美しいもの

DSC_0076 small


自分を見失いそうになった一週間。忙しくて自分の時間を作り出すことが出来なかった。思い返して浮かんでくるのは夜中を過ぎた頃にようやく一息つけるようになって、しかし、そうかといって本を読む気にもなれず、明日の為にとベッドに潜り込むしかなかった。テラスに置かれた金木犀が小さな橙色の花を沢山つけてほんのり良い匂いがするので、その傍に座って食後のジェラートを頂く時間を得るのが精いっぱいだった。忙しそうな私を猫も目を丸くして眺めていた。私らしくもない。そんなことをしていたら、いつか自分が自分でなくなってしまうに違いない。そう思って、金曜日の夕方に、リセットすることにした。リセット。さあ、これからのんびり行こう。

仕事帰りに見た美しい空。高く青く、鱗雲が向こうの方に広がっていて、秋が近いことを感じ取った。まだ昼間は暑くて汗ばむほどだが、朝晩の空気は初秋のようだ。
旧市街の、男性向けの店。男性向けであることが残念に思えるくらい、美しい店。いや、自分が女性であることが悔しくなるくらい、と言うべきか。店主のセンスが光る、洒落たジャケットやコート、コットンのシャツが、さあ、どうぞ、ご覧下さいよ、と言わんばかりに飾られている。洒落た店には洒落た客が来るもので、出入りする男性たちのさりげないお洒落と言ったら。例えばこんなジャケットに、木綿のシャツとてれんとしたジーンズ、裾を少し巻き上げて足首を見せたら素足にモカシンシューズなどを履く、大変私好みなのだが、この店の客たちと言ったら、そんな崩したお洒落心を持っていて大変憎いのである。かと言ってパターン化などはしていなくて、ちょっと人と違う、そう言うセンスで他の人に差をつける技を隠し持っているような男たち。店の奥は床屋になっていて、散髪師も客も共に実にいい感じ。類は友を呼ぶとはよく言ったものだと感心する。アメリカに居た頃、周囲のアメリカ人女性たちがイタリアの男性に酷く憧れていたけれど、それは例えばGQマガジンに出てくるような男性のことで、この店に来るような男性のことだった。と言ったら褒めすぎかもしれないけれど。美しい男物ジャケットに美しい空が良く似合う。そんな金曜日。

夕食時に栓を抜いたハンガリー産白ワイン。グラスたった一杯の其れが、疲れた細胞のひとつひとつを優しく癒してくれるようだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
いそがしくても、楽しみを見つけられることがいいですね。

2015/09/20 (Sun) 03:57 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。忙しすぎるのは私らしくありません。むかしむかし日本に居た頃は、それでもよかったのですが。今は、のんびり、ゆっくり、自分を大切にしながらの生活がいいと思います。そうしていたら、色んなことに気が付けます。たとえ小さな小さな素敵さえも。

2015/09/20 (Sun) 21:11 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する