怖気づかぬ心

DSC_0030 small


心待ちにしていた満月。なのに曇り空で何処を探しても月の姿は見られなかった。冷たい風が吹く夜だった。ところがボローニャの他の界隈では、月が見えたそうだ。それは強い光を放つ月だったそうで、その僅かすらも見ることが出来なかったことを私はとても残念に思った。それで、今夜はどうだろうかとテラスに佇んで夜空のあちらこちらを探してみるが、今夜も同様に月の姿はない。でも、それもボローニャの他の界隈では、真ん丸に一瞬欠けた美しい月を望めるのかもしれない。

ある夏、ひとりで海のあるアメリカの町の地を踏んで以来、私は夢中になってその町に通った。と言っても私は日本に暮らしていたから毎月通えるはずもなく、夏と冬に休みを取って訪れるのが精いっぱいだったけれど。あの頃は日本で会社員をしていたから纏まった休みを取るのが酷く難しく、せいぜい一週間程度の滞在だった。長い休みを取れるような会社はあまりない時代だったから、それでも休むことが出来ることを私はとても感謝していた。それから休んでも再び戻る場所があることについても。私はあの町を通うように訪れて、何か特別なことをしたと言えばそうではない。私はフィルムカメラを持って、真直ぐのびる道を歩いては角を曲がり、坂道を上っては下り、そのうち地図が描けるようになるのではないかと人に言われるほど、兎に角毎日よく歩いた。初めて訪れた時に手に入れたトラムなどの交通網が記入された便利な地図をずっと持ち歩いていた。そのうち折りたたんだ部分が痛んで解体してしまうようになった頃、私は其処に移り住んだ。移り住む、とはなんと良い響きだろう。何か希望や期待が含まれているように感じた。自分が望んで手さぐりで手続きしてその町に暮らすことは、実にポジティブな音が含まれているように感じて嬉しかった。私があの時、そんな風に暮らす土地を替えることが出来たのは、私には失うものなどなかったからだ。自分の努力で再び得られるようなものだからだ。恋人がいて離れがたかったわけでもなく、自分の地位を確立して、それを失うのが惜しいなんてこともなかった。慣れた仕事も安定した収入や生活も、何処に居ても自分さえ元気でやる気があれば、再び手に入れることが出来るものだと信じていた。あれから24年が経って、あの頃の自分のエネルギーの大きさに驚いている。何とポジティブで、何という怖いもの知らず。いや、私にだって怖いものはあった。でも、それが世間の中にある怖さではなく、自分がやる気をなくしてしまう、何かをする前に怖気づいてしまうことが怖かった。多分、其れだけだった。

人間は根本的なところは変わらない、と誰かが言っていた。もしそれが本当ならば、私は今もあの頃のように、怖気づかずに前進するエネルギーを秘めているのかもしれない。ああ、それが本当ならば、と、何処を探しても月など見つからぬ、厚い雲に覆われた闇夜を眺め、心の底から願うのだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
私も若い頃そうでした。
何でもできると思っていて、自分がなにかしたくてしたくてたまらなかった。
yspringmindさんは、自分で決められたことが大きかったですね。私は、一度自分で決めて出ましたが、数年たったあと、また戻ってしまいました。
そして、まだできるという基本の気持ちはちっとも変わってないけれど、世間といういい意味でも悪い意味でもあるのかないのかわからない重い石につながれているような、気持ちになっています。
たぶん、気の持ちようでそんなものはじめからないのはわかっています。でも、小さな島国の小さな世間はほんとうに小さく、さらに我にかえったとき、はたと自分の小ささが怖くなりました。
だから、最近わたしも空をよく眺めて鳥はいいなあと思っています。飛行機を見てもいいなあと。
いろんな人と話をすると今更ながら世の中の川の流れのなかにわが身がひっしに竿を立てようとしていながら、結局ながされていくのかともどかしく、はがゆく、たどり着く先が見えてしまったようでいます。
だから、変えたい。
おかしいことはおかしいと言いたい。
よくね、日本は閉塞感につつまれていると今言われてるんですよ。おかしな話だなと思うんです。
日本のなかで、縮こまってしまっていて。だから、私は自分がなにができるわけでもないけど、自分が鳥だったら。今すぐにでも海を越えて世界に行きたい。そこに何があるわけでもなくても、とりあえず、常識のうちと言われてしまう社会、巻かれてしまう小さな社会以外のあたたかくて人間くさい世界の素の文化にふれたいです。日本が早いところよくなればいいなと思います。どうも無理を感じています。
新聞やテレビの言葉も本当かしら。今の現状をまことしやかに伝えているけれど、本当に大切なことは世間に伝わっているのかしら。みんな気づいているのに現状が変わるのを待っているようで我慢強いなと思います。ほんとうに変える気がないのだろうな。不思議です。よくしようと思う人はそういう組織に行かないんだ、行っても巻かれてしまうんだ。だから、中から変えようと思っても変わらないなら、外から変えるしかない。日本人による日本人の改革はいま、無理なんだと思います。このまま、待ち続けるのでしょうね。その時代時代にいるメンバーでしか世の中は作れない。
まず、どうしたいのか話せば早いのに、それさえも話したらいけないような空気が漂っているのは、おかしな話。楽になりたいとは思わないけれど、裏表のない国で自由になりたい。
こんなことを思えるのは、まだ、感性が鈍ってないのだといい方に考えよう。

