職人気質の男

DSC_0010 small


土曜日なのに早起きしたのには理由がある。午前中にしか店に出てこない店主に会うためだった。店は旧市街のポルティコの下にある。街の中心からはそう離れてはいないけれど、一日しかこの街の散策に時間を割けない旅行者が足を運ぶような辺りではない。だからポルティコの下ですれ違う人達は、大体が地元の人、若しくはこの街に長く居る人と言って良い。数年前からその店の存在に気が付いていた。衣類を直してくれる店で、仕立て屋さんではない。素適な内装も無ければ気の利いた看板もない。しかし客が多いこと、客が持ち込んでくる衣類の質が良さそうなことから、丁寧な仕事をする店らしいことが想像できた。これらは私がガラスの外から中を観察して得た印象で、誰に訊いたわけでもないけれど。店に入ると何時もいる南米出身の女性の姿はなく、店の入り口に背を向けてミシンを操る男性の姿があった。話によれば店主は彼女の夫とにことだった。こんにちは、と言って店に足を踏み込む私に彼は一瞬振り向いて、こんにちはと挨拶を返すと、再び背を向けてミシンを操りだした。その印象はボローニャの職人と言ったふうで、頑固そうな表情に私は一瞬戸惑った。小柄なようだが、がっしりした肩。四角いセルロイドフレームの眼鏡を掛けていた。話しかけていいのだろうかと思っていると、彼が背を向けたまま言った。何か? それで私はコートの肩幅が体に合わないので直してほしいのだけど、と来店の理由をやっと伝えることが出来た。彼は立ち上がり、少しアンバランスに歩きだした。足が悪いらしかった。彼は私が持ち込んだ黒いコートを手に取ると、瞬時に素材を見抜き、これは大切にしなくてはいけないよ、修理に高い費用は掛かってもね、といった。どうやらこの道に携わっているらしい。もしかしたら昔は服の仕立て業をしていたのかもしれない。私がコートを着て見せると、此処を少し、此処も少しとあっという間にピンでつまんだ。これでいい。これでやっと君らしくコートを着こなすことが出来るよ。彼は私に言い聞かせるのか、自分ひとりで話しているのか分からない口調で言った。彼をよく観察すると、年のころは60歳前後。髪は半分以上が白く、深いしわが顔に刻み込まれていた。四角いセルロイドフレームの眼鏡が更に彼を頑固者のように見せていた。初めてのタイプではない。むしろ、この手の頑固者は幾人も知っている。其の幾人の誰もが自分の腕に自信があって、その分野の事では相手に決して譲らない、職人気質だった。ところで、どうしてコートの肩の幅が合わないかと言えば、こういう訳だった。数年前、冬の割引の時期に、ある店に入った。良い物を置くけれど高くてねえ、と評判の店だ。ところが割引の時期になると案外思い切って値段を下げる。特に今シーズンのものでないものは。そもそも私は流行を追うタイプではない。特に冬はクラシックのスタンダードの良いものを長く着るのが好きなので、今シーズンでも昨シーズンでも全然問題ない。店に入っていろいろ見せて貰ううちに女店主が、そうだ、あなたのサイズならば・・・と二階に上がって、一着のコートを持って降りてきた。それは黒いカシミヤのコートだった。ひと目で気に入った。ごく普通の型で、さらりと薄手な分だけ秋の終わり、冬の始まり、若しくは冬の終わりに活躍しそうだった。着てみると、軽い。まるで着ていないように軽かった。それに気軽にジーンズとも合わせられるような印象が良かった。聞いてみれは昨シーズンのもので、他のサイズはすぐに売れてしまったと言うのに、此れだけは残ってしまったらしい。少々肩の位置が合わないのが気になったが、こんなコートを定価で手に入れることはこれから先に無いだろうと思い、肩は後々直せばよいと思って購入した。店で直すのを頼まなかったのは、腕の良い人に頼みたいと思ったからだった。そうして何冬か過ぎてしまった。肩の位置が合わないと思いながら、何冬も着て、その度に直したいと思いながら。さて、コートの肩の位置を直すには少なくとも2週間は待たねばならぬらしい。私の前に持ち込まれた衣服が沢山あるらしい。これはいい。つまり順番を待ってもこの店に持ってきたいと思う人が多いと言うことだから、彼の腕が良い証拠である。12月3日でいいだろうか、とすまなそうに言う店主に、急いでないので問題はない、もしそれに間に合わなくても急ぐ必要はなく、私は丁寧な仕事をしてほしいのだ、と答えると、うん、と嬉しそうに深く頷いた。もう少し店主と話をしたかった。例えば昔は仕立て屋さんだったのかとか、何とか。こういう人の話は大概奥深く、本を読んでいるような話が次から次へと出てくるものだ。しかし、後の客が店の中で待っているので、さっさと店を後にした。今度引き取りに来る時に話してみようと思いながら。雨が強かに降っていた。でも、何だか面白そうなことになりそうな予感がして気分が良かった。

