凍る冬

DSC_0041 small


飛ぶように過ぎてゆく毎日。こんな風にして、気が付いたら1月が終わってしまうのかもしれないと思いながらも、しかしまだ、月の半分が残っているのだと気が付いて、思ったほど早くないなと苦笑する。木曜日に雨が降った。予報通りといえばその通りだけれど、此れほど沢山降るとは思っていなかったので驚いた。翌日は快晴で、前日の雨で埃が一掃されて空気が澄んでいるのを感じた。そしてとんでもなく冷えた空気に身を縮めながら夕方の道を歩いた。歩きながら帰り道が明るくなったのを感じた。少し前まで墨汁を流したように黒かった夕方の空は、もはや明るい藍色になりつつあり、ほら、頑張れ、頑張れと応援しようものならば、明日にでも明るい夕方になりそうな感じさえした。冬。私達は冬のピークを通り過ぎたのだろうか。今は冬の下り坂を歩き始めていて、春へと近づいているのかもしれない。暗く寒く長い冬があるからこそ、春の喜びが大きい。私がボローニャに暮らすようになって初めて気が付いたことのひとつだ。

ここ数日の忙しさと疲れに負けてしまいそうだった。其れでも頑張れたのは、きっと周囲の人達が支えてくれたからに違いない。自分で何でもできると思ったら大間違いなのだ。そういうことに気が付いたのはここ数年のことである。こんな風にして、人は少しづつ学んでいくのだろう。兎に角、無事に金曜日を終えることが出来たのが嬉しくて、寒い寒いと呟きながらも気分転換と解放感を味わうために旧市街を歩いてみた。街を行き交う人達は皆、寒さに首を縮め、肩をいからせているくせに、とても嬉しそうだった。彼らもまた私同様、一週間の仕事を終えて街に繰り出したのだろうか。街の中心の広場の前にある大きな薬局に立ち寄り、それからその足で当てもなくぶらぶら歩く。何処も冬のサルディで店の中が賑わっていた。私達からすれば、客で混みあうこの時期はいつもの丁重な応対を期待できないけれど、価格が下がったこの機会を逃す手はない。そして売り手からすれば価格を下げることになるけれど、買い手がその気になっているこの機会を逃す手はないと言ったところだろう。店から大きな紙袋を手に提げて出てくる人々。嬉々としているところを見ると、良い買い物が出来たに違いない。
旧ボローニャ大学の辺りに来ると、最近とても残念になる。数年前まで此処には2軒小さな靴屋があった。一軒はもう何年も前に店を閉めてしまった。そしてもう一軒は昨年12月で商いを辞めた。何時も店先を覘くだけだった私だったからけれど、何十年も続いていた店が消えていくのは、やはり寂しいものである。二本の塔の少し先のポルティコの下にも一軒素晴らしい靴を置く店があった。手作りの靴の店で、其の履き心地は素晴らしいものだった。過去に一度だけ、もう何年も前に自分へのご褒美と称して購入したことがある。初めてその靴の踵や靴底を直しに出した時、、修理屋の主人に言われた。お客さん、この靴は一生ものだよ。直しながらずっと履いて貰いたいね。修理屋の主人が一生履いてほしいと言うのはおかしなものだと思ったけれど、考えてみれば靴の修理をしている彼は靴が大好きに違いなく、だからある種の靴を見ると心が動くのだろう。いつか我ながら頑張ったなあと思えるような日が来たら、もう一足購入しようと夢見ていたが、それを待たずに店は無くなってしまった。まあ、ボローニャの店が無くなっただけで、ミラノに行けば、若しくは工房に直接行けば購入できるようだけど。でも、そんな良い店がボローニャから姿を消してしまったことに私は大変拘るのだった。昔、ボローニャには沢山の靴屋があった。歌にも出てくるけれど、ボローニャの靴店の多さと言ったら、ボローニャの靴の良さと言ったら、ボローニャ人の靴の拘りと言ったら有名だった。でも、次から次へと店が姿を消して、もうあの歌の通りではなくなってしまった。私がボローニャに引っ越してきた95年頃は、ひとつの通りに何と沢山の靴屋があるのだろうと歓喜したものだ。何故なら私は小さい頃から靴が大好きだったから。そういうことを喜んで話す私に相棒の友人は共通点を見つけたらしく、言葉もろくに話せなかった私と彼女があの日から友になった。靴。靴のことを話し始めたらいくら日が暮れるまで話すことが出来るくらい好きだった。

先ほどカップチーノでもしようよ、と相棒に誘われて、近所のバールに行った。木枯らしが吹くでもなく、空は明るく上天気だったが、外の空気の何と冷たいことよ。頬をぴしゃりと叩かれたような気がした。バールに入ると常連客のひとりが居て、今夜は凍るぞ、と言った。凍る。耳にするだけでひんやりする言葉にぶるると震えた。確実に春へと向かっているとはいえ、寒さの本番はこれからなのかもしれない。


人気ブログランキングへ 

コメント

yspringmindさん、こんにちは

まさに、L'inverno ha ritornatoですね(合ってますかね?自信ない^^;)

京都にも、冬が還って来ました><

2016/01/17 (Sun) 00:12 | 高兄 #eP1cGWnA | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
今夜は凍るぞ。
相当の冷たさですね。
春がうれしいでしょうね。

