素適な人

DSC_0185 small


暑い一日だった。明日からはもう8月かと思うと、不思議な気分になる。そして、思い出すのだ。数年前まで現役で働いていたテレーザ。
同じ会社ではないけれど、仲の良い会社で同じような仕事をしていた彼女は、私が今の仕事を始めるにあたって様々なことを教えてくれた。同じ建物に会社があったのだ。彼女に訊けば色んなことを教えてくれるよ。そう言ったのは私の同僚だった。同僚の言葉は本当で、私が教えて欲しいと頼めば彼女は快く教えてくれた。無駄なことはひとつも言わない。本当に必要なことだけ教えてくれたから、分かりやすくて助かった。私が知っていることで良いのなら。彼女はいつもそんな風に言っていたけれど。私が彼女を素敵だと思うようになったのは、彼女を知ってから少したってのことだった。彼女はあまり不平不満を言う人ではなかった。彼女は暑いのが苦手だった。暑くて今夜は夕食なんか作れないわ。彼女が漏らした不平不満らしき言葉は、そんな程度のものだった。暑いのが苦手だったが、夏休みが近づくと、飛び切り機嫌がよかった。だってそうでしょう? クリスマス休暇からずっとまとまった休暇が無かったんだもの。これは真面目に働いたご褒美なの。そんな風に彼女は言っていた。そんな彼女の休暇先は大抵海だった。大金をはたいて購入した大きなキャンピングカーで夫と一緒にあちらの海へ、こちらの海へと渡り歩いていた。無駄遣いじゃない、投資なのよ、と言っていたが、実際、キャンピングカーは有効に使われていたようだ。テレーザは50歳を過ぎたくらいで早期定年退職してしまった。もういいの、十分働いたわ、と言って。会うことも話すこともなくなったけれど、夏休みが近づくと彼女のことを必ず思い出す。テレーザと呼んでいたけれど、テレーザさんと呼びたくなるような、とても丁寧な人柄だった。今頃どうしているだろう。クロアチアの海でも楽しんでいるだろうか。

近郊の街で雨が降ったようだ。一瞬だけ涼しい風が吹いた。その後に押し寄せた蒸し暑さ。これがボローニャの夏。そう思えば、諦めがつくというものだ。来週の今頃は空の上。もうひと頑張りだ。




人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。
テレーザさんの言葉、気持ちが表れてますね。もういいの、じゅうぶん働いたわって、いいなあと思ったけど、ほんとうにじゅうぶんだったんだろうなあ。

写真、いい影ですね。
気をつけて、帰ってきてくたさい。たのしみですね。

そうそう、きのう、鶴瓶が出るテレビにサンフランシスコが出ていましたよ。おっと思って見ていました。アルカトラズ島、ゴールデンゲートパーク、今おしゃれなミッション地区、リンガーリッチモンド。世界中から人が集まってきて住んでるんですね。蟹を食べさせてくれる店や中国人街や日本人街。フレンドリーなところですね。木もたくさんあって。家は白が多いけど薄紫の色があったり、めずらしかったです。

2016/08/01 (Mon) 22:21 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。テレーザが言うことは、何となく意味が深く聞こえるのです。たとえどんな小さいことでも。みんなからすごく信用されていて、テレーザが言うならば間違いない、と皆が思うくらい。
テレビでサンフランシスコ、いいですね。どんな印象を得ましたか。蟹は、私も時々買いました。チャイナタウンの魚屋で、まだ生きているのを紙袋に入れて貰って、大鍋の熱湯の中に投げ込むんです。美味しいんですが、カニを食べている時は食べることに夢中になって誰一人喋らないので、折角の友人を招いての夕食が残念でした。おしゃれなミッション地区??? へえ、私が住んでいた頃はミッション地区は危険の代名詞みたいな場所でしたけど。随分と年月が経ったことを感じました。

2016/08/02 (Tue) 23:49 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する