雨音を聴きながら

DSC_0060.jpg


パリに着いて初めての雨。案外、木曜日まで雨が降らずにいるかもしれないと考えていたが、そもそも予報が出ていたのだ、昨晩から雨が降るだろうと。それが今夜まで降らずにいたのだから、運がよかったと言うべきだろう。久しぶりに聞く雨音。雨音はボローニャだってパリだって同じ筈なのに、やはり違う。屋根のすぐ下にあるこの部屋は雨がもっと近くに感じる。ぽつんぽつんと、まるで木琴を静かに叩くような音。それから最上階のこの部屋からは雨雲がもっと近くに見える。どうして雨など降らしたのかと空に問いかけたらば、返事が戻ってきそうな近さである。旅先では雨すらも、違って感じる。不思議なものだ。昨晩のレバノンレストランで話をしたアメリカ人の彼女は、雨が嫌いだといった。この雨ではきっとパリ郊外にある自宅に閉じこもっているに違いない。何処へ行くにも自転車を使うといった彼女だが、流石に自転車でパリにひとっ走りするのは無理だろう。

今朝、初めて住人を見た。小さな中庭でばったり会った。相手は70歳手前と思える男性。とても元気そうでよい体格の持ち主だった。髪はすっかり白くなっていて、まさか此処で私に会うとは思っていなかったから、目を丸くして驚いていた。おはようございます、ムッシュー。先手を打って挨拶をすると、彼は驚いたのを恥じたかのようにはにかんで、おはようございます、マダム、と返してくれた。彼はどの階の住人だろうか。話によれば、幾人かの住人は郊外にも家を持っていて、此処にはたまに来るだけだといっていたけれど、彼もそのうちのひとりだろうか。
今日は写真美術館なるものに足を運んだ。アパートメントの持ち主が、其処に行くとよいと勧めてくれたのだ。色んな展示があったけれど、あまり興味が無いものだった。ただ、1960年代後半から80年代のアメリカの写真に酷く惹かれた。それは私がまだ見たことのない、しかし、多分映画や本などから知ったアメリカとぴたりと重なっていた。まさかパリでこんな写真を見るとは思ってもいなかったので、不意打ちを打たれたような感じでショックだった。それにしたってそうしたものをレンズに納めた人がいたと言うことも、驚きであり、羨ましくもあった。今日、この写真を見ることが出来てよかったと思った。多分、これからの私の考え方に大きく影響するに違いない。
夕方、早めに帰ってきたのは今にも雨が降ってきそうだったから、そしてあまりに寒くて疲れてしまったからだ。寒くて疲れるだなんて、まるで冬のよう。いや、ボローニャに暮らす私にしてみたら、此れは立派な冬の気候だった。アパートメントから100メートルも行かないところにチーズとワインの店がある。私は初日にその店で、上等な赤ワインとチーズを購入したが、なかなか良いものだった。良いのは店主の若い男性もそうで、とても素敵な笑顔の持ち主だ。心なしか若い女性客が多いのは、多分そうした理由だろう。兎に角、ボローニャで猫とふたりで留守番している相棒に、何か美味しいものを持っていきたくて、再び店にやって来た。私と相棒は、コンテ、と言う名のフランスのチーズが大好きだ。この店には3年間寝かせた良いものがあって、今回は此れを購入した。そしてトリュフが入ったものも。大奮発。でもたまには良いだろう。それに美味しいものは生活を豊かにすると言うではないか。だから、良い買い物をしたと言うことになる。うん、そういうことにしておこう。レバノンレストランの前で店主の声を掛けられた。昨晩の食事は美味しかったかい。うん、とても美味しかった、有難う。見た目はごつい体格で強面の彼だが、本当はとても気のよい男性なのだ。

雨は止むだろうか。明日の朝にはこのアパートメントから去る。ボローニャの、いつもの生活に戻れるのが嬉しく思うような、まだパリを去りたくないような。でも、分かったのだ。来ようと思えば何時だって来れる距離なのだと、パリという街は。小さな鞄を持って、ひょいと来ればいいだけのことだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

初めてのパリ

とうとうパリにやって来ましたね。 
いつ行くのだろうとずっとずっと見守っていたのですよ。
イタリア人がフランスを嫌う理由は何となくわかっているつもりですが
yspringmind さんにはぜひ1度は行って欲しかったのです。
さいわい最初のパリは良い印象だったようで、安心。
なぜ私が安心するのか自分でも不思議です。(笑)

ほんと
ボローニャからならいつでもバッグ一つで簡単に行けるところだから
これを機会にまたいつか、ね。

そういう私は実はフランスはパリよりも田舎のほうがずっと気に入ってるのですけどね。
自慢じゃないけどエッフェルなどまだ1度も行ったことがありません。
今回パリへ行ったのは何が動機だったのでしょうね?

