電車に乗って何処かへ行こう

DSC_0150.jpg


ヴェネツィアに行ったら海を見に行こうと思っていたが、道に迷ったせいで時間が足らなくなってしまった。海がある街が好きだ。ボローニャもいいが、海が無い。それで海の有無に拘りながら、海に行っても泳ぐわけでも潜るわけでもない。ただ、海を眺めるだけ。海を眺めながら岸をそぞろ歩くだけだ。波の音に耳を傾けながら、きらめく白い波に目を細めながら。私にとっての海はそんな存在なのである。海を見に行くことは出来なかったが、代わりに運河沿いをひたすら歩いた。広い運河、狭い運河。運河沿いにはしばしばカフェや食堂、それともエノテカが存在して、小さなテーブル席が並んでいた。地元の人と旅行者が、運河を眺めながらグラスを傾け談話する様子を、私は運河の向こう岸から眺めた。私が運河沿いのテーブル席に着かないのはあまり時間が無かったからだ。その代わりに、運河沿いのオステリアに入って、立ったままでグラスワインを一杯。つまみには鱈や海老をからりと揚げたものと、他愛ないお喋り。こういうのがいい。豪華な食事よりも、こういうほうが私らしい。店の人や、近所の人達に混じっての僅か20分ほどが、どんなに愉しかったか。後ろ髪を引かれるような気持ちで店を出だ。また立ち寄るから、と言い残して。

小旅行、と言っても僅か4時間のヴェネツィア散策だ。それをあえて小旅行と呼ぶのは、私があまりにもボローニャにばかり居るから。このあたりの人達は大抵自分が暮らす街で働くから、電車に乗ることはまず無い。だから電車に乗ること自体が既に旅行の始まりなのだ。少なくとも私にとってはそうだ。車窓から過ぎ行く景色を眺めることすらも、小旅行のひとつに含まれるほど。思い存分歩いて、太陽を浴びて、路地を吹きぬける風に吹かれて、至極満足。こういうのを、今年は沢山してみようと思っている。




人気ブログランキングへ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する