DSC_0307 small


相棒が色々なものを持ち帰った。以前住んでいたアパートメントの住人のミケーラから貰ったものだと言う。ミケーラはお洒落な公務員。お洒落なのは彼女ばかりでなく、彼女の夫も素晴らしい。体型から言えば男性モデルのような感じ。すらりと背が高くて均整の取れた彼は、身に着けている物もシンプルながらより抜かれていて、お洒落なミケーラと一緒に出掛ける彼の姿は惚れ惚れすると言う感がある。しかし彼の仕事はそうしたお洒落の世界とは全然関係が無くて、彼の父親が営む大理石の職人だ。大理石はイタリアでは需要がある。例えば建物の内側の壁や床に使ったり、キッチンの調理台やシンク、バスルーム、店のカウンターにも使うし、それから墓石にも。大理石と言ってもいろいろある。色にしろ模様にしろ、それらひとつひとつを眺めるのは全く楽しい以外の何者でもない。イタリアの大理石は素晴らしいことで有名で、昔アメリカで素晴らしいお屋敷に招いて貰った時にも、エントランスから家の奥まで床に美しい色の大理石が使われていて、これはイタリアの大理石なのだ、との家主の得意げな説明が添えられたものだ。それにしたって本当に美しかった。へえ、イタリアの大理石なのか。私が感嘆したのは言うまでもない。兎に角、ミケーラの夫は、そして彼の父親も大理石の職人だが、彼の父親の夢は画家になることだったらしい。ただ、彼の家は代々大理石の職人だったこともあり、画家になることは許されなかったとのことだった。さて、相棒が持ち帰ったのは、彼が描いた2枚の油絵だった。絵を貰うなんてことは、そうそうあることではない。どうしてなの? と訊く私に、さあ、分からない、でもくれたんだよ、とのことだった。謎は一向に解けないが、しかし嬉しいではないか。人が心を込めて描いた絵を頂くなんて。それから持ち帰ったものは他にもある。ワインラック。使い込んだ感じがあってとても良い。高さ1メートルほどある、錬鉄製のワインを置く棚。縦一列に8本のワインが置けるようになっている。キッチンの隅っこに置いてみたら、とてもいい感じだった。そして赤ワインを2本。ミケーラと彼女の夫はワインが大好き。彼らはトスカーナに休暇用の家を持っているらしいのだが、その周辺の丘をぐるぐる回って美味しいワインを発掘するのが愉しみのひとつらしい。大抵が混じり物無しのBIOのワイン。今までに幾度もお裾分けで頂いたが、どれも飛び切り美味しかった。さて、今回のはどうだろう。それにしたって何故もこう、ミケーラは色んなものを贈ってよこすのだろう。全く不思議でならない。別に私達が貧乏だと思っている訳ではないらしい。何となく贈り物をしてあげたくなる人達なのだそうだ、私達は。それにしたって今回の贈り物はすごい。何と言ったって絵なのだから。1枚は私達の家に。もう1枚は姑の家に飾ることにしよう。
と、そんなことを考えていたら思い出した。モンマルトルの丘を歩いてみたくて、地下鉄駅の長い螺旋状階段を上りつめて地上に出ると、もう方向がさっぱり分からなくなった。手掛かりは標識で、それを手がかりに歩き始めた。少しすると小さな店のガラスの向こう側に沢山の絵筆を見つけた。単なるディスプレイではないらしい。使い込まれた絵筆は、大切に洗われて、次なる出番を待っていると言う感じだった。目を細めて奥の方に焦点を合わせてみたら、既に白髪で白いひげを蓄えた男性が存在することに気がついた。彼がこのアトリエの主だろうか。彼がこの絵筆を一本一本単年に洗った本人だろうか。窓辺を眺めていたら、彼が窓まで来て話をするチャンスを得ることが出来るのではないかと思ったが、彼が窓辺に来ることはついになかった。そんなことを思い出して、今思う。彼はどんな絵を描くのだろう、と。

蒸し暑い晩。10月のパリの涼しさが懐かしい。




人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。
たくさんの筆ですね。
こんなにたくさんの筆を買っていいですね。使い手は絵の塗る場所によって、使い分ける筆がわかるんですね。白い髭と髪のおじいさんなんて、それだけで物語りになりそう。
ほんとにたくさんの筆。絵というか描くものにぶつかっていくには、これだけ筆がいったのでしょうか。描いて描いて、どんなものが見えるんでしょうね。
パリに行く夢でもみよう。
ミケーレさん夫婦、そのようなモデルのようなご夫婦なんですね。

2016/07/01 (Fri) 13:59 | つばめ #- | URL | 編集
No title

こんにちは。何という名前の駅か忘れたのですが、確かにモンマルトルのメトロのは螺旋の階段、長いですよね。寺院には昔、一人で行ったことがあります。yspringmindさん、変な客引きが居て面倒臭くなかったですか。でもマー、寺院の屋上からの眺めは良かった記憶があります。これを書いているうちにパリに居るような錯覚がしてきました。パリ、パリ言うと何だか格好悪いような恥かしいような気持ちもあるのですがねー。朝起きて、私は今どこに居るのだろう?とはっとすることがあります。

2016/07/02 (Sat) 11:53 | Tsuboi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。本当に沢山の筆。油絵の具の付いた筆を洗うのは、案外大変なんですよ。筆って案外値段が高くて、そうそう買うことも無ければ買い換えることもないのですから、筆を洗う時は本当に丁寧に扱うのです。私は筆を洗うのが、あまり好きではありませんでした。それにしてもあまりに沢山の筆で、きっと長いこと絵を描いているのだなあ、と想像しました。
芸術と言うのは人に認められてなんぼ、なのですが、それでいて自分が一番いいと思う作品、愛着のある作品は案外認められなくて、なかなかうまく行かないものなのです。
また近いうちにパリに行きたいなあ。

2016/07/03 (Sun) 00:15 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: No title

Tsuboiさん、こんにちは。このメトロの駅の螺旋階段、登っても登っても地上に出ないので、途中で息が切れてしまいました。一緒に階段を上っていたドイツ人の4人家族も、息をぜいぜい切りながら登っていました。あの駅、階段を上るしか方法がないのでしょうか。例えばエレベーターとか…? ところで寺院の前から見る眺めは素晴らしかったけれど、、あまりの人の多さに辟易して、裏手を散策しました。だから客引きには全然声を掛けられず。あの寺院の裏手周辺ってあまり治安がよさそうに感じなかったのですが、気のせいでしょうか。
朝起きて、私は今どこに居るのだろう?とはっとすることがあるとのことですけど、確かに、本当に沢山の街に住みましたね。大変そうな気もするけれど、しょれはとても幸運なことなのかもしれませんよ。

2016/07/03 (Sun) 00:27 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する