頑固な姿

P1020013 small


ボローニャ旧市街の、俗に言う大通りはバスが通っているから便利に違いないけれど、そして、それに沿って小さな店が連立しているから、買い物するのに全く便利というものだけど、そうした通りから少し内側に入った細い道が、私は好きだ。車の通りが少なかったり、又は車が通らなかったり、店が無いから人通りさえも少なくて、すれ違う人は同じような大通りから回避してきた、その道の存在を知っている人達。ボローニャにはそうした道が沢山あって、未だにあるいたことのない道もあれば、存在すら知らない道もある。言うなれば、私はごく一握りの道しか知らなくて、そうした道に通うようにして歩いていると言う訳だ。この道もそうだ。初めて歩いたのは何時だっただろう。細々と続けている雰囲気のアンテーク家具の修復工房があって、私は歓喜したものだった。中を覘いたら修復師が居て、じっと中を覗き込んでいる私をジロリと睨んだ。それも数回続くと、ああまた見ているとしか思わなくなったのだろう。睨まれることは無くなった。こういう道がある限り、こういう店が存在する限り、ボローニャは安泰だ。大通りが徐々に変化しようとも、一本内側に入れば今も変わらぬ情景が残っている。誰が何と言おうと、私はやはりボローニャに、昔ながらの様子を保ってもらいたいと思っている。時代の流れに流されない、頑固な姿でいて欲しい。


人気ブログランキングへ 

コメント

No title

お久しぶりです。
時の流れに流されない、そんなボローニャーを、いつか訪ねてみたいです。

私は、フェイスブックも、ツイ−ターも、していません。自分にとっては、必要がないから。
頑固なのか、保守的なのか、わかりませんが、友人とは、長い時間をかけて、付き合うものだと思っているし、数の問題でもないと思っています。だから、結婚も、遅くなったのかもしれません。
でも、このブログの修理士の行動は、好感が持てます。ポジテイブな気持ちにさせてくれますね。

2016/03/03 (Thu) 02:48 | キャットラヴァー #mQop/nM. | URL | 編集
No title

まだまだ 気温は低いけれど 昨夜は夜のうちに雨が雪に変わったようだけれど、この 日差しは 春の香りがすると思うのは わたしの希望がゆわせているのかしら?
裏道歩き 楽しいですよね。リヨンには 2つの丘があるのですけれど、細い道を歩いていて、突然川が見える開けた景色に出会ったりすると うれしくなりますよ。

2016/03/03 (Thu) 10:40 | kimilon #aKMr6UbQ | URL | 編集

こんにちは。
ほんとに裏の細道という感じですね。

2016/03/03 (Thu) 13:23 | つばめ #- | URL | 編集
Re: No title

キャットラヴァーさん、こんにちは。
人にはそれぞれ違った形の拘り、ポリシーなるものがありますね。其れで良いのだと思います。みんなが同じだったら、世の中全然つまらないのかもしれません。世の中の人が私と同じ考えの人ばかりだったら、個性というものは存在しなくなってしまうでしょう。
私は、何処に暮らしていてもちょっと変わった存在なのかもしれないと、時々思います。兎に角一人が好きなのです。それが苦にならないと言うか。勿論人と会うのも好きだし、話をするのも大好き。でも基本的にひとりなのです。だから私が結婚すると決めた時、私の家族は大そう驚いたと思います。
そもそも私という人間はこうした裏に存在する道のようなものなのですよ。

2016/03/05 (Sat) 19:24 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: No title

kimilonさん、こんにちは。今日は雨が降りました。最近雨がよく降るのです。暖かいと思えば寒くなり、ああ、これが日本の三寒四温というものなのかなと思いました。
リヨンには2つの丘があるのですか?それは素敵ですね。細い道を歩いていて突然開けた景色に出会う。私が暮らしていたサンフランシスコもまたそんな感じでした。リヨン。一度行ってみようかな。

2016/03/05 (Sat) 19:27 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、この手の裏道は驚くほど沢山存在するのですよ。まだまだ知らない裏道が沢山あるので少しづつ発見していきたいと思います。

2016/03/05 (Sat) 19:31 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する