残暑

P1010903 small


私が暮らす辺りは、日曜日となると驚くほど静かである。この静けさは夏の休暇シーズンのそれとよく似ていて、私をホッとさせる。ひとりだけ残ってしまった焦りのようなものは無く、ひとりの時間を有難う、と言った感じか。私は何処に暮らしていても、この静かな時間を大切にしていた。日本で家族と暮らしていた時も、アメリカで友達と、そして相棒と暮らしていた時も、ボローニャに来て何度も引越しをしながらも、この時間だけは確保しておかねばならなかった。瞑想するわけではないけれど、例えば手紙を書きながら、本を読みながら、写真集のページをめくりながら、音楽を聴きながら、頭の中を清めていくのだ。毎日でなくても良い。週に一度、そんな時間があれば、私はこれからも何とかやっていけるだろう。

昨日、数週間ぶりに近所のクリーニング屋さんへ行った。酷く暑い昼前に店に入ると中は更に暑く、肩をさらしてもまだ暑いとでも言うように、額に汗を掻いた女店主が奥から出てきた。暑いわね。暑いね。すっかり日焼けした彼女は、その日焼けだけが確かに夏の休暇をとった証拠で、しかし楽しかった休暇が遥か昔のように思えるほど忙しく働いているようだった。彼女の夫の姿が見えないが、まさかこの炎天下に釣りに出掛けたのではあるまいね、と訊ねると、勿論そうだと言う。何しろ日曜日には大きな競技大会があるので、その下見に出かけた、と笑いをかみ殺しながら言った。その競技大会とは、こういうことらしい。4人一組で幾つものチームが魚釣りを競い合うのだ。釣った魚は重さを計って、再び水の中に戻す。つまり、何匹の魚で重さはどのくらい、と言った競技らしい。小さな大会なら数十チーム、しかし日曜日の大会は随分大規模らしい。上位入賞チームには、時には賞金、大抵の場合は食料品を貰えるらしい。例えば数年前には生ハムを丸ごと何個も持ち帰って、暫く生ハムを買わずに済んだ、と彼女は笑った。そして日曜日の大会では、チーズが景品らしい。ご主人、釣りに力入れているわね、と笑う私に、彼女は結婚当時からずっとこんなだけれど、釣りをしている限りは健康な証拠だからと、かみ殺していたものが爆発したように笑い出した。そして付け加えるのだ。ねえ、男の人って子供みたいだと思わない? 確かに。私は彼女に同意して店を出た。店を出ると、道の向こう側のバールのテラス席に相棒の姿を見つけた。こっちに来ないか、と手招きするので行ってみると、日焼けをした老若混ぜた男たちがカッフェを片手にお喋りをしていた。それで思い出した。ボローニャに引っ越してきたばかりの頃、相棒の両親が暮らす建物には沢山の家族が住んで居て、家族の主と言われる男性は留守がちだった。何処にいると思う? と私に訊ねる。解らない、と答えると、バールよ、バールに居るのよ、と妻たちは言った。何をしに行くでもない、バールに集まってお喋りをして、気が済むと家に帰ってくる。そうしてバールの前を通ると確かに妻たちが言っていたように、男たちが群れていた。皆楽しそうで、その様子が無邪気に見えて笑えた。そう言えばそうだ、昔から男たちはそうだったな。でも、こうしてバランスをとるのかもしれない。家族を守る大きな義務と、小さな男の子の心に戻って楽しむ時間。女だってそうであって良いと思う。義務ばかりに気を取られずに、楽しむ時間を持つ。そうすれば、不平不満なんていうこともない。少なくとも私はそう思う。と集まっていた男たちに言うと、君は充分実行しているじゃないか、と皆に笑われた。あはは。そうか、私は充分実行しているのか。照れ隠しに私も皆と一緒に笑い飛ばした。

8月が終わろうとしているが、暑さが弱まる様子は暫くない。これを残暑と言うのか。


人気ブログランキングへ 

コメント

yspringmindさん お久しぶりです。長い長い休暇が終わって リヨンに戻ってきました。今年は日本へ行ったり、日本から友達がきたり。海へ行ったり それはそれは長く楽しく遊びました。いっぱい遊んだから 今日からがんばります。
貴女はいつものように 丁寧に生活していらしたみたいですね。
秋には秋の美しさがあるのですから、それを楽しみにこの 残りの夏をすごしましょうか。

2015/08/31 (Mon) 09:36 | kimilon #aKMr6UbQ | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
バールでいろんな人と話したら何気ない会話も楽しいでしょうね。

もっと世界の人と話したいな。
日本のなかにばかりいたら、なにか大切なことをわすれそう。

2015/08/31 (Mon) 16:49 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、こんにちは。長い長い休暇でしたか。それは羨ましい! 日本へ行ったり、日本から友達がきたり、海へ行ったり。想像するだけで楽しそう。エネルギーも沢山必要だったでしょうか。いや、でも、楽しいことの為にはいくらエネルギーを使っても良いのですよね。
私は何処へ行くこともなく、ボローニャの空気にどっぷりつかっていました。特別なことは無く、素朴で普通の毎日でしたが、それは其れで案外楽しいものでした。大変暑い夏でしたから、今から秋が待ち遠しいです。その前に、この残りの暑さを乗り越えなくては。

2015/08/31 (Mon) 21:16 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。バールでは深刻な話はする必要などないのです。楽しくて、思わずあははと笑ってしまうような、そんな空気が似合います。
私は昔あまり話し上手ではありませんでした。特に知らない人とは。ボローニャに暮らすようになってからなんですよ、こんなに知らない人とも平気で話すようになったのは。バールには、そうした魔法があるのです。

2015/08/31 (Mon) 21:19 | yspringmind #- | URL | 編集

yspringmindさん、こんにちは。
>釣りをしている限りは健康な証拠だからと、かみ殺していたものが爆発したように笑い出した

その奥さんは今迄大変だったでしょうね。釣った人は、釣った魚を処理する義務があるんで。日本にいた頃、穴子を30匹おろした頃を思いだしましたよ..
所でイタリア人は本当にお喋りですね。私もお喋りな方ですが、パン屋のおばさんにはかないません。こっちが負け。どう頑張っても、イタリア人にはどうしてもかなわないな、と思うことが良くあります。

2015/09/01 (Tue) 03:04 | TSUBOI #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

TSUBOIさん、こんにちは。このご主人は天真爛漫、子供みたいに無邪気なところがあって、かわいい男性なのですが、それだから奥さんは大変だったかもしれません。でも懐が大きくて、どんなことでもどんと来い、と言った感じなのです、奥さんは。
それで、日本にいた頃、穴子を30匹おろした事があるのですか。それは大量でしたね。驚きです。
イタリア人は本当にお喋り・・・ってそれは本当にお喋りなんですよ。TSUBOIさんが行くパン屋のおばさんはそんなにお喋りですか。いやあ、うちの近所のクリーニング屋の女主人にはかないはずですよ。凄いんですから。ひとりの客と少なくとも10分は話します。次の客がいなければ30分は店を出ることが出来ません。

2015/09/02 (Wed) 22:53 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する