昨日の雨は酷かった。その雨に強さに猫と私は何度顔を見合わせたことだろう。私の雨嫌いが移ったのか、猫も雨が嫌い。折角の土曜日なのに、昼前から雨になった。外を歩いて気に入りの靴のつま先が濡れて、気が滅入りそうになった。いくらボローニャの街にはポルティコが巡っているとは言っても、ポルティコが存在しない道だってあるのだから。そうして朝になると、嘘のような快晴。わあ、晴天だ、と窓を開けたら真冬のような寒さだった。空が青い分空気が冷たい。そろそろ冬を迎える準備をするとしようか。


人気ブログランキングへ 

コメント

素敵なお話!

yspringmindさんへ。
おはようございます。スッカリご無沙汰しています。
素敵なお話をありがとう!あれこれ考えながら読みました。
きっと、前身は仕立て屋さんだったのでしょうね。
芸術家って2つの道があると思うのです。
ゼロから何かを作り上げる人と、元々あったものを直す人……。
この職人さんは後者かな?仕立ても上手いから出来るのでしょうね。
この職人さんの店のような、技術がある個人の店、
日本では少なくなりました。何でもそうです、大型店舗ばかり。
買い物に選択の余地が全くないのです。
コートが素敵に仕上がるといいですね。
僕も染め直すものやサイズが違うものが沢山あります。
果たしてどこに持って行けばいいやら(苦笑)
染めの店は京都にあるのです。一度話しはしてあるのです。
僕も早速、送ってみようかな……。
いい切っ掛けにもなりました、ありがとう!

ブノワ。

2015/11/22 (Sun) 23:12 | ブノワ。 #kZkdgmoI | URL | 編集
手仕事

手仕事の職人さんのお話は素敵でした。昨日TVでフィレンツエの特集番組があり、その中で職人の工房が立ち並ぶサント・スピリト地区が紹介され、工芸品の修復に携わる職人さんが何人か登場。その中でも出色はフランスからやってきた若い職人の言葉でした。伝統を護りつつ新しいデザインへの模索を怠らないこうした職人たちの存在と、それを支えるイタリアという国と国民。しかも後継者も育っているんですね。日本でも美食と景観ばかりの薄っぺらなイタリア・ブームを超えて、こういうイタリアの優れた面をもっとアピールすべきでしょう。昨年我が家を新築したときに、函館ではもうほとんど行われていない、地元産の杉材で外壁を造るという仕事をお願いしました。下見板張りという伝統的工法で一枚ずつ釘打ちしていく丹念な作業に従事する大工の棟梁さんが「20年ぶりくらいだな、こういうのは。でも一度手馴れた仕事は忘れないものだ」と淡々と、しかし嬉しそうに手を休めずに仰っていたのが印象的でした。コートの寸法直しを依頼した貴女もそうした職人の仕事が後世に残っていくための大事な「顧客」の一人に加わったことになるんですね。出来上がりが待ち遠しいですね。

2015/11/23 (Mon) 08:35 | Yutaka Hoshino #rmkBes5Y | URL | 編集

これでやっと君らしくコートを着こなすことが出来るよ という 言葉が彼の仕事のやり方を表現しているようで興味深いですね.既成のものを持ち主のただひとつのものにする作業。これで この先何年も大事にコートが貴女らしくきれますものね。

2015/11/23 (Mon) 08:52 | kimilon #aKMr6UbQ | URL | 編集
Re: 素敵なお話!

