ひとりごと

DSC_0027 small


相棒が、白ワインを沢山持ち帰った。どうしたのかと訊ねると、今は亡き舅の兄、つまり相棒の伯父からのものらしい。話によれば相棒の伯父はもうワインをたしなむことが出来なくなったらしい。随分の高齢の彼は一人娘とその夫の3人暮らし。どうやら医者からワインを止めるように言われたらしい。娘はワインに限らず酒を一切飲まないし、娘の夫は多少は嗜むが、ワインを飲めなくなった妻の父親の手前上、飲みたいとも言えず、結局家族ぐるみで酒禁止となったらしい。それで昨年気に入りのワイン農家から大量に購入した白ワインをどうしよう、ということで、相棒のところに持ってきたとのことだった。嫌じゃなかったら貰ってくれないか。そういう話だったらしい。どうしてこんなにへそ曲がりな言い方をしたかと言えば、伯父と相棒は長いこと仲違いをしていたからだった。相棒の父親、つまり伯父の弟が9年ほど前に空の星になってから、ずっとこんな具合なのだ。ああしろ、こうしろと煩い。ムッソリーニみたいな人だと相棒は言ったが、私に言わせれば伯父の一人娘の方がよほどムッソリーニみたいだと思った。兎に角、そう言う訳でうちには伯父自慢の白ワインが沢山ある。ボローニャ近郊の丘で摘まれた葡萄で作った白ワインである。

そんな話をしたら、思い出したことがある。私はアメリカに暮らすまでアルコール類が駄目だった。ワインのみならず、ビールや梅酒と言った類も。毛嫌いしていた訳じゃない。欲しいと思ったことが無かっただけだ。だから付き合いで無理して飲むと具合が悪くなった。やはりこうしたものは、自ら欲してからこそ美味しく、体にも嬉しいのではないだろうか。アメリカに暮らし始めて色んな人と交わるうえで、ワインはいつも私達の真ん中に居た。初めは敬遠していたけれど、そのうち関心を持ち始めて、少し、また少し頂くうちに、こんな美味しいものをどうして今まで知らなかったのだろうと思うようになった。土地柄もあったかもしれない。カリフォルニアの北の方は、数々の素晴らしいワインが生まれる場所だったから。そうしているうちにワインと腐れ縁になった。夕食時にワインが無いなんて日はない。勿論相棒とふたりで一本開けることは無く、せいぜいグラスに一杯だけど。たまには仕事帰りに立ち飲みワインを楽しむこともある。あの立ち飲みワインは、なかなか楽しい。全然知らない人と偶然隣り合わせになった縁で、ワインを飲みながら一瞬の交流を楽しむことが出来るから。ワインが嫌いだったら、私の生活の楽しみがひとつ少なかったに違いない。
アメリカに暮らしてからの変化は、ワインのことばかりではない。私は結婚をしないと思っていた。別に男嫌いではなかった。ただ、恋愛を楽しむのはよくても、結婚はしない、とずっと思っていた。それが私の自由主義のひとつだったのかもしれないし、単に面倒くさいと思っていたのかもしれないが、今となってはそのどちらだったのか、それとも他に理由があったのか、思い出すことが出来ない。だから結婚すると母に告げた時、大変驚いたようだった。あれ程結婚に関心が無かった娘が、反対する母を説得して結婚したことを、実は私自身が一番驚いている。
アメリカが私を変えたとは思っていない。恐らく、アメリカに行って自分らしさというものを見つけて肩の力が抜けたら、色んな見えなかったこと、分からなかったことが見え始めたり分かり始めたりしただけなのだと思う。人にとやかく言われない世界。人と違っても良い世界。私にはそうした空気が必要だったのかもしれない。
アメリカが好きで飛び出した娘が、結婚相手の故郷のボローニャに棲みついた。私の家族はそんな私に驚いたかもしれない。実は私も驚いているが、でも、よく考えれば、色んな偶然が重なって私はボローニャに来たけれど、何時か此処に辿り着くようにできていたのかな、私の人生は、と最近思うようになった。勿論これが最終地点ではなくて、此れから私の人生の旅は続くのだけど。自分にもわからない最終地点。だから面白いのかもしれない、生きると言うことは。
と、白ワインをくれた相棒の伯父のことを考えていたら、こんなことを考えた。そんな日曜日。

