湧き起こる力

P1020204 small


数日前の夕方のこと。旧市街の食料品市場界隈で、雑穀パンと、小粒だけれどいい匂いのする杏子、それから手打ちパスタを購入した。手に提げた白いビニール袋をぶらぶら揺らしながら塔の下の停留所からバスに乗り込もうと考えて歩いていたが、ふと気が変わって少し先の停留所まで歩くことにした。ただ何となく、いつもと違う所からバスに乗りたくなった、もしくは、いつもと違う行動をとりたくなった、あるいは天気が良いから歩きたくなった、そんな理由で。少し歩くと手にした買い物袋が重くなってきて、それに気温も湿度も高くて素肌にそのまま着た薄手のコットンセーターが暑苦しく、ああ、やはりバスに乗ればよかったと思い始めたのは、ちょうど七つの教会群を少し過ぎたばかりのポルティコの下だった。兎に角もう少し歩かねばならない。次の停留所までもう少し歩かねばならなかった。途中でエルボリステリアに立ち寄った。これは言うなれば、自然薬局とでも訳そうか。体力が低下した時や、肌に優しいクリームやシャンプーなどを購入するために、此処に来る。何時もいる店の女性は店主だろうか。とても感じが良くて、頼りになる。こんなものが欲しいといえば、例えばこんなの、それともこんなの、と出してくれる。予定外の寄り道だったが、いい物が手に入ってご機嫌で店を出たところで呼び止められた。
あまりに突然だったので、一瞬何が起こったのか分からなかったが、確かに私の苗字を、大きな声で呼ぶ女性の声がした。私の苗字はなかなか平凡なこともあり、一度覚えると記憶にインプットされることが多く、街中でよくそんな風に呼び止められる。が、兎に角大きな声が目の前でしたのだ。目を見開いてみてみると、目の前に見覚えのある女性が立っていた。年齢とともに色が少し冷めてしまった、昔は見事なブロンドだったに違いない髪を短く切って、感じの良い眼鏡を掛けた小柄な女性。数年前までこの近くで、長年衣料品を扱う店を経営していたティツィアーナだった。質の良い服を扱っていて、良い顧客もついていたが、数年前の経済不況で経営が困難になったのだろう、店を閉めてしまった。私は夏と冬のサルディ専門の客だったから、良い客ではなかったと思っていたが、しかしそれでも何年も通えば顔を覚えてくれるというもので、そのうち名前を憶えてくれて、旧市街の何処かでばったり出くわすと、彼女の方から声を掛けてくれるようになった。例えばこの日のように。大きな声で私の苗字を呼んでくれるのだ。彼女は夫と一緒だった。一緒に家に帰るところだったらしい。シニョーラに挨拶をしたいから、ちょっと待ってて頂戴。彼女は夫にそう言うと、私の肩を抱いて喜んだ。あなたのことは忘れないのよ。特別なお客さんだったの。色んなお客さんが来たと言うのに、もっと頻繁に来たお客さんもいたと言うのに、何故かあなたのことだけは忘れないわねえ。そう言って笑う彼女を私は素敵だと思った。本当じゃないかもしれない。単なる社交辞令かもしれない。でも、そんな言葉で人を喜ばせることが出来る彼女は、やはり人から愛されるのではないだろうか。今は不動産業界で仕事をする彼女は、それがとても楽しいらしく、まだまだ仕事を続けると言って笑った。もう直ぐそれなりの年齢で、仕事を辞めたい頃ではないかと思うけど、それに旧市街に家を構える彼女は、案外豊かな生活をしていて仕事をしなくても呑気に生活出来るのではないかと察するけれど。人と接触していたいのだと言った。自分の店はもうないけれど、今は別の形で人と接している。それが自分のエネルギーとなっていると言った。私達は頬と頬をくっつけ合って挨拶をして、別々の方向に歩きだした。彼女のエネルギー。人と接して得るエネルギー。バスに乗って家に帰っても、彼女の言葉をずっと考えていた。私はどんな風にしてエネルギーを得ることが出来るのだろう。それともどんな風にしてエネルギーを生み出すことが出来るのだろう。体の底から湧き起こるような力。探してみたいと思う。ティツィアーナが、そんなことを考えるきっかけを作ってくれた。

うちの猫はもっと構って欲しいらしい。食事の準備をしている時も、食事をしている時も、歯を磨いている時も、足元にぴたりと張り付いている。遊んで。もっと遊んでほしいと言わんばかりに。猫って、放っておいてもらいたい生き物なのだと思っていたけれど。




人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。
今日は最高に暑い日でした。
写真の人たち気持ちよさそう。
あんなお城みたいなところに住めるんですね。
人から得るエネルギー。ありますねー。

2016/06/10 (Fri) 15:59 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。此の建物は街の中心の広場に面した歴史的建築物です。地上階にポルティコが施されていて、小さな店が立ち並んでいます。上階はどうなっているのだろうとずっと気になっていましたが、人が普通に生活しているのか、それとも好ロケーションなので貸しアパートなどをしているのか。兎に角眺めは抜群。一度私もあのテラスに立ってみたいです。

2016/06/11 (Sat) 23:47 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する