よく似た犬

DSC_0090 small


夏はジェラート。これ無しで夏を語るのは難しい。という程、ジェラートが好きだ。最近は仕事帰りにバスを途中下車して、ジェラートを箱詰めして貰って持ち帰るのが習慣だ。600グラムほど、3種類の異なったジェラートを詰めて貰う。この600グラムと言うのは私と相棒が2晩続けて楽しむことが出来るようにとの計算だ。昨夕の暑さは尋常でなかったが、そのまま家に帰ってしまいたいのを我慢して、途中下車してジェラートを購入した。そうして再びバスに乗るために停留所へ行くと、若い女性と犬が居た。犬は俗に言う雑種。あの犬種とあの犬種のミックスだろうかと思いながら顔を見てみたら、あっと思った。この犬は誰かに似ている。それは私の猫だ。犬が猫に似ているという話も、猫が犬に似ているなんて話も、未だかつて聞いたことが無い。それで確認しようと思ってもう一度見てみたら、益々似ている。大きさこそ違うが、体つきも良く似ていた。あまりにまじまじと眺めているので飼い主が不思議に思って私に訊いた。どうしたの? それで思い切って言ってみた、あなたの犬が私の猫によく似ている、と。彼女は一瞬言葉を詰めらせたが、次の瞬間には大声で笑い、そうかと思えば笑うのをぴたりと止めて、それ、本当なの? と訊き返した。それで携帯電話で撮った写真があることを思い出して彼女に見せると、再び大声で笑い、あら、本当だ! と言った。そのうちバスが来てバスに乗り込む私に、あなたの猫によろしくね、と彼女が背後から声を掛けた。彼女と犬は散歩を続けるために歩き出した。それにしても猫と犬が似ているなんて。まったく、面白いことがあるものだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
いい風船ですね。
元気がいい。

ジェラート。
暑いときいいですね。
まじりけのない素のままのが食べてみたいなあ。まえ、東京に行ったとき、ソフトクリームでおいしいのをウミホタルでいただきました。牛乳をそのままソフトクリームにしたような味。いろんなソフトクリームがあるなかで、さっぱりとおいしかった。
犬と猫が似てるなんて、おもしろい。さぞ、わんちゃんを見つめられたでしょうね。ふしぎですね。そんなことがあるなんて。
ねこちゃんは猫のままですよねえ、どちらかというと犬が猫っぽいのだろうなあ。
おもしろい。

2015/07/22 (Wed) 14:42 | つばめ #- | URL | 編集
ジェラートの効用

6月末にボローニャに1週間ほど滞在しましたが、確かに暑(熱)かったですね。滞在中は雨は一回(夜中の11時、それも土砂降りでしたが)のみで、日中は日差しが強く、徒歩で街中を歩くにはペットボトルの水は必須。旧市街の町中のポルティコの日陰はたいそうありがたいものでした。午後にはほとんど脱水症状になりそうで、体が無性にジェラートを欲するようになります。もともとイタリア人のジェラート好きは有名ですが、これはwantのレベルではなくmustなんだということが実感出来ます。幸いにも街中のあちこちにジェラート屋さんがあり、多くの人が歩きながら食べるか。オープンカフェで渇きを癒していました。日本人の感覚からすると、あの甘味の強さは肥満の原因にならないかと心配ですが、家人に言わせれば、乾燥した暑さには冷たい甘味が最適(体の細胞を湿潤化する効果があるのだそうです)とか、日本は湿度の高い暑さなのでさっぱりした冷たさ(たとえば、シャーベットのような)がより好まれるのだそうです。
yspringmindさんも上手に暑夏と付き合って健康に過ごされますように。

2015/07/23 (Thu) 00:46 | Yutaka Hoshino #rmkBes5Y | URL | 編集

面白いですね。
昔飼っていた白犬(スピッツと柴犬のミックス)に似ていた人がいて、まじまじと見ていたら、ん?なんでしょう?と聞かれて、訳を話したら、やっぱり大笑いしていました。

2015/07/23 (Thu) 02:53 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。風船が好きなんです。街で風船を見かけると心が躍ります。うふふ。
イタリアではどの町へ行っても美味しいジェラートに出会えますが、ボローニャのジェラートの美味しさと言ったら!(かなりボローニャ贔屓ですね。) ところが私の人生の中での美味しいジェラートナンバーワンはイタリアのではないのです。中学生の頃学校帰りに友達と立ち寄ったお婆さんが営むアイスクリーム屋さん。昔ながらの作り方で混ぜ物無しのアイスクリームで、子供ながら大感激でした。
ところであの犬、決して猫顔ではないのですが、うちの猫によく似ていました。うちの猫も決して犬顔ではありません。

2015/07/25 (Sat) 20:10 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: ジェラートの効用

Hoshinoさん、こんにちは。確かに。あの時期とても暑かったですね。雨。え?雨が降りましたっけ? 雨はもう遠い昔の事のように思えます。今ボローニャでは誰もが雨を待ち望んでいるのですよ。
ところで、‟日本人の感覚からすると、あの甘味の強さは肥満の原因にならないかと心配‟と言うのには、あっと思いました。何故なら私はジェラートを甘いと思ったことが無いからです。それは確かに乾燥した暑さには冷たい甘味が最適だからなのかもしれませんね。日本でこれを食したら、渡しでも甘いと感じるのかもしれません。兎に角暑いので毎日ジェラートを食べていますが、汗の量も半端ではないのでこの2か月で2キロ減りました。肥満にはつながっていないようですね。ああ、よかった!

2015/07/25 (Sat) 20:17 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。あっ。例の昔飼っていた犬ですね。あの、汚いとか臭いとかいうとこうべを垂れてお風呂に入っていくあの犬。私、気に入っているんです。
しかし。あはは。犬に似た人ですか。言われた人も、そんな話を聞いた私も同じように大笑いですね。

2015/07/25 (Sat) 20:20 | yspringmind #- | URL | 編集
映画会とにわか雨

私たちが雨に出会ったのはボローニャ滞在2日目6月27日だったと思います。当日はマジョーレ広場で開催されていた映画会の様子を覗いてみました。開演がなんと夜9時45分、延々とさあいさつが続き、上映は10時過ぎ、私が好きなジャンヌモローの「死刑台のエレベータ」だったのですが、さすがに時間が遅すぎで、10時15分頃には退散。その途中で雷鳴を聴いたような気がしたのですが、なんとその20分後くらいから猛烈な雨が降り出しました。広場の観客はどうしたのか、周囲のポルティコに避難したのでしょうか。宿泊先の2階から見下ろすマジョーレ通りでもにわか雨の中で道路を駆け足で横切る若者たちの姿が見えていました。もしかすると局地的な雨でyspringmindさんのお住まい付近には降らなかったのかもしれませんね。翌日の朝方はいっとき涼しくなったような気がします。その後も干天に滋雨はなしですか、大変ですね。ちなみに、私たちは斜塔のすぐ北側にある結構現代的なデザインのジェラート屋さんを贔屓にしていました。いつも込み合っていましたね。

2015/07/25 (Sat) 21:01 | Yutaka Hoshino #rmkBes5Y | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/26 (Sun) 10:20 | # | | 編集
Re: 映画会とにわか雨

Hoshinoさん、成程、6月27日でしたか。あの日は大変暑くて、以上に蝉が鳴いていた晩でした。ところがある時間になるとぴたりと鳴き止んで、妙だなと思っていたらそのうちう大雨が降りだしたのです。あれがまとまった雨の最後でした。山の方では幾度かにわか雨程度のものが降ったと聞いていますが、この辺りではさっぱりです。
ボローニャでは夏になると大きなスクリーンを出して、夜の映画会を楽しめるようになっています。ボローニャでは夕食は8時過ぎがスタンダードなので、映画の始まりも必然的に遅くなるわけですよ。

2015/07/26 (Sun) 22:08 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。