2015/10/14 (Wed) 22:16 | September30 #MAyMKToE | URL | 編集

今週はまだ10月なのに冬のように寒くなったのです。とうとう 暖房を入れました。ボローニャはもっと暖かいのでしょうね、来週からのヴァカンス中に冬時間に変わります。
コンテ 美味しいですよね。それも3年物ですか。しっかりとした赤ワインとあわせると う~ん と言いたくなる組み合わせですね。

今度はもっと軽いバッグで ちがう季節にいらっしゃるのもいいかもしれません、
それでは今日も楽しんでくださいね。

2015/10/15 (Thu) 13:20 | kimilon #aKMr6UbQ | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
写真の雰囲気がおもしろいです。
色使いが違いますね。

あしたですか。
よかったですね。パリに来られて。まったくもって、私も楽しませてもらいました。
日本にいながら、ちがう空気を味わうことができました。
パリ。
チーズ。パリの空気の元で食べるとまた、格別においしいでしょうね。
雨の音、聞こえてきそうでした。聞いてみたいなあ。
ほんとうに、パリの人は話しかけること話しかけられることに、慣れてますね。しかも、なんだかしゃれているような。ちがいますねえ。yspringmindさんだからこそ、話しかけられたのだと思いますよ。
バケット?食べられましたか。
よかったですね。気をつけて帰ってくださいね。そして、また、パリに。

2015/10/15 (Thu) 15:50 | つばめ #- | URL | 編集
スレ違いでした……。

yspringmindさんへ。
おはようございます。スッカリご無沙汰です。
パリなのですね……しかも、今日帰られる?
実は、僕は今日からパリ……これから成田に向います。
ボローニャはなかなか遠いので、
お目に掛かれずとも、同じパリの空の下で……。
そう思っていましたが全くのスレ違いですね。
留守番の相棒にはトリュフ入りのチーズ……猫には?(笑)
お話は続くのでしょうか?
さぁて、僕もそろそろ出発します!

ブノワ。

2015/10/15 (Thu) 22:15 | ブノワ。 #kZkdgmoI | URL | 編集
Re: 初めてのパリ

Septemberさん、こんにちは。イタリア人がフランスを嫌う理由は単に羨ましいだけです。隣にありながら自分たちの国にない華やかな感覚や一種の文化みたいなものを羨ましいのです。でも最近の人たちは羨ましがらずにフランスに飛び込んでいきますね。良いことです。私はイタリア人ではないのでフランスを嫌う理由はない筈なのに、20年以上足踏みしました。我ながら何事にも時間を要するのに驚いています。
一種の先入観があったパリですが、私が想像していたような冷たいパリではありませんでした。むしろ、行く先々で良くして貰い、先入観を持っていたことを恥じました。時間を見つけて時々パリに飛んでみようと思います。週末は人が多すぎるので、やはり平日が良いみたいです。
今回パリに行った動機ですか。それは自分の固まりきった考えを乗り越えるためだったかもしれません。漠然としていて理解できないでしょう?でも、多分それが一番正しい表現なのです。

2015/10/17 (Sat) 00:20 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、こんにちは。パリの空港へと向かう途中、幾度も人に声を掛けられました。‟今日は特別寒いね。今年は寒くなるのがいつもよりも早いよ。‟ よほど寒そうにしていたのでしょうね、私は。ボローニャは帰って来たら20度でした。パリからの乗客は皆、ボローニャに着くなり大喜びでした。私はと言えばあまりの気候の差に目が回る思いでした。
3年物のコンテは、夢のように美味しかったです。もう少し買ってくればよかったなあ、と思ったほど。おかげでワインが進みました。違う季節まで待てそうにありません。小さな鞄ひとつで2,3日足を運ぶ日は案外それほど遠くはないのかもしれません。

2015/10/17 (Sat) 00:27 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。この写真はパリについたその日の夕方何処を歩いているのか分からなくて困っている途中に、惹きつけられて撮った写真です。ボローニャには決してない色でした。
パリでは思いがけず色んな人と話すチャンスがあって楽しかったです。案外ひとりだったから、話しかけられたのかもしれませんね。皆親切で、パリの人は冷たいなどと先入観を持っていたことを恥じたほどです。この写真を撮った少し後に、いよいよ自分がいる場所が分からなくなって途方に暮れていたら、親切な人が教えてくれて、それでついでに美味しいパン屋さんがこの辺りにないかと訊いたら、店の前まで連れて行ってくれました。放って置いたら全然違う方向へ行ってしまうと思ったのかもしれませんね。おかげでついた日の晩、美味しいパンと赤ワインとチーズのシンプルで美味しい夕食にありつけました。

2015/10/17 (Sat) 00:38 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: スレ違いでした……。

ブノワさん、こんにちは。本当に素晴らしくすれ違いですね。私の滞在の後半は冬のように寒かったけれど、ブノワさんが滞在する間は秋の良い気候なようですよ。
留守番していた相棒に持ち帰ったトリュフが入ったチーズは格別でした。猫はそのいい匂いが溜らないらしく、鼻をくんくんと大きく動かしていましたよ。残念ながら猫にはお土産無しの旅でした。(でも私が家に帰ってきて、それはそれは大喜びでした。)
楽しいパリ滞在となりますように。

2015/10/17 (Sat) 00:45 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する