小さな気持

DSC_0024 small


木曜日。あと一歩で週末になる。抑えても抑えても、嬉しい笑みが溢れてしまう。そんな木曜日の午後、ボローニャの街の小売店は店が閉まってしまう。これは昔からの習慣。無休の店さえ存在する現在でも、古い習慣を守り続ける店が案外沢山ある。それがボローニャ。例えば気に入りのパン屋も午後の2時にはシャッターを下ろす。うっかり木曜日であることを忘れてパンを求めて店に行くと、酷くがっかりすることになす。いつも行くバールの角を曲がった路地に面したインテリアの店もそうだ。しかしここは橙色に塗られた鉄柵が可愛くて、閉まっていても楽しめる。こんな色に塗ってしまうところが全くこの店らしいと思っているのは、私だけではない筈だ。こんな路地に何故店を開けたのだ、と初めは皆が思ったけれど、こんな路地に店を開けたところがまた良い。まだ店に入ったことは無いけれど、そして中に入っていく人は少ないけれど、私の様に外から眺めて楽しむ人が何と沢山いることか。人の目を楽しませる術に長けているこの店が、何時までもこの路地に居座ってくれることを心から望む。

家に帰ったら猫が興奮していた。何かわくわくしている感じ。何だろうと思いながら、固く閉じられた寝室のドアを開けたら明るい黄色が目に飛び込んだ。花瓶に生けられたミモザの花だった。後から帰って来た相棒に訊くと、これはエルバ島から帰ってきたシニョーラからのお裾分けであることが分かった。もとを正せばこれはシニョーラはバールで働く女の子のために持ち帰ったものだったが、ちょうど居合わせた相棒に、あなたの大切な奥さんにも、と分けてくれたのだそうだ。そしてそれを相棒が、こんな風に飾っておいてくれたと言う訳だった。私はミモザの花が大好き。この黄色が何とも好きだ。イタリアで、ミモザの花を嫌う人なんていないのかもしれない。これは、私たち女性の為の花。女性の日に贈られる花なのだから。猫はミモザの花が部屋の中にあることを知っていたのだろう。其れであれ程わくわくしていたのだろう。美しいものを人と分けて、喜びを人と分かち合う。こんな、人を喜ばせようとする小さな小さな気持が、私はどんなものよりもと尊く思う。ミモザの花を頂いた。別に日にちに拘る必要など何もない。今日が私の女性の日。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
木曜日の午後に店がしまる。
昔ながらを通しているのはすばらしい。

ミモザは見たことがあります。
今ごろ咲くんですね。
日本は大寒がすぎ、この土日が10数年ぶりの寒さがやって来るとのこと。
家の木にさざんかが咲いていて、こんな寒いのに咲こうとする花もあるんだなと感心していたところです。
ミモザは暖かい所からやって来たのですね。

2016/01/22 (Fri) 07:27 | つばめ #- | URL | 編集

ああ ミモザは 新しい年の一番初めに咲く 南からやってくるお知らせのような花ですね。女性の日の花なのですか?
それは素敵なものをいただきましたね。
もうすぐ週末 この週末はすこし暖かくなりそうです。
さて 何をしましょうか。。

2016/01/22 (Fri) 09:52 | kimilon #aKMr6UbQ | URL | 編集
木曜の午後……謂れがあるんですか?

yspringmindさんへ。
おはようございます。如何お過ごしですか?
ミモザの黄色はチョッと変わった特別な色ですよね……。
随分前に、誕生日に僕をイメージした花束を貰いましたが、
それはミモザがごっそり入った大きなブーケ……。
僕、黄色いイメージなのだそうです。
yspringmindさんと猫を喜ばせるミモザ……早く今年も見たいです。
外国の商店や美術館の営業時間にはようやく慣れました(苦笑)
こちらは旅行者ですから、午後から営業とか、
昼休みをタップリ2時間摂るとか……優雅だと思ったものです。
木曜日の午後……何か謂れがあるんですかね?
カレンダーに赤丸付けておかないと……。

ブノワ。

2016/01/22 (Fri) 23:20 | ブノワ。 #ssytX6RI | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。昔ながらのことを守り続けることが多いイタリアの中でも、このボローニャの習慣は不便でありながらわりと気に入っています。でも、じきにこんな習慣は無くなってしまうのかもしれません…そんな予感がします。
ミモザはもう少し後に咲くのですが、エルバ島はボローニャよりも温暖なので、早く咲いたのだと思います。それでバールの常連のシニョーラが、珍しいでしょう?と持ち帰ったのだと思います。綺麗な黄色で、気分が盛り上がります。猫の気持ちも大いに盛り上がっているようですよ。

2016/01/23 (Sat) 20:45 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、こんにちは。ミモザは春を連れてきますね。まだまだ寒いけれど、うちの中はミモザの花のおかげで春めいています。こういう頂き物は嬉しいですね。勿論美味しい頂き物も嬉しいけれど。
今日は良い天気で、7度まで上がりました。街は太陽の光に誘われて外に出てきた人々で大賑わいでしたよ。

2016/01/23 (Sat) 20:49 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 木曜の午後……謂れがあるんですか?

ブノワさん、こんにちは。私が今回頂いたミモザの黄色は実に明るくて、今までにないほど明るい黄色で、見ているだけで元気がでてきます。お誕生日にブノワさんをイメージした花束だなんて、洒落ていますね。ミモザの花が一杯の。ふーん、ブノワさんのイメージって黄色なんですね。個性的、ということでしょうか。
イタリアにしてもフランスにしても、オープン時間が独特で、始めは骨が折れますね。でも、それも文化のひとつと思えばよいかもしれません。そう思えば案外楽しいものですね、そうしたことも。日本は便利過ぎで、私は逆に困ってしまう。いや、その便利さを使いこなしきれないと言ったほうが良いのかもしれません。何しろボローニャのような所に慣れてしまっていますから。ふふふ。

2016/01/23 (Sat) 20:58 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する