幸せ者

P1010927 small


朝晩の冷え込み。窓を開けっぱなしにできないほどの冷えである。もうじき薄い毛布が必要になると言う私に、君は寒がり過ぎると相棒が言う。確かに私は寒がりだけど、君も暑がり過ぎるのだよ。猫は私の見方。早くも朝晩の冷えが身に沁みるらしく、テラスに出たいと強請ることもない。

仕事帰りにパン屋に立ち寄ることが多い。仕事帰りだから夕方6時半前後で、だから大半のパンが姿を消してしまっている。私の好きな全粒子の両手ほどの大きさの丸いパンを好んでいる客が多いと見えて、連日売り切れていて残念だった。金曜日の夕方、今日こそはと息込んで行ってみたら、あった。嬉しそうに笑みを湛える私に、店の女性が笑う。私がこのパンを求めて何日も通っていることを知っているからだった。ああ、今日はついている! と喜ぶ私に、本当、今日はついているわね、と彼女が言うので、妙におかしくて顔を見合わせて大笑いした。たかがパンごときで。でも、このパンがあると食が進むのだ。いつもの食事にこのパンがあると、不思議とご馳走に見えるのだ。例えば、チーズとワインしかない時だって、このパンがあると何となく賑やかで華やぐ。相棒も同じように感じているらしく、だから売り切れで他のパンを買って帰ると酷く残念な顔をする。ただ今、うちには近所のバールの常連のシルヴァーノ老人から貰った特別な赤ワインがある。その栓を抜くにはこのパンが無いといけないと相棒が言うので、どうしても手に入れたかったのだ。そうしてパンを持ち帰ったので、金曜日の晩は待ちにに待った赤ワインの栓を抜いた。私はパンにデンマーク製の少し塩分のあるバター、そしれ赤ワイン。素晴らしく相性が良くて、此れだけでご馳走。此れだけでご馳走? 君は幸せ者だねえ、と相棒は笑うけど。美味しいものを美味しいと感じられるのは、心と体が元気な証拠。相棒の言う通り私は幸せ者なのだろう。

今年は冬が早くやって来るのかもしれない。そんなことを街を歩いていたら耳にした。えっ、と振り向いてみたら声の主は老女だった。老女にしろ何にしろ、老人たちの言うことはよく当たる。とりわけ天気関係は。早くやって来るかもしれない冬。その言葉が心に沁みついて、暫く離れそうにない。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
ほんとに涼しくなりました。
ちょっとさみしい。

パンとバターとワインで幸せになれるのは、yspringmindさんがほんとに幸せなのと食材がおいしいのと相棒さんがいいからですね!

日本の奥さんたちに聞かせてやりたいです。だんなさんの文句を言ってる人のなんと多いことか。仕事場で聞かされると耳をふさぎたくなります。なんで自らをおとしめるようなこと言ってるんたと思います。
それがあるから、仕事変わろうかと思ったくらい。
よく、海外のテレビを見てると、奥さんがだんなさんや家族のことをとってもほめちぎっています。日本もうそでもいいから、そういう習慣になればいいのに。
今年も残りわずか、
今年のうちにしたいこと。
あれと、これと、それと。

2015/09/07 (Mon) 13:58 | つばめ #- | URL | 編集

yspringmindさん、こんにちは。昔、半年程フランスに暮らして居た頃、フランス人はパンとワインとチーズ、それに会話があれば十分な食事だと聞いたことがあります。学生時代にラテン系の言語を習得すべきだったなぁと思います。イタリアパン屋に今日も行きました。この辺りのイタリア人はお喋りなのは確かですが、私の拙いイタリア語を聞いてくれるんですよ、あーこの子は話せないから、と無視するのではなくて。優しいな、と思います。夫に言うと、所詮お客様扱いだろ、と言われますけれど。

2015/09/08 (Tue) 03:25 | TSUBOI #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/08 (Tue) 18:29 | # | | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。涼しくなると、確かにほんのちょっとさみしく感じますね。同感ですよ。
思うに私は単純で、簡単で、安上がりな人間なのではないかと思うのですよ。と言うと、相棒は決して安上がりではない、君はお金を案外平気でどーんと使うじゃないか、と言うけれど。あ、私はお金は天下の回り物で、死んでしまったら意味のないものと思っていますので、元気なうちに、これはという時には惜しみなく使うことをモットーにしているのです。ははは。
私はこの初夏に歯医者に通って徹底的に治療しました。おかげで堅いパンもなんのその。最近好んで食べているパンは、治療前に履かむこともできませんでした。だからとても幸せ。幸せは、こんな風に感じることもできるのですよ。
アメリカでもイタリアでも、夫は妻のことを、妻は夫のことを褒めますね。ちょっと照れくさいけれど。でも褒めることが出来ないのなら何で一緒に居るの?と思うので、其れで良いのだと思います。それは良いことだとも思っています。

2015/09/08 (Tue) 23:08 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

TSUBOIさん、こんにちは。パンとワインとチーズの食事は質素ですが、しかしそれぞれが質の良いものであれば、これ以上のご馳走もないと思います。シンプルだから美味しくないものだとどうしようもないのですよ。お喋りがあればもっといいけど、ひとりの食事でもいいかな、なんて。
イタリア人は相手が下手くそなイタリア語でも、話そうとしていることを高く評価してくれる、と私も思います。決してお客さんだからではないと思います。外国人のあなたが私の国の言葉でお話ししてくれるなんて嬉しいわ、と言った感じなのでしょうね。その点では、イタリア人は人間味あふれる温かい国民なのかもしれません。

2015/09/08 (Tue) 23:14 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。楽しい休暇だったようですね。私は専らボローニャでしたが、それはそれで楽しくてリラックスした2週間でした。こういうのもたまにはいいなあ、と思った次第です。
かぼちゃのフライ、さっそく私も作ってみたいと思います。このところ家では週に一度は日本の食事を食べるのがブームなのです。それまではほぼ100%イタリアの食事だったのですが、急に日本の食事をしたくなって、せめて週に一度は、と言うことなのです。ところがなかなかアイデアが浮かばず、困っていたのです。シンプルで素材重視の食事が好きなので、これは綿足にぴったりの料理。美味しいかぼちゃを探してみることにします。私も同様、かぼちゃが大好きなのです。
休日用の食器がみつかったようですね。早速私もその食器を検索してみました。そうしたら、あら素敵。休日にぴったりですね。お手元に届くまでにかなり時間がかかるようですが、それはそれで楽しく、待った分だけ楽しく食事ができると思いますよ。
小さなことですが、こういうものが身の回りにあると生活が楽しくなると思います。

2015/09/08 (Tue) 23:25 | yspringmind #- | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
そのとおり、なんでいっしょにいるの?です。
ほめる。
あれですか?アメリカの人も、イタリアの人も、他の人の相方さんをほめても別に自慢しているとわるくとるわけではないでしょう?ふーんと聞いてるくらいでしょう。
いっぺん聞いてみたいですね。
日本もそういうところで、まねてほしいなー。
下げの美学を聞かされても、ちっともうれしくありませんからね。

あっ、イタリアのパンは数々あるでしょう。
イタリアに行ったときに食べた、握りこぶしくらいのバターや卵をまぜていない、粉と水と塩だけでできたような真ん丸いパンが作れたらなあと思っています。外は堅めで、中はギュッと凝縮されながらもふわっとしていました。粉から違いますもんね。素材がいきたパンを食べたいな。

2015/09/09 (Wed) 15:05 | つばめ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/09 (Wed) 16:50 | # | | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。私が感じる限りでは、自分が選んだ人だもの、勿論素晴らしい人に決まっている、と言った感じです。そして周囲の人も同様な考えを持っている訳ですから、それについて他人が何処かで悪口ら陰口を言うこともありません。寧ろ、そんな風に褒めることを好ましく思う訳で、他人の前で相方のことを褒めないのは、その人の人間性を疑われるような感すらあります。此れも文化ですね。
嬉しいことを嬉しいと手放しに喜び、素晴らしい人を素晴らしいと手放しに褒めることは良いことです。私は人間は素直であるべきだと思いますよ。
イタリアにはパンが沢山ありますが、私がボローニャに暮らし始めた20年前は今ほど種類も無ければ、美味しいと思えるようなパンもあまりありませんでした。あの頃に比べたら、今のパンはとんでもなく美味しいです。それとも私が美味しいパン屋さんを知らなかっただけなのかもしれませんけれど。だから好みのパンが手に入る事に感謝なのです。

2015/09/10 (Thu) 22:41 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、ご紹介いただいた食べ方もなかなかいいですね。早速試してみます。
パナソニックのホームベーカリーですか。想像するだけで有能そうですね。イタリアにもそう言った機械が存在しますが、それほど機能があって、応用できるものではないみたいですよ。私も昔はパンを焼きました。手でこねてオーブンで焼くと言った、大変手の込んだ方法で。しかし、手間暇がかかり、まあ、しれが楽しさのひとつでもあるのですが、何時の頃からか焼くのを止めてしまいました。ホームベーカリーだったらば、忙しくても可能ですね。そして焼きたてのパンを手軽に楽しめると言うのも魅力ですね。
私が足を運ぶパン屋さんはとても小さくて、しかし所狭しとパンが置かれていて、ファンが多いようです。家の近くにあったらもっと良いのに、と行くたびに思います。

2015/09/10 (Thu) 22:49 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する