。気が付かなかっただけだ。私は様々な人に守られていたのだ。知人から届いたメッセージを読みながら、そんなことを思い出していた。

春物のショーウィンドウを眺めながら心に誓う。数週間のうちに冬の間に蓄積した贅肉解消しようと。モカシンシューズを素足を履くころまでに。春はやはり軽快が似合う。




人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。
私もようやく須賀敦子さんの『コルシア書店の仲間たち』を読み終え(まだそれだけですが)、確かにyspringmindさんの文章が影響を受けたのかな、っという感じがしました(早とちりかも)。どちらも素晴らしく、素敵です。でも私には、yspringmindさんの文からは、内容が過去か現在かに関わらず、今を生きている視点がとても強く伝わって来ます。
これからも静かに読ませて頂きますね。
体調にはお気をつけ下さい。相棒さんともども。
いつも愉しみにしています。

2017/03/23 (Thu) 00:40 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集
Re: タイトルなし

Via Valdossolaさん、こんにちは。須賀敦子さんの『コルシア書店の仲間たち』を読み終えましたか。私が彼女に影響を受けたかどうかは自分でもわかりません。分かるのは感覚がよく似ている、ということです。そしてもう一つはっきり言えるのは、どんなに努力しても彼女のような文章はそう安易には書けないということです。彼女はかなりの知識人だと思います。その点では私と大きく違うと言えるでしょう。だからこそ惹かれるのかもしれませんね。
それにしてもVia Valdossola さん、長いこと読んでくださっていますね、ありがとうございます。これからも細く長くお付き合いお願いいたします。

2017/03/26 (Sun) 00:07 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する