贅沢

DSC_0580 small


昨日までの陽気な天気と打って変わっての曇り空。いつ雨が降りだしてもおかしくないが、雨粒ひとつ落ちてくるでもない。そう言えば、4月とはそんな月だった。陽気で温かいと思えば、急に気が変わったように鼠色の空になって人の心を憂鬱にさせる。そうして私は4月の悪戯にまんまと嵌って、空の色を見ながら一喜一憂するのだ。
窓の前の大きな栃ノ木。10日前には新芽のひとつもなかったのに、あっという間に葉が生い茂った。窓を開けて驚く私に、相棒は植物博士のごとく言う。栃ノ木はそういう木なんだ、と。それは知らなかったと思いながら、私が知らないことは世の中に何と沢山あるのだろうと心の中で呟く。そうしてひとつひとつ知りながら、歓喜を上げるのだ。知らないことは恥ではない。恥ずかしいのは、知ったふりをしたり、知らない人を蔑むことだ。そして多分、世の中には、知らなくて良いこともあるのではないだろうか。それから、知らないほうが良いことも。

春になったばかりというのに、私はもう冬のことを考えている。真冬にパリへ足を延ばそうという魂胆だ。何故真冬にと人は思うかもしれないけれど、寒くてどうしようもない季節に、オーバーコートを着込んで首に襟巻を巻き付けて、人の少ない小路を歩きたい衝動に駆られている。最近パリでは物騒なことが続いているが、しかしこれとてパリに限ったことではない。どの国のどの町に暮らしていても、私達は常にそうしたことと背中合わせ、隣り合わせになっているのだから。ほんの3,4日でもいい。暖かいホテルの部屋と、温かい食事さえあればいい。後は自分の足で小路から小路へと歩く元気があればいい。そんなことを考え始めたのは、朝方夢を見たからだ。
私は曲がりくねった道をゆっくり歩いていた。道は傾斜していて、ほんのちょっぴりだけ上り坂だった。通りは昼どきで混み合っていた。学校帰りの子供たちや、街の人達。旅行者でないとひと目でわかったのは、彼らが通りすがりの人と挨拶を交わしていることと、ちょっと家から出てきたような気軽さが漂っていたからだ。右手にあるチーズ屋さん。色んな種類があって、選ぶのが大変そうだと思いながら通り過ぎた。パン屋の前には列ができていて、この店のパンが美味しいことが窺えた。兎に角、この通りには食料品店が多く、ただ前を通り過ぎるだけでも、わくわくした。生活の匂い、と言うとよいだろうか。よそ行きのパリの様子より、ずっと魅力的だと思った。この通りは見覚えがあったが、名前が思い出せなかった。誰か、パリに暮らす人が勧めてくれた通りだった。きっと気に入る筈だと言って。暫く道なりにあるいていくと、そのうち通りの名前が変わり、そのうち学生が多くなって、ソルボンヌ大学界隈であることに気が付いた。ああ、そうだ、と思い出しそうになったところで目が覚めたのは、相棒が私に声を掛けたからだ。何時だ?仕事に行かなくていいのかい? 見れば窓の外はもう明るくて、しまった、寝過ごしてした、と思った。後悔の念に包まれながら身を起こしたら、そういえば今日は土曜日だったと思い出して、夢の途中で起こされたことにぷんぷん怒りながらもう一眠りした。もう一度パリのあの通りを歩きたいと思っていたが、もう夢は完全に終わっていて、全く別の舞台の夢に誘われていった。
ムフタール通り。確かそんな名前だった。ボローニャの食料品市場界隈を歩くのが好きな私にぴったりの通り。もう一度歩きたいと思うのは贅沢だろうか。小さな贅沢。そういうことにしておこう。

身体を冷やしたらしい。朝からずっと咳をしている。折角の週末だというのに。しっかり休んで治してしまおう。




人気ブログランキングへ 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/03 (Sun) 06:12 | # | | 編集
yspringmindさん、こんにちは!

yspringmindさんこんにちは。 sakurabiscuitのブログを書いておりますmichiyoです。すみません、いま先ほど私のコメントにリンクを!というメッセージ拝読しました。私、コメントがついてもそのお知らせに気づいていませんでした。メールのいつからかプライマリ、宣伝、ソシエテというカテゴリーに分けられてしまうようになってしまい、友達からのメールはプライマリなのでそのボックスのみしかチェックしなくなっていて、大変失礼しました。もちろんリンク大歓迎です!私の方もぜひリンクさせてください!よろしくお願いいたします。

2016/04/07 (Thu) 08:58 | michiyo #hjUPE3us | URL | 編集
Re: No title

鍵コメさん、こんにちは。返事が遅くなってごめんなさい。あっけなく体調を崩しまして丸4日間寝込みました。不完全ながら今日から社会復帰果たしました。
ムフタール。あの通りについた時は、何だか、何だか、とざわついた空気がパリらしくないような気がして、でもそのうち実にパリの普通の人たちの生活のような気がして、歩いては立ち止り、後戻りして、とても楽しかったんです。あのチーズの店には立ち寄るべきでした。まあ、そうした楽しみが残っているほうが良いのですが。石畳の坂道、案外歩きにくかったです。あそこを往復したら、良い運動になることでしょう。それにしたって鍵コメさん、夏の夕暮れはムフタールの食堂で食事をしたなんて、いいじゃないですか。羨ましいこと。12月からはパリに居るかもしれないとのことですから、楽しみが増えました。是非私もお会いしたい。計画倒れにならないように、資金繰りに努めます。

2016/04/07 (Thu) 21:01 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: yspringmindさん、こんにちは!

michiyoさん、おかえりなさい。いいんです、日本に帰って展覧会を開かれていることは前から知っていましたから。それより、展覧会は好評だったようですね。おめでとうございます。私も作品を見れる日を楽しみにしています。
ということで、ブログをリンクさせてくださいね。みんなに教えてしまうのがちょっと悔しいような気がするけれど!
これからもお付き合いお願いします。

2016/04/07 (Thu) 21:12 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する