古い店

DSC_0032 small


昨日は正午まで眠ってしまい、多少ながらの罪悪感と自己嫌悪を感じながらも、必要だった睡眠と称して俄かに元気を取り戻すと、穏やかな気候に誘われて外に出た。散策、というよりもずっと行きたかった店に行くためにだった。店はボローニャ旧市街の中でも西側に位置している。私の住まいがボローニャの南東に位置していることもあって、思い切らないと足を延ばせないのである。例えば仕事帰りにしても、ちょっと都合の悪い場所で、だから行きたいと思いながら半年以上も延ばし延ばしになっていた。まあ、半年も延ばせるのだからそれほど必要でなかったのかもしれないけれど。

店は戦前から営まれている。Corameriaの種類に店に属していて、直訳すれば皮革製品の店だろうか。別に革製品を販売しているでもなく、寧ろ革製品を手入れするための用品や靴を履きやすくするための用具を置いている。店の構えは古く、本当に小さく、天井の低いポルティコの下を歩きながら注意していなければ、うっかり見過ごしてしまう程だ。ただ、大抵の場合、店の外にまで人が溢れていたり、昼休みが終わるのを待っている客が店の前に突っ立っているので、うっかり屋さんの私でも見過ごしたことはまだ一度もない。こんな小さな店で、私にしては不便な場所にあるのに、何故私が知っているかと言えば、以前、旧市街で鞄を購入した際に店の人が教えてくれたからだ。この鞄は何で手入れをしたらいいかと訊く私に、店主が小さなボトルを見せてくれた。これだよ。これを使うといい。何処で購入できるのかと訊けば、いつか散策中に見掛けた、小さくてぱっとしないあの店だと分かった。店主が言うには、革製品の手入れのことなら、あの店に行けば何でも手に入る、ボローニャではあの店が一番だ、とのことであった。店主に勧められたその足で店に行ってみたところ、小さな店内が客で混み合っていて驚いた。どうやら店主の言葉は本当らしい。列の最後列に並んで、薦められたボトルを購入した。もう何年も前のことである。昨日私が購入したかったのは、其のボトルだった。革製品の手入れのクリームだった。店は昼休みを終えたばかりで、店が開く前から待っていたらしい客達でごった返していた。店主なのか、店に居た年配の女性の革製品の手入れに関する知識の深さには、舌を巻くばかりであった。店では製品を預かって手入れもしてくれるらしいけれど、お金が沢山かかるから、まずは自分でしてみるとよい、と彼女は客に説明していた。随分と良心的な店だと思った。私が店主なら、喜んで引き行けてしまうのに。店の儲けに繋がるのだから。彼女は客にこれをこのように使うこと、布はどのようなものを使うこと、そしてこんな風に布を革の上に滑らして、と手入れの方法を教えている。まあ、こんな具合だから店が大きくなることもないけれど、潰れることもないのである。ようやく私の番が回ってきて、例のボトルを買い求めた。そこで彼女は少し首を傾げて私に訊いた。このクリームのことは何処で知ったのか、と。それで随分前にあの店で鞄を購入した際に、これを紹介されて、それでこの店のことを知ったのだと話すと、ああ、と驚いたように目を開いて、そういえば前にも同じことをあなたに訊いたわね、と言った。驚いたのは私の方だった。もう何年も前に、本当に随分前に一度来ただけの客との会話を思い出した彼女に。あれは確か冬の、寒いけれど夕日が暖かい色だった土曜日の午後のことで、確か5,6年前のことではないだろうか。そんな客との話を覚えているなんて。そして手に入れたボトルはあの当時から全く値上げされていなかった。これもまた私を驚かせてくれた、でも分かったのは、こんなだからこの店は愛されているのだと言うことだ。どんなにいくのが不便でも、多分私はこの店にまた数年後足を運ぶのだろう。

今夜、暖房が壊れた。昼間は暖かくも、晩には暖房は必要だ。体を冷やさぬうちに、さっさとベッドの中に潜り込むことにしよう。




人気ブログランキングへ 

コメント

No title

その 店の人にとっても 数年前の貴女の来店は何か心に残るものだったのかもしれませんね。
自分の仕事に誇りを持っている人がいるお店のある街。ボローニャの魅力の一つなのでしょうね。

さて フランスも冬時間に変わり 暖房が必要な時期になりました。いつも 10月の初めに試運転をするのですが、今年はうまく動かなくで どうなるかを思いました。同じ時期に洗濯機も動かなくなり。。。。。なんとか 家人が修理してくれましたが 日常生活はいろんなものに助けられて 快適に送れているのだと 今更ながらに気が付きました。

それでは 美しい秋をお過ごしくださいね。
暖房の早期復活 祈っていますね。

2016/11/01 (Tue) 10:39 | kimilon #036/uE16 | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
親切な革屋さんですね。
やっぱり革はクリームを塗らないとはげてくるんですね。久しぶりに出した鞄がそうなってたので。

2016/11/02 (Wed) 16:20 | つばめ #- | URL | 編集
Re: No title

kimilonさん、こんにちは。数年前に私が店に来たことを覚えていたのかと全く驚きでした。東洋人客はあまり来ないのかもしれません。日本人はボローニャに沢山いるようですが、こんな小さな店には行かないのかもしれません。よく耳にするのですが、対面式の店は話をしなければ買い物が出来ないので、それが面倒くさいか鬱陶しいのか知りませんが、日本人はあまり足を運ばないようです。私にしてみれば大きな店で買い物するのは味気ないと言うのもあるし、店の人も知識不足で、売ればよいみたいな感じがあって、あまり好みではないのですけれど。気に入って購入したものや、譲り受けたものを手入れしながら長く使う、昔ながらのイタリアの感覚が好きです。時代は変化しつつあり、安くて使い捨てみたいな感じになっているけれど。
ところで暖房が故障するのも困りものですが洗濯機もまた壊れると全く不便するものですね。ある程度のものは手洗いできるけれど、シーツや大きなタオルはどうしたらいいんでしょう!と、うちも春にそんなことがあったのを今思い出しました。一週間使えなかっただけで、洗濯物が山積みになって大変でした。日頃忘れているけれど、本当にいろんなものに助けられて生活しているんですね、私達は。
家の暖房は有難いことに復活しましたが、そろそろ冷蔵庫が壊れてもおかしくない時期に入りました・・・。

2016/11/03 (Thu) 23:55 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。親切な店はやはり繁盛しますね。
革製品はクリームを塗って手入れをしないと、革が乾燥しすぎるのではないでしょうか。あ、これは私の想像なんですけれどね。

2016/11/04 (Fri) 00:06 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する