一瞬の雨

DSC_0048 small


雨が降ると噂されて数日経つが、今日という今日は確率が酷く高く、雨が降っても大丈夫なようにとスニーカーで家を出たというのに何時まで経っても雨が降らず、ああ、今日も降らない、と落胆しながら仕事帰りに強い日差しに満ちた旧市街に立ち寄った。何かこう、ペテン師にあったような、釈然としない気分だった。7月もあと一日で終わるというので、旧市街では随分と店が閉まり、二軒並ぶ魚屋のひとつは一体何時から休暇に入ったのか気が付いたころには重いシャッターが下りていて、夏期休暇中、9月8日より店を開けます、の貼紙が張ってあるし、行きつけの青果店も先週末から今週から夏季休暇で8月一杯は戻ってこない。此れでバールやカフェが閉まったら、お手上げである。更には本屋などが閉まろうものなら開いた口が塞がらないと言った具合だ。私にとって本屋の存在は特別で、こればかりは日曜祝日以外は開いていてほしい、という存在なのである。

気が向いて一頃よく足を運んだ店に入った。夏のサルディももうそろそろ終盤で、気の利いたものはほとんど売れてしまっているに違いないと思いながらも店に入ったのは、雨が降る降ると言いながら降らず、くさくさしていたからだ。この店は結構いい物があって、しかし安い店ではないから、サルディを利用するのが良いのである。と、檸檬色の細身のパンツを見つけた。檸檬色に特別な思い入れは無いが、人がその色を身に着けているのを見るのが大好きだ。店の人が言うには、私はスタンダードの色の殻から時には脱出しなければいけないそうだ。特に夏。夏にそれをしなかったら、あなた、一体何時するの? とのことだった。同じことを爪の御嬢さんから言われたことがある。私の爪の手入れをしてくれるソニアだ。夏に微妙な色、いつも選ばない色に挑戦しなかったら、何時するの? 私はそんなことを思い出して、檸檬色のパンツを試してみることにした。するとなかなかいい。元気な感じがする。これに真っ白のモカシンシューズを合わせたら爽やかな感じがするだろう。店の人も、あなたの印象が変わった感じがすると言った。そうだ、私はこのところ、少々疲れ気味だったから。檸檬色。元気な色。良いかもしれない。それにとても履き心地が良い。ということで半額で購入。気まぐれで立ち寄ったにしては、良い買い物をした。
並びにあるペットの店の前に店主が立っていた。店内が暑いので、客人がいない時は何時も外に立って近所の人と立ち話をしてる。既に一週間の休暇をカラブリアの海で過ごした彼は、頭の先から爪の先までよく日に焼けている。前を通り過ぎようとする私に手を挙げて、やあ、シニョーラ、元気ですか、と声を掛ける。それにしたって機嫌が良い。元気よ、あなたはよく焼けているのねえ、と返す私の背後から小さな子供の声がした。2歳だか、3歳だかの女の子で、母親とさらにその母親らしき人と一緒だった。金魚がいない! 女の子にとっては大きな事件らしかった。この店の前には、いつもプラスチックのバケツが置いてあって、其の中には赤い小さな金魚がすいすいと泳いでいたのだから。私もこの金魚を見るのが大好きだから、彼女の気持ちが手に取るようにわかった。すると店主が大きな声で言うではないか。金魚かい? あまり暑いからみんな休暇をとって涼しいところに行ってしまったんだよ、と。そうだったのかと頷く大人たち。金魚に先を越されたと苦笑する私。いつ帰ってくるのと訊く女の子。

旧市街でバスに乗り込んでもうすぐ自分が下車する停留所と言うところで窓ガラスに大粒の雨が当たった。ぽつり、とひとつだけ。ああ、ついに来たか、遂に雨が降るのかと乗客たちが囁く。そうしてバスから降りたところで雨粒が落ちてきた。駆け足で家に戻った。雨と競争するかのように。アスファルトの路面に黒い水玉模様が出来たかと思ったのは一瞬だけで、あっという間に黒く濡れ渡った。久しぶりの雨。一瞬の雨だったけれど、私達には必要だった。街の熱を冷ましてくれたようだ。今夜の夜風は肌に痛い。痛いほど冷たい風だ。


人気ブログランキングへ 

コメント

湿度の高い日本の夏

待望久しい雨がやってきた瞬間の感動が伝わってくる、素敵な文章。ボローニャの方々はこれから夏休みですか。私たちは6月末の北イタリア旅行で「夏休み」を消化してしまったので、昨今は旅で撮りためた写真を整理してコメント付でネット(4Travel)に投稿する毎日です。お隣の小学校も今週の始めから夏休みに入り、朝恒例の鳥のさえずりのような音も消え、代わりに耐震工事のうるさいドリルの音が終日聞こえて暑苦しい夏(湿度80%以上!)をさらに不快にしています。
お体大切に。

2015/08/01 (Sat) 02:15 | Yutaka Hoshino #rmkBes5Y | URL | 編集
こんにちは、yspringmindさん。 日よけ戸って、はーなるほど、写真でわかったのですが、木の扉の中にももう1つ、網戸か硝子戸があるんですね。日本でいう雨戸やすだれみたいな仕組みなのかー。 そういうこちらも、最高気温、37度ありました。 日差しが容赦なくふりそそぐ今日の一日。それでも、あー、冬よ

こんにちは、yspringmindさん。
日よけ戸って、はーなるほど、写真でわかったのですが、木の扉の中にももう1つ、網戸か硝子戸があるんですね。日本でいう雨戸やすだれみたいな仕組みなのかー。
そういうこちらも、最高気温、37度ありました。
日差しが容赦なくふりそそぐ今日の一日。それでも、あー、冬よりはパキッといきいきしていてうれしいです。それでも暑すぎて呆然と言葉をなくしてしまいます。近くの小学校では野球の練習をしていて、いくらなんでも昼過ぎの一番暑い時間にしなくてもと思ってしまいます。精神鍛練でしょうか。昔から、高校野球のような雰囲気がどうも苦手。
いま、私の町ではボーイスカウトジャンボリーが開かれ、世界から人が来ています。いろんな価値観の人を見れるのがうれしい。その一方で自分の中の整理しきれない違和感を覚えたりします。
いつもいつも小さな地域にいると日常の常識はこういうものなのだと自分で決めてしまっていることがあるのですね。それをまったくちがう(同じ人にはかわりないけれど)見た目の人と話したとき、国を越えて個人として話したとき、なんだか私のなかで、やっと自分と向き合えたようなうれしさと同時に、はー、自分ってこんなにちっぽけな存在と不安になります。それでも、世界の人を目の当たりにと、いろーんなひと人がいて、ほんとに安心するんです。
虹の色の旗がはためいていて、その色を見たとき、世界がいろんな国の人々が交差した街があちこちにあったらいいのにと思いました。
そういう雰囲気の街が、yspringmindさんが好きなサンフランシスコなのかなとも。
世界が風通しのいい場所になるには、まーだまだだなあ。

2015/08/01 (Sat) 16:02 | つばめ #- | URL | 編集
Re: 湿度の高い日本の夏

Hoshinoさん、こんにちは。待望の、恵みの雨です。今日の夕方は思いがけずふんだんに雨が降って、木々がとても嬉しそう。人間も動物もいほっと胸をなでおろしています。ところでイタリアの小学校の終わりは6月上旬で、それから3か月という長い夏休みです。生徒も先生も羽を伸ばして、勉強も仕事もすっかり忘れての夏休みです。おかげで交通渋滞解消で、通勤が楽ですよ。
騒音に高湿度、高温。厳しいですね。楽しかった旅行を思い出して、乗り越えてくださいね。

2015/08/01 (Sat) 23:41 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: こんにちは、yspringmindさん。 日よけ戸って、はーなるほど、写真でわかったのですが、木の扉の中にももう1つ、網戸か硝子戸があるんですね。日本でいう雨戸やすだれみたいな仕組みなのかー。 そういうこちらも、最高気温、37度ありました。 日差しが容赦なくふりそそぐ今日の一日。それでも、あ

つばめさん、こんにちは。日除け戸と言うのはイタリア語で言うと暗くする扉みたいなもので、雨戸の役目もするけれど、それよりもやはり昼間の強い日差しが家の中に入らないようにする窓の外に取り付けられた扉なのです。大抵、ガラス窓の外に日除け戸が取り付けられていて、その間に鼻にもありません。網戸と言ううのはイタリアではあまりポピュラーではなく、郊外の蚊の多い場所などで使われているんですよ。ガラス窓は内側に開き、日除け戸は外側に開かれる。実に実用的なのですが、この日除け戸も時代とともに姿を消しつつあります。勿論旧市街の歴史的建物は、昔ながらの姿ですけれど。
私は昔から、何故だか、自分が此処にいなくてはいけないことなどない、自由に何処にだって行けるのだ、と思っていました。アメリカへ行って、イタリアに来て、やはりその通りだったと思います。人種や国籍と言うのは地球単位から見たらちっぽけなものです。何処に誰が暮らしても良いのですよ。

2015/08/02 (Sun) 17:28 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する