ブノワさん、こんにちは。
この人、自分の腕にかなり自信があるようです。言葉にしなくたって、その表情で分かりました。
ゼロから何かを作り上げる人と、元々あったものを直す人……。私が勝手に想像したのですが、彼は過去に事故か何かで足を負傷して、立ち仕事が出来なくなったのではないかと。仕立て屋さんは立ち仕事が多いですね。寸法を測ったり、型紙を作って切ったり、布地を着るのも座ったままではできないのですよ。(と、昔は自分で衣類を作っていた私は自信をもってそう言いたい。)それで途中から転向したのかな…なんて。こう言う店、イタリアにはまだ存在しますが、確かに日本には少なくなりましたね。残念なことです。そもそも衣類を直して着る、こと自体が日本ではあまりないのかもしれませんね。其れもまた少々残念なことです。
ところで染め直し、ですか。それは面白い。私はそれに関しては一度だって考えたことが無かったのですよ。良いことを教えていただきました。こちらこそありがとうございます。

2015/11/23 (Mon) 19:38 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 手仕事

Hoshinoさん、こんにちは。フィレンツエのサント・スピリト界隈が紹介されましたか。それは面白かったでしょう。あの辺りは本当に味わいがあり、昔は私もよく足を運んで中を見せて貰ったものなのですが、もう15年以上も前のことになってしまいました。イタリアでは、こうした工芸、芸術の後継者になりたい人は沢山います。苦労をして下積みをして学ぶ、腕を磨く人が私達の生活からは想像できないほど居るのですよ。だから昔からのことが廃れることなく、未来に受け継がれていくのだと思います。
ところで、地元産の杉材で外壁を造るとは素晴らしいですね。伝統的工法で一枚ずつ釘打ちしていく丹念な作業。これは熟練した大工さんにしかできない技ですね。20年ぶり。成程。其れほど今は伝統的工法から離れていると言うことですね。思うにこうした技を身に着けた人たちにとっては、こうした注文は嬉しくて嬉しくてたまらないと言ったところでしょう。
イタリアには昔からの方法で何かを作るのは案外ごく普通に存在しています。仕立て屋さんと言うのも沢山あれば、靴を作る店も案外沢山あるのですよ。そういうのを私は嬉しく思うのです。

2015/11/23 (Mon) 19:48 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、こんにちは。彼は自分に自信があるのだと思います。あのピンの止める速さ。タッ、タッ、と驚きました。既製品だって体にぴったりの寸法ならば、どこででも手に入るただの服ではなくなります。肩の位置や微妙な曲線。大切なんですよね。コートは仕上がったら、一番の気に入りになること間違いなし。大切に何年も着たいと思います。

2015/11/23 (Mon) 19:55 | yspringmind #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/24 (Tue) 02:20 | # | | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
今日から急に寒くなりました。
職人さんはほんとうに頑固で少し気分屋で話を聞いてもなかなか人によってはこころよく答えてくれない感じがします。

2015/11/25 (Wed) 15:23 | つばめ #- | URL | 編集
Re: 投稿拒否問題

鍵コメさん、調べてくださってありがとうございました。今まではその手の問題は発生していなかった、と言うか、そうしたことを耳にしたことが無かったので知らないだけなのかもしれないのですが、どうしたものかと思っていました。成程、そういう方法がありましたか。今後の参考にさせていただきますね。また、同じようなことが起きた方には、この方法で解決してもらうことにします。どうもありがとうございました。

2015/11/25 (Wed) 23:58 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。職人さんは頑固者が多いです。でも、イタリアの職人さんは、むっつりしているかと思えば話し出すと止まらない。実に人間味あふれているのですよ。

2015/11/26 (Thu) 00:03 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する