共同生活

DSC_0042 small


近所の花屋さんが店を閉めた。不況で店を続けられなかったからではないらしい。何故ならこの辺りには花屋が無いからなのか、それとも良い店だからなのか、顧客が案外沢山いて潤っていたのだから。それでは何故、と思ったら息子がトスカーナ州でレストランを始めたので、そちらに引っ越しすることになったからだそうだ。店の夫婦と母親は相棒と仲がいい。彼らが相棒の仕事場のすぐ目の前に暮らしていること、近所のバールの常連であることから、相棒は密接な付き合いをしているようだった。そう言う訳で今回の花屋閉店については実に事情通だったし、ついでに閉店にあたっての片付けを手伝って貰えないだろうかと頼まれたということだった。何しろ時間が無い。そういうことらしかった。頼まれると断れぬ性質の相棒だ。友人にも声を掛けて、数人で店を空っぽにする手伝いをすることにした。と言っても昼間は仕事をしなければならない。だから仕事の後に、つまり夜に片付けをすることになって毎日くたくたである。ところが、疲れたとか何とか言いながらも、相棒も友人たちも機嫌がいい。こうした付き合いだから礼金を貰う筈が無い。どうしたのかと訊けば、いい物を貰ったとのことだった。いい物だよ、と。そうして相棒が大きな植木を抱えて帰って来た。フィクス。と相棒は言ったけれど、私が見る限り、それはごむの木の一種だった。昨年の12月に、私がごむの木の鉢植えをぜひ欲しいと騒いだのを今でも覚えていたらしく、店の片付けをしていたらこの木があった。じっと見つめていたら店の夫婦が気に入ったのなら君にあげよう、家に持っていくといい、と言ったらしい。嬉しいな、僕の奥さんがこの木を欲しがっていたんだよ、と好意を丸々受け取って持ち帰って来たということだった。彼の友人たちもまた、こんな風にして店の植木を家に持ち帰ったらしい。嬉しい! でも何処に置くの、こんなに大きな鉢植えを。うん、そうなんだ、それが問題なんだ。しかも君、此れだけじゃないんだよ。下の入り口のところに他の種類の鉢植えがふたつあるんだよ。葉の裏が紫色でさあ・・・。置く場所のことは全く考えなかったらしい。それが実に相棒らしいので、ふたりで顔を見合せて大笑いした。植物との共同生活。まあ、それも悪くない。猫はと言えば、とても嬉しそう。この鉢植えを自分への贈り物と勘違いしているようだ。昨冬のクリスマスツリーがそうだったように。

ところで先日見つけた。ボローニャ旧市街にして、ボローニャの匂いがしない場所。毎日のようにこの近くを歩いていたのに、気が付かなかったのは何故だろう。薄紫がかったグレーの日除け戸。私の鼻先と心をくすぐる。私はこの色にフランスの匂いを感じた。


人気ブログランキングへ 

コメント

つばめ

こんにちは、yspringmindさん。
そうですか、紫色の日よけ戸は、またイタリアのカラーとも違うかんじなのですね。フランスのカラーは、なんとなく白がまじった大人しい色のような。古い建物ですね。

相棒さん、よく覚えていてくれて、うれしいですね。ゴムの木、昔、よく見ました。表がぴかぴかの葉っぱ。

2015/07/27 (Mon) 14:28 | #- | URL | 編集

そういえば、プロヴァンスに行ったときにこんなような色合いの窓と壁を見ました。
ニースとかコートダジュールに行くと、もっと明るい色合いになるのですが、西側の落ち着いた色も凄く好きです。
写真を見ているうちにラベンダーの蜂蜜が無性に食べたくなってきました。笑

2015/07/28 (Tue) 08:25 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集
Re: つばめ

つばめさん、こんにちは。この建物、とても古いです。今度この建物について調査したいと思っています。
私のフランスのイメージは、パステルカラー。どうしてなのかは分からないけれど。

2015/07/29 (Wed) 22:09 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。そうそう、南フランスのイメージですね。私は若い時にフランス語を勉強して、遂にものにならなかったことから、少しフランスに臆病になっているかも知れまません。此れではいけない、と今年から少しづつフランスに足を向けてみようと考えています。

2015/07/29 (Wed) 22:14 | yspringmind #- | URL | 編集

yspringmindさん お久しぶりです。暑い暑い日本へ一時帰国しておりました。今年はイタリアも暑いのですね。リヨンも39度ほどあったそうですが、先週大雨が降り 日本に比べるとずっとすごしやすい気温です。
この よろい戸の色も素敵だけど その周りの枠の色が素敵。取り合わせがとてもイタリアっぽい。洗練された感じですね。建物はとても古そうだけれど きちんと手を入れて生活している様子が伺えて 興味深いですね。

思わぬ 植木の到来。きっと福も一緒にやってきていますね。

2015/07/30 (Thu) 13:14 | kimilon #gwcQWeM6 | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、こんにちは。日本に帰国していましたか。お帰りなさい。もっと暑い夏は今までもあったのに、しかし今年の暑さは体に堪えます。暑さが調子に乗っている・・・そんな言い方がピッしたりでした。リオンも39度でしたか。聞くだけでも眩暈がしますね。ところでこの色合いにフランスを感じますが、kimilonさんから見るとイタリアっぽい、ですか。おもしろいですね。この界隈にはこうした建物が沢山存在するのですが日除けにこんな色を使った建物は何処を探したってありません。
猫はこの木の下に居るのが好きなようです。私はこの木の葉っぱを触るのが好きです。置き場所には困っていますが、楽しい共同生活の始まりです。

2015/07/30 (Thu) 21:58 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する