長い週末

DSC_0063 small


今週末は3連休。25日の月曜日が祝日だからだ。イタリア解放記念日。昔の人には感慨深いこの日も、察するに、最近の若者にしてみれば単なる休みでしかないかもしれない。何の祝日なのか直ぐに名前が出てこないところをみると。私がこの日が近づくたびに思うのは、解放を祝うということだ。生まれて今まで拘束されたことなどない、何かに支配されて苦しんだことが無い私だ。解放という本当の意味は分からないかもしれないけれど、この日を喜ぶ、戦争を通過した人達を思うと、自然と胸が熱くなる。多分、舅、姑から聞いた話のせいだ。それから彼らの周囲に居た、同世代の人達から耳にした話のせいかもしれない。
用事があって旧市街へ行った。折角の長い週末なのに、雨の予報が出ていた。午前中は機嫌よかった空も、正午を回ることになると向こうの空に黒い雲が広がって、もうじき雨が降ることを示唆していた。知っているのか知らないのか、旧市街には、足取り軽く散策を楽しむ人達で一杯だった。小さなナイロンのリュックを背負って、風除けのジャケットを着こんで歩く夫婦者。小さな子供たちの手を握って歩く家族連れ。若い男女が腕を組んで歩き、仲良しの友達同士が笑いながら通り過ぎていく。空は雨が何時降りだしてもおかしくない程どんよりしているが、誰もそんなことは気にしていないかのように明るかった。なのに、そんな私達を裏切るかのように、やはり雨粒が落ちてきた。雨。こんな日の雨は特別に嫌いだ。

ボローニャに暮らし始めたら当たり前になったポルティコの存在。暮らし始めた頃は空を遮ってしまうポルティコの存在が鬱陶しくてならなかった。閉塞感だ。ボローニャの閉塞感はそんなところから感じていた。けれども、数年してフィレンツェの職場に通うようになると、突然雨が降り始めた雨に逃げ込む場所がないことに気が付いた。ボローニャの旧市街をめぐるようにして存在するポルティコ、その有難さに気が付いた瞬間だった。フィレンツェも、例えば共和国広場前の通りにはポルティコが存在する。が、私が知る限り其れだけだった。別の界隈には存在しない。わらわらと降り落ちてくる雨粒に追われるようにして逃げ込むのはバールやカフェ。だからどの店も雨が降ると一杯だった。フィレンツェの街は好きだった。ボローニャとは違う色を持つ街。くねくねと長く続く細い道。はっとするような美しい朽ちた壁。日除け戸の色も、八百屋の店先も、ボローニャとは違う色あいと雰囲気を持っていた。そんな道を歩くから、5年も続けられたフィレンツェの仕事だったけれど、もう潮時、と仕事を辞めたら、肩の荷が下りた。仕事は好きだったけれど、そしてフィレンツェは好きだったけれど、毎朝毎晩、遅れるのが当然の片道1時間の急行列車の通勤は思いのほか負担だったらしい。そう言いながら、時々朝夕歩いたあの道や、昼休みに散策した界隈を思いながら、もう少し続ければよかったのかもしれないなどと思ったりして。だけれど突然雨が降りだしてポルティコの下に逃げ込むと、やっぱりボローニャが良いなどと思うのだから、全く勝手なものである。イタリアに来てから色んなことがあったけれど、考えればどの時期も周囲の人達が支えてくれていた。自分の力だけで前に進んできたように思っていたけれど、それは大きな間違い。自分ひとりでは出来なかったことばかりなのだ。随分年月がかかったけれど、それに気が付けて良かったと思う。

冬物をクリーニング屋さんに持ち込んで、春物を出した。春物を飾るショーウィンドウを眺めるのも楽しい。でも眺めるだけ。眺めるだけ。今あるものを工夫して使うのだ、今年の春は。と、自分のそう言い聞かせているけれど、何時まで頑張れるだろう。例えば美しい色合いのスカーフなどを見つけてしまった日には。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/04/24 15:15

yspringmind

鍵コメさん、こんにちは。この店の服はイタリア的にはちょっと変わった印象の服です。創作服と呼ぶと近いかもしれません。この前を歩くたびに必ず足を止めて観察します。数年前に一度スカーフを購入したことがあるだけです。私にとって眺めて楽しむ類の服・・・とでも言いましょうか。
ところで鍵コメさん、色んなお話をしてくれてありがとうございました。私は思うのですが、時には離れるのも良いことです。ただ、逃げているだけだと辛いです。人には色んな状況がありますから、部外者の私があれこれ言うのはよしておきます。でもひとつだけ言えるのは、まずは自分がどうしたいかです。そして自分を大切にすることです。これ、本当に大切なことなんですよ。
  • URL
  • 2016/04/24 23:22

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR