魅力

DSC_0616 small


隣のドアの奥から犬の声が聞こえる。懸命に吠えるのは、白いチワワのシャネル。飼い主がシャネルを好むことから、そんな名前が付けられたらしい。誰に訊いたでもないけれど、それは安易に想像がついた。シャネルがどうして吠えているのか。多分、猫の気配を感じるからだろう。しかし吠えられているに違いないうちの猫は、そんなことは何処吹く風。何しろ姿が見えないから、吠え声が聞こえても落ち着いたものだ。寧ろ興味が湧いたのか、尻尾をくねくねさせながら、入り口前に座って耳を傾けている。互いに顔を合わせたことは無い。いつか対面することがあったら、どちらが先に逃げ出すだろう。

隣の家の奥さんはフランスが好きらしい。それは多分、フランスという国や街が好きというよりは、フランスのものが好きなのではないかと察する。白いチワワにシャネルと名前を付けたことでもよく分かる。この辺りで有名な話がひとつある。彼女がボローニャ旧市街の店に新作の鞄を求めて行ったら、まだパリの本店にしかないと言われたらしい。それで彼女は空港へ直行して、パリ行きの航空券を購入するなりパリへと飛び立ち、欲しかった鞄を抱えて家に帰って来たと言う話だ。この話を聞いたのはもう何年も前のことで、私と彼女が知り合う前だった。話を聞いた私は、会ったこともない彼女を一体どんな人なのだろうと想像した。景気の良い、常連客を沢山持つバールを経営する夫が彼女を甘やかしているのだろうか。それとも彼女が我儘なのだろうか、と。2年前の今頃、今住む家に不動産屋と一緒に見に来て初めて彼女と知り合ってみたら、我儘な感じは微塵もなくて、若く美しい、大らかで笑顔の似合う女性だった。話せば話すほど、彼女の魅力が分かり始め、此れでは夫も甘やかしてしまうだろうと思った。いや、つまり、私が彼女の夫なら、この眩しいばかりの笑顔を見たら、大抵のことは、まあいいか、と思ってしまうに違いないのだ。そうして今の家に引っ越してくると、もう少し彼女のことが分かり始めた。とても優しいこと。礼儀正しいこと。それからあの笑顔がどんなに周囲の人達に愛されているか。どんなに周囲の人の心を和ませているか。まあ、例のパリへひとっ飛びの話は、なかなか奇抜な行動だったが、別に悪い人じゃない。多分、周囲の人達が、ほんの少し羨ましかっただけだ。

ところで私が昨秋パリへ行った時、物欲を掻きたてられてどうしようもなくなるのではないかと思っていたが、面白いことに物欲は騒がなかった。店に入れば、ボローニャとは違う趣味の、実にフランスらしい趣味のものが並んでいたのかもしれないけれど、私は其れよりも歩くことに夢中だった。地下鉄を乗り継いで、地上に出たらひたすら歩いた。時にはショウウィンドウの前で足を止めて覘いてみたりもしたけれど、今の瞬間は今しか得られないとばかりに、私はパリという街を見て感じること、行き交う人達を眺めること、歩くことに夢中だったから、店の中に吸い込まれることは無かった。敢えて言うならば、食料品店によく足を運んだ。ワインやチーズ、パンや果物と言った類の。そして時には美術館や写真展を見て歩き、カフェでひと息をついた。帰ってきて鞄を開けても何ひとつ、例えばシルクのスカーフだとか、何とかが出てこないことに相棒は随分と驚いたようだった。鞄の奥から出てきたのは、チーズの塊。それから焼き菓子。みんなで食べようと思って。身に着けるものを何も購入しなかったのか、と言葉にはしなかったが、こちらを向けた相棒の顔にそう書いてあった。そして相棒は何か感じ取ったらしい。其れほどパリが楽しかったのか、と。
相棒の直感は正しい。私はパリの魅力に落ちた。広くて手におえない。分かったような気にすらなれない、というのが私のパリの印象だった。一度訪れたくらいでは、全然足らないから、これから幾度も足を運ばなければならないだろう。例えば夏季休暇を利用して、例えばクリスマスの頃に。それとも週末に数日間。それを聞いて、やれやれと溜息をつく相棒。でも鞄を求めてパリへひとっ飛びを考えれば、まだいいか、というのが相棒の感想だ。鞄を求めてパリへひとっ飛び。彼女がそんな行動をとってから既に5年ほどが経っているが、人々の脳裏から消える気配はない。少なくともあと数年は、何かにつけて口からついて出るに違いない。

それにしてもパリ。何故もこう私を惹きつけるのか。実のところ私にもよく分からない。


人気ブログランキングへ 

コメント

No title

yspringmindさん、こんにちは。
写真のアパートのドアを見て、これは以前私が住んでいたアパートかな?と吃驚しましたが、本屋が横にあるので違うようです。似たようなドアが一杯ありますからね。それで大概その向こうに中庭があって。
犬の名前がシャネル。
私はブランド物の店に行ったことが殆ど無かったです。日本の母親に頼まれて、お財布みたいなものを探しにシャネル本店に行ったことが一度あるくらい。
それよりお墓とか、マルシェ巡りとか、そんなんでしたね。たった6か月しか住んでいなかったのに、パリは又行きたいです。何ででしょうね?
6月から私はその横の国に3か月住んで、その後、フランスのパリではない田舎に引越す予定です。今はここを離れる作業を思って、ハーと溜息が出て憂鬱です。

2016/02/29 (Mon) 05:36 | tsuboi #G7kzfhC. | URL | 編集
No title

ご無沙汰しています。時々お邪魔はしているのですがコメントなしで今まで来てしまいました。ごめんなさい。
パリは”歩く街”です。ひたすら歩いて徒歩のテンポでしか発見しないものを感じる街だといつも思います。
フランスに行ってチーズを購入しないては、ないですよね。チーズにぴったりあうワインを見つけましたか?

2016/02/29 (Mon) 10:03 | basilea #dgEWJwcw | URL | 編集
No title

yspringmindさん、こんにちは


歩くことや、自転車で廻ることが、愉しくなる街

そこで、また、新しい発見がある街

とても、魅力的ですね

parisも、そんな街かも知れません^^


京都も、歩いて廻る、自転車で廻るのが、愉しい街です

2016/02/29 (Mon) 12:35 | 高兄 #eP1cGWnA | URL | 編集

こんにちは。
パリ。
想像がつきません。
あまりに日本在住の女性たちがテレビでフランスだパリだ言ってるので、あまのじゃくになってるのかもしれませんが。

鞄のはなし、おもしろいですね。

2016/02/29 (Mon) 12:54 | つばめ #- | URL | 編集
No title

yspringmindさん、こんにちは。
今日は雨が降り冷え込むとなぁーと思ったら雪がちらついてましたよ。
春の気配を感じながら、また一歩逆戻り寒いのもあともう少しの辛抱です。

ダークグリンに黒のコントラスト重厚感のある入口のドア真ん中の装飾が美しいですね。
フィレンツエでは、ブラウン系の扉を見かけました、お隣の本屋さんもグリンカラーの本箱絵になる風景に魅了されてます♪

そして、目標が定まった際に決断の時と言い聞かせ過ごしてみます。
アドバイスありがとうございます。
明日から3月、良い風が吹き込んで来ると願って・・・


2016/02/29 (Mon) 13:52 | すみれ #GYxcADzc | URL | 編集
Re: No title

tsuboiさん、こんにちは。アパートのドアを見て、以前パリで住んでいたアパートかと思ったそうですが、それはびっくりでしたね。残念ながら違ったようですが、パリに暮らしていた頃のことを思い出したのではないでしょうか。ボローニャの旧市街もですが、こうした扉の向こうにはちょっとした通路があって、それを突き抜けると庭があるのですよね。そうした作りが私はとても好きなのです。
私はショーウィンドウを覘きますが旅先でブランドの店に入ることはまずありません。それよりも散歩。散歩をする時間が欲しいのです。旅先で入る店は食料品や本、市場ですね。それから骨董品店にも入ります。しかし、それも短い滞在ならば、店に居る時間がじれったく感じるほど、歩きたい。ま、昔ほど体力がないので、休憩時間も多くなりましたけど。
6月からその横の国に3か月住んで、その後にはフランスの田舎に引越す…?いいですねえ。刺激的ですねえ。楽しいお話楽しみにしていますよ。

2016/03/02 (Wed) 00:10 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: No title

basileaさん、こんにちは。お元気そうですね。パリは歩く街、やはりそうなんですね。歩いていると色んなものが目について、それは色だったり形だったり光の具合だったりと、全く飽きませんね。歩くことによる発見は終わりがありません。
フランスに行ってチーズを購入しないてはない。確かにそうです。私はフランスのチーズが大好きで、次に行く時はもっと買い込んでくるつもりなのです。チーズに合うフランスのワイン? ええ、勿論。見つけて夕食に毎晩頂きました。うふふ。

2016/03/02 (Wed) 00:15 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: No title

高兄さん、こんにちは。成程、そうですね。京都もまた歩いて回るのが楽しいですね。考えてみればこのふたつの街はとても似通っています。多分何度足を運んでも飽きることのない街、なのでしょう、今日ともパリも。

2016/03/02 (Wed) 00:18 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。私も昔はどうしてみんながフランスだ、パリだと持て囃すのだろうと思っていました。私は確実に、あまのじゃくでしたよ、正直言って。でも初めて行ってみて、ああ、成程と思い、どうしてもっと早くに行かなかったのかとも思いました。つばめさんにも一度見て貰いたいです。パリを好きな人が、パリの何が好きかという理由は100人居たら100通りあるに違いありません。パリとはそういう街です。色んな魅力があるようです。

2016/03/02 (Wed) 00:21 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: No title

すみれさん、こんにちは。この季節は全く油断がなりません。3月も雪が降りますからね。気をつけなくてはいけません。
この色も扉の装飾も、大変私好みでした。秋のパリにとても合う色。そんな風に思いました。それからパリは何もが絵になると思いませんか。イタリアもまたそうした国ですが、イタリアの街とパリは似ているようで本当に違う。何が違うか。多分印象。空気。それから・・・。
3月ですよ! 扉が開かれたような気分です。前に、前に進んでいきましょうよ。

2016/03/02 (Wed) 00:25 | yspringmind #- | URL | 編集

そうです。
確かに・・・違いますよね。
私は人が違うように感じます、ボローニャは半日だけの滞在でしたが、食材屋さんのマダムがバルサミコ酢や、オイルを選ぶ時も非常に熱心に語ってくださりお買い物は断然イタリアが心地良い応対されますから、空気も自然と温かく感じてしまうのですよね(笑)パリも好きでしたが、ここ数年はイタリアにドップリ魅了されてます。
パリまで近いから、気分転換にふらっと出掛け秋とは違った街並み春は陽射しが出て暖かい中のお散歩が楽しめそう。

2016/03/05 (Sat) 14:59 | すみれ #2.r31dAA | URL | 編集
Re: タイトルなし

すみれさん、こんにちは。イタリアの店の人たちが親切になったのは何時からでしょうか。私がボローニャに暮らし始めた頃は東洋人と見ると相手にもしてくれず、とても悲しかったけれど。確かにこの12、3年は随分といい感じになりましたね。元々イタリア人は話すことが好きなのですから、商品の説明を丁寧にしてくれるのも納得です。フランスではそうしたことがあまりなかったのは、多分言葉の問題なのかもしれないと思いました。というのは、英語が堪能なフランスの店の人は、大変気持よい応対をしてくれたからです。
すみれさんはイタリアに、私はパリにどっぷり…。

2016/03/05 (Sat) 19:37 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する