2015/09/30 (Wed) 15:50 | つばめ #- | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。

今日のブログの内容は胸にチクっときました。
棘は前から刺さっていたんですが。

あーなんか思い出したように痛い。

2015/10/02 (Fri) 04:11 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/02 (Fri) 16:22 | # | | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。若い頃は、全てが可能に思える元気があるのではないでしょうか。それは今思えば酷く尊くて、手をのばしてもなかなかつかめそうにないもの。私は自分で決めるのがいいと思っていました。ただ、自由に決める権利があると言うことは義務や責任もつきもので、それなりに胸を張って向かい風に向かって歩かねばならない時もありました。でも、後悔はしていないし、私は自由に決めることが出来た、あの環境や状況にとても感謝しているのです。
世間はいつも人を批判したりあれこれ言うものです。何故なら、人のことをあれこれ言うのは簡単だからです。そしてそういう批判には、多少なりとも自分ができない事からくる羨ましい気持ちなども含まれている訳なので、聞き流すに限ります。さもなければ、心が死んでしまう。私はそう思います。良く考えて自分がいい、と思ったら自分を信じて前に進むだけです。そうして時々立ち止まってまた考えて、前に進む。勿論右に曲がってもいいし、後ろに下がってもいいんです。でも、人に左右されるのではなく、自分の気持ちに従って。自分を信じると言うのはそういうことなのかな、と思います。勿論! 私の言っていることが100%正しいとは思いません。でも、みんな間違えながら、失敗しながら進んでいくんですよ。つばめさんが、つばめさんの心に正直に生きることを私は望みます。
感性は鈍っていませんね。大切にしてください。

2015/10/02 (Fri) 19:56 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。あらあら、チクってきましたか。私も時々色んなことを聞いたり思い出しては、チクリときます。時には刺激があって良いでしょう?

2015/10/02 (Fri) 19:58 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、有難うございます。淡々とし過ぎているとも言われますが、時には情熱過ぎるともいわれますが、それらはどちらも素顔の私です。そして、少々変わっているともいわれますが、人間は皆違って当然なので、別に良いとも思っています。大切なのは、自分が納得していること。そんな風に考えているので、他人を批判など出来ません。不満。不満に関して言えば、不満があり過ぎると良いことを感じ取ることが出来なくなると思うのですよ。どうでしょうか。

2015/10/02 (Fri) 22:46 | yspringmind #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/03 (Sat) 13:19 | # | | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、感性は大切ですね。これは誰にでも同じようにあるものではないように思います。頻繁に使っていないと錆びてしまうもの。若しくは失ってしまったら取り戻しにくいものだとも思います。だから本当に大切。
ところで、食器。思いがけず早く手元に届きそうとのこと。今の時代は何でも可能なんですね。しかもスピーディに。私もてっきり来年の春くらいになるのではと思っていましたよ。気に入りの食器、しかもそれと望んで家に招き入れる食器での食事は楽しいこと間違いなしです。今からわくわくしますね。

2015/10/03 (Sat) 21:54 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する