ひとりごと

DSC_0031 small


朝方雨が降ったらしい。地面が黒く光っていて、窓を開けると湿った冷たい空気が家の中に流れ込んだ。遂に雨が降ったか。そんな気分だった。葉がすっかり落ちた樹の枝は、ごつごつと黒く伸びていて、此れでは寒さが身に沁みるだろうと、少し不憫に思った。雨は止んでいたが、また何時降りだしてもおかしくない。そんな空の色だった。明日はエピファニア。それが過ぎたら通常の生活に戻るが、心の準備は出来ていない。この楽しい毎日、緩い毎日、気ままな毎日に別れを告げるのはあまりに辛いというものだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
木の枝の濃さが後ろの建物のオレンジ色で浮き上がって見えます。水色の窓枠なんですね。これが、フランスだとラベンダー色でしょうか。
色彩感覚はほんとに所変わればですね。
太陽の光の強さと関係あるのかな。

イタリアもいそがしいのですね。
日本も経済がまわらなくて、女性も男性も関係なく働きつつありますが、ふと、立ち止まって考えたとき、なにか違う気がすると思ってしまいます。お金で解決する時期はすぎたという人がいましたが、多くの人が気づいていても、止まらなくなってる感じがします。

今日はシチューでした。鶏肉、たまねぎ、ブロッコリー。
ご飯も合う。
イタリアの小麦小麦したパンで食べると美味しいでしょうね。

2016/01/06 (Wed) 15:54 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。あ、これ水色に見えますが、シルバーなんです。アルミサッシみたいなもので、80年代にそうした窓が二重窓の外側として使われたようです。防音と防寒の為だそうです。フランスでは・・・私が見るところ、こんな色気のない窓枠を使っている家はありませんでした。最近の私はフランス贔屓なので、フランスが優美に見えてなりません。
シチュー、いいですね。そう言えば長らくシチューなるものを頂いていません。時間の有る冬休み中に作ればよかったなあ、と後悔しています。

2016/01/06 (Wed) 18:00 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する