独り言

DSC_0001 small


夕暮れの時間が早くなった。窓辺に佇んで空を見上げる猫が小さく声を上げたのは、窓の外にトンボが飛んでいたからだった。すいすい。外は既にうす暗いから目を細めなければ見えないトンボ。青い透明なトンボを眺めながら、ああ、秋だ、と思った。気が付けば、来週の今頃は10月である。特に何もしないうちに大好きな9月が過ぎて行こうとしている。残念なような気もするけれど、それも良いような気もする。9月とはいつもそんな風に過ぎているようにすら思える。さらさらと柳の枝葉が風に流れるように、9月も流れるように過ぎていくのだ。夏の後の、爽やかな思い出を残して。

身体を冷やさないために長袖を着始めた私だけれど、街の人達は半袖姿で歩いている。彼らは涼しすぎないのかしらと思いながら、同時に彼らは暑くないのかと思いながら私とすれ違っているのかもしれないと思ったら、何だか可笑しくなった。昨日の午後、旧市街は日差しが強くて、サングラスなしでは歩けなかった。ポルティコの下にはバールのテーブル席が並び、人々は好んでそこに座っているようだった。数週間前なら暑すぎて、ポルティコの下などに座りたいなど思いもしなかっただろうに。軽食をとりながら本を読む女性の首筋に不思議な図柄の割と大きな刺青が施されているのを発見。とても刺青をするようなタイプの女性ではないのに、と思いながら、そんなことで驚いている自分が案外保守的な人間であることに改めて気が付いて苦笑した。今の時代、何でもありなのだ。昔は東洋人とみれば遠慮なしにじろじろ眺めたボローニャ人達だったけれど、今は何人が歩いていたって驚きやしない。時代は変わりつつあるのだ。それにしても彼女は美しく、傍を通る人たち誰もが振り向いた。男性は勿論、女性にしても。真っ直ぐな黒髪を顎のラインでバッサリ切り落とし、白い透けるような肌に黒のシルクのブラウス。赤い口紅が掛けていた黒いサングラスに映えて、魅力的だった。彼女が女優かモデルだと言ったら、全く納得できそうな、そんな雰囲気を持っていた女性。ボローニャには珍しいタイプで、いつもの私なら声のひとつも掛けてしまうけれど。あなたはとても美しいですね、神秘的だわ、みたいな感じに。でも、声を掛けなかったのは、読書の邪魔をしたくなかったからだ。もし彼女がカッフェを片手にしていたら、声のひとつも掛けたというのに。魅力的な人を発見するのが好きだ。男性であろうと、女性であろうと。

明日から始まる一週間。いい一週間になるだろうか。そうだ、久しぶりにフランス屋に立ち寄ってみることにしよう。楽しかった夏の報告をしながら、赤ワインなど頂いたらいいかもしれない。




人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。
そうですね、なんでもありの時代に生きてるんですね。でも、わたしも、刺青はだめです。



2016/09/26 (Mon) 14:00 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。何でもありなんですよ。でも、刺青があると温泉に入れないって話じゃないですか、日本は。

2016/09/28 (Wed) 23:16 | yspringmind #- | URL | 編集
刺青

うーん、いれたいかいれたくないか、より似合うか似合わないかかもしれません。肌黒い私には映えないかも。

2016/09/30 (Fri) 16:03 | inei-reisan #pNQOf01M | URL | 編集
Re: 刺青

inei-reisanさん、こんにちは。成程。私が旧市街で見た彼女は刺青がかっこよく似合っていました。直径7センチほどの刺青がうなじにくっきりと。色白さんの方が刺青が映えるのかもしれませんね。

2016/09/30 (Fri) 23:50 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する