靴。
小人の靴屋という話を思い出しました。
手作りだと全然違うんでしょうね。
そんなにボローニャに靴屋があるというのは初めて知りました。
王様やおきさき様などの歴史がある町なんでしょうね。
暖かみがあるデザインのものかな。
シンプルなデザインかな。
シャープなデザインのものかな。
たぶん、ボローニャで作られるのは暖かみがある皮の靴かなと思ってしまいます。
yspringmindさんの靴が一生ものの靴というその靴、とっても興味がありますよ。
フラットな靴かな、ハイヒールかな。
いいものって、もつんですねえ。
見た目が華やかな飾りが付いたような靴もあるけど、地味でもドシットシタおちつきのある本物の靴ってあるんでしょうね。
そんな靴ははいたことないけど。
靴屋さんが言うんだから、とてもとても本物なんでしょうね。
日本も色んな流行りすたりの靴を売っていますが、2000円くらいの流行りの歩いたらカツカツ音がする靴は買う気がしません。この年になってくると、まあ実用性も兼ね備えた物を選んでしまいます。
ほんとはきれいなカットの靴を選びたいけど。靴屋さんが認めるyspringmindさんの審美眼のかかった靴。
どんなのでしょう。
いいものは誰が見てもいいのでしょう。
わくわくしますね。はやりすたりでない靴なんでしょう。
一月の新鮮さに乾杯ですね。
新しいことは気持ちがいい。


2016/01/17 (Sun) 09:13 | つばめ #- | URL | 編集

本当に急に寒くなりましたね。昨日の朝 マルシェで凍えるかと思いました、けさも細かい雪がしんしんと降っていました。冬が遅ればせながらやってきたようです。
その一生物の手縫いの靴の話は素敵ですね。貴女は革の手袋をちゃんと手入れして何年も使うかただから 靴もきちんと手入れして何年も履くのでしょうね。良いものは心を豊かにしてくれますものね。

2016/01/17 (Sun) 18:28 | kimilon #aKMr6UbQ | URL | 編集
Re: タイトルなし

高兄さん、こんにちは。文法的に正しいのは L'inverno è tornato. ですが、いいのです、ちゃんと通じました。イタリア人に言ったら、多少間違ってはいるものの言いたいことは通じるし、何よりそうしてイタリア語で話そうとしている姿勢を心から喜んでくれるでしょう。
ボローニャも京都も本来の冬の姿になりましたね。嬉しいような、残念なような。

2016/01/18 (Mon) 23:49 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。常連客が言った通り、冷たい冷たい夜中でした。それ以来ぐんと寒くなり、今朝は零下4度でしたよ。
ボローニャには案外多くの靴のメーカーがあるようです。そのうちには手作りに店もありまして、大変高価ながらも良い客が点いているらしく、消えていくようなことは無いようです。私のその靴は、ボローニャのメーカーではありません。其れにボローニャの手作りの店に比べたら半分以下の価格なようですよ。ボローニャは商業の街なのです。商業がある、ということは職人もいると言うことなのです。私の靴はショートブーツで踵はたったの2センチ弱。良い革を使っていて見るからに履き心地がよさそうな靴です。この靴の素晴らしい部分は靴の底。靴の良さは靴の底を見たら良く分かります。
こう言うのを手に入れることが出来て本当に幸運でしたよ。

2016/01/18 (Mon) 23:56 | yspringmind #- | URL | 編集

yspringmindさん、再び、こんにちは

>L'inverno è tornato

あ~、そうだったかぁ!

おおきに^^v

2016/01/19 (Tue) 01:10 | 高兄 #eP1cGWnA | URL | 編集
雪が降りました。

yspringmindさん、こんにちは。
冬本番やってきました。
お昼間強い風と思い窓を覗きこむと雪がちらつきいてました。
それは、寒いはずですね。

年期の入った靴・・・大切に思うから雨の日が苦手の気持ち解ります。
雨の朝一番に考えるのが靴それから洋服ですから~

昨年の夏お店のウインドーの写真で、確かタッセルが付いてたカーキのサンダル忘れられず、ボローニャの街並を思い浮かべています。

2016/01/19 (Tue) 09:19 | すみれ #GYxcADzc | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、こんにちは。最近朝は氷点下になります。寒い。冷たい。冬ってこんなに寒いものだったのだ、と思い出しました。そちらは雪ですか。雪は見ているだけでも体が凍えます。日が長くなってきたと言うのに、冬の本番はこれからなのかもしれませんね。
私は好きなものとなると周囲の人が驚くほど何年も何年も使うのです。物持ちが良いと言うよりは、飽きないと言った方が良いかもしれません。其れに大切に使うのが好きな性質です。手入れをすると言う作業も好きなようですよ。良いものは沢山ある必要は無くて、少し、だけど本当に気に入ったものを使うのは、なかなか嬉しいものですね。

2016/01/19 (Tue) 20:28 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

高兄さん、おおきに、って凄く京都人て感じがしていいですね。

2016/01/19 (Tue) 20:29 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 雪が降りました。

すみれさん、こんにちは。そうそう、東京でも雪が降ったそうですね。ボローニャで降らないのに東京で降るなんて。雪を見るのは好きだけど、雨同様苦手です。私は本当に足元が濡れるのが嫌いでして・・・雨の日は私も靴から出掛ける装いを決めるんですよ。
あのサンダル、良かったですよね。私もとても好みでした。あの店は、地味な通りに、地味な店構えで、しかしなかなかいい感じのものを置いていて、気に掛かっている人が沢山いるようですよ。

2016/01/19 (Tue) 20:35 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する