ボローニャは快晴

P1020263 small


ボローニャに戻ってきた、台風に追われるようにして。遂に上陸した台風のせいで続々と欠航になったと知り、一寸前に日本を発てたことを幸いに思った。ボローニャは快晴。湿度が低く、日差しは強いが風はひんやり。夏の終わりを感じさせる、そんな空気に満ちている。8月下旬になるといつも感じる、夏が過ぎ去ろうとしている雰囲気を、今年は何故だろう、ことさら強く感じる。少しづつ日の暮れが早くなっているのも、其のしるし。日本で家族と過ごした時間が楽しかった分だけ、夏の終わりを寂しく感じる。また2年後に帰ってくるからと言って抱いた母の肩の小さかったこと。母はいつまでも母で、娘を守っていこうと思っているに違いないけれど、大きな大人になった私は、そんな母を守っていくのが私の務めだと思う。そんな互いの気持ちが交差しながら、じゃあまたね、と言って日本を後にした。姉について言えば、姉にとって私は、いつまでも小さな妹、こんなに年をくったって。何時まで経っても頭が上がらない。そしてそれでいいと思う。元気でいようね、と言って背中を押してくれた。さあ、帰りなさい、ボローニャへ、と言うように。私の心を見透かしたかのように。私の気持ちが日本に傾きかけているのを見透かしたかのように。こんなに楽しい夏休みは久しぶりだった。それもこれも母と姉家族のおかげ。私の宝物たち。

ボローニャ空港で待っていてくれた相棒。ほんの少し照れたような表情で。家の入口の扉の傍らで待っていてくれた猫。何か言いたいことがあるのか、にゃーにゃーと声を発して。どちらも大変優しい。こうして待っていてくれる人と猫が居る限り、私の家はボローニャなのだと思う。そして彼らもまた、私の大切な宝物たち。それにしたって飛行機の長旅は、年々苦手になっている。いつか長い飛行機の旅が出来なくなる日が来るかもしれないと思うけど、それまでは騙し騙し行けばいい。
有難い快晴。驚くほどの洗濯物がいとも簡単に乾いていく。夏は暑くて暑くてしんどくて、と不満が零れるけれど、それもそのうち洗濯物が乾かなくなれば、この夏の気候が恋しくなるに違いない。昼前に桃を購入しようと思って鞄を持ったら、眠っていた猫が頭を持ち上げた。またどこかへ行くのか。昨日帰って来たばかりではないか。そんなことを思っているのだろう、表情が硬い。ごめんごめん、桃を買ってくるだけだから、と言って家を出たが、帰り道に相棒に遭遇してバールでカッフェなどをして、其処に居合わせた近所の老人たちと話をしたら、随分と時間が経ってしまった。家に帰ってきたら扉の傍らに猫は待っていて、にゃーにゃーと声を発した。一体何処へ行っていたんだと言ったふうに。そうか。昨日のにゃーにゃーはお帰りなさいではなくて、私を放ってこんなに長く家を留守にして、だったのかな。

私の夏休みはもう少し続く。相棒と猫と共にゆっくり過ごす。時差ボケと疲れもそのうち治るだろう。ボローニャは快晴。私の心も同じくらい快晴。




人気ブログランキングへ 

コメント

No title

ボローニャは、今回の地震の影響はいかがですか?
日本もこのところ、地震が頻発しています。
何よりいつも原発が気になります。

2016/08/24 (Wed) 13:27 | momochin #- | URL | 編集
Re: No title

momochinさん、こんにちは。今回のイタリア中部地震はボローニャには影響がありませんでした。が、この地震による被害はイタリア中に沢山の影響、悲しみを及ぼしています。
そう言えば先週日本に帰省していた時地震があったのを思い出しました。夕食時で、テーブルに着いていたらゆらーりときて、自分の体調が悪くて眩暈が起きたのかな、と思っていたら地震だったと後から分かったりして。天災は恐ろしいですね。

2016/08/25 (Thu) 20:39 | yspringmind #- | URL | 編集

こんにちは。
ねこちゃん、かわいいですね。

2016/08/26 (Fri) 08:07 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。猫は猫なりに私の留守中に感じるものがあったのではないかと。考えすぎかもしれないけれど。

2016/08/26 (Fri) 18:50 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する