ああ、甘いものが欲しい。とても美味しい甘いものが。そうだ、明日の帰り道にガンベリーニに立ち寄ろう。相棒と私の為に、小振りのトルタをひとつ。洋ナシとチョコレートのトルタがいい。こんな予定がひとつあれば、嫌いな月曜日も何とかうまく過ごせるに違いない。




人気ブログランキングへ 

コメント

No title

いちど 外に出ないとわからないことってありますよね。知らないうちに 自分で自分に枠をはめていることが 外に出ることによって外れるのかもしれません。
そうして 人は自分を見つけていくのかも。少しずつですが。

そのワイン とっても美味しいんでしょうねえ。

2017/01/23 (Mon) 08:56 | kimilon #aKMr6UbQ | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
人とちがってもいい世界。
そこに、私もひかれるし、とても行きたい所です。
みんなそうしてる!と、よく言われ、正直すごい抵抗があります。みんなそうしてるという見えない圧力とでもいうか、うんざり。
ワイン、そうですね、そういう空気もおいしいと思うひとつですね。

2017/01/23 (Mon) 15:43 | つばめ #- | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
それまで南イタリアばかり旅行していた私には、ボローニャの人たちは少しクールに見えたものでした。はじめのうちは。
でも、話したり少し接触したりしているうちに、あれ?外国人の私を意識しているのかな?ということがたび重なり。
私と同じ方向を暫く歩いていた、犬を連れた男の人が、別れ際にいきなり”good bye”と私に言ってきたり。
食料品屋さんに何処から来た?と訊かれて答えていると、そばにいて買い物をしていた人が耳をそばだてていて、ふと目が合うと照れ笑いをしてたりとか。
フレンドリーとは言い難い感じかもしれないですが、ボロネーゼって結構面白い反応をする人が多いなと思いました。
照れ屋さんが多いんですかね。

というのを思い出して、ニヤッとすることがあります。

2017/01/24 (Tue) 17:09 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集
Re: No title

kimilonさん、こんにちは。そう言われればそうなのかもしれません。環境を変えると言うのは、自分が思っている以上に自分に影響があるのかもしれませんね。昔と比べると今の自分は自分の枠が随分広がって、一種、何でもありです。よく言えば、柔軟、です。これは私にとっては大変喜ばしいことなのです。
ワイン、美味しいですよー。体にいいって感じの味です。

2017/01/26 (Thu) 00:07 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。女性はこう、とかこの年代の人はこう、とか、枠の中に詰め込みたがる人が居ますが、息苦しいですね。私は自由でありたいです。つばめさんにもそうであって欲しいです。
ワインは美味しい水。人間関係の潤滑の水。私はワインを知ることが出来て、本当に良かったと思うのですよ。

2017/01/26 (Thu) 00:11 | yspringmind #- | URL | 編集

すごい勇気になります。
いつまでも、ろうそくの炎とでもいうか、自分に曇りのない空の色のような心持ちというか、気持ちを持ち続けられますように。

2017/01/26 (Thu) 14:04 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。ボローニャの人達は初めは警戒心があると言うか、壁があると言うか、確かに南イタリアの人達と比べたらとっつきにくい感じがありますね。けれども一旦壁が崩れると、あれよあれよという間に親しくなります。最近は、他の町から移り住んだ人が沢山いますから、昔のようなボローニャの分厚い壁に遮られたような疎外感は、旅行者も、ぼろ0にゃに住み始めたばかりの人も、感じないのではないでしょうか。
ミラノやローマのように街が大きくない。フィレンツェやヴェネツィアのように旅行者が多くない。ボローニャは普通の人々の街、というと丁度いいかなと思います。

2017/01/26 (Thu) 22:57 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、自分がどんなふうでいたいかを知っている人は幸せです。時々それが見えなくなって道に迷うこともあるけれど、焦らず、先を急ぐでもなく、淡々と行く人生も良いと思います。

2017/01/26 (Thu) 23:00 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する