忘れたくないこと

DSC_0014 small


気持ちの良い気候の週末だった。11月下旬にしては温暖で、奇妙に感じるほどだったけれど、この時期にして暖房を入れないで過ごせるなんて、ちょっと感動的でもあった。しかし其れも長くは続かないらしい。寒さが直ぐ其処まで来ているらしいから。

11月の何時頃からだっただろうか。相棒と私がアメリカの生活を引き払ってボローニャに来て暫くして落ち着いた家はボローニャ郊外の畑の中の一軒家だった。近代的な暖房も備え付けられてはいたけれど、私達が借りた部屋にはそれが無かった。あったのは薪ストーブ。どっしりと大きなストーブから天井に向かって長い筒が伸びていて、煙を外に吐きだす、典型的な旧式の薪ストーブだった。火が入っていると暖かくて、嬉しかった。時々燻って煙いこともあったけれど、其れは薪がよく乾燥していないかららしく、やれやれと言いながら我慢するしかなかった。ただ、衣類や髪の毛が煙臭くなるのが難点で、そんな晩は早く眠ってしまうのが得策だった。薪は、薪小屋に山のようにあった。でも、薪をくべる前に斧で縦にふたつに割らねばならなかった。相棒が居る日はよかったけれど、時々相棒が居なくて自分で何とかせねばならぬ日もあった。部屋を貸してくれていた友人家族が同じ敷地に住んでいたけれど、彼らに頼るのがいけないような気がして、重い斧を振り上げて、えいやっ、と薪割をしたものだ。でも、うまくいった例は無かった。薪に命中せず、斧の歯が台に刺さって抜けなくなって、ああ、どうしようと困っているのを見かねた友人家族の家長が、なんだ、声を掛けてくれればよかったのに、と家の中から出てくるのが何時ものパターンだった。あの斧を振り上げる動作というのは大変力が居るもので、薪をひとつも割れなかったくせに一人前に筋肉痛になって、相棒や友人家族に笑われたものだ。あの年の11月は風が冷たかった。骨の中まで北風が沁みるようだった。それもボローニャ郊外の畑の中の一軒家だったからかもしれない。周りに遮るものが無かったから。そんなところに暮らしながら、ああ、どうして私はこんなところに居るのかなあ、と思ったものだ。仕事の誘いに飛びついてローマに行ったのは、あの生活から抜け出したくて、仕事をしたくて、相棒を通じてではない自分の友人知人を得たかったからだ。もう随分昔のことになったのに、忘れられない、忘れたくないことのひとつだ。あれが私のボローニャ生活の始まりだったから。

明日はもう月曜日。また一週間が始まるのだ、と溜息をついてしまうのは私だけだろうか。大丈夫。一週間が始まれば、また週末がやって来る。




人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
もう、明日から12月です。11月早いですね。
みんな、どうやって越えて行くのでしょうね。もともと、そんな思いなんてなかったのだと言われたら、くやしいですよね。たしかに、その感情は自分の中から出てきたもの。
若い頃は、見ないふりもできた自分の感情が融通がきかないときが、たしかにあります。

2016/11/30 (Wed) 15:28 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。ほんと、もう12月なんですから早いですね。私の11月は駆け足でした。
私は12月という月にちょっと特別な思いを持っています。其れは勿論クリスマスと言うこともありますが、一年を綺麗に終える、厳かな気持ちがあると言ったらよいでしょうか。だから、やりっぱなしのことや、やり残しのことにあわてては、さあ、早く片付けてしまいましょう、新しい年を軽い気持ちで迎えることだ出来るように、と、ばたばたするのが恒例となっています。ですから12月もまた駆け足なんですよね。

2016/12/03 (Sat) 17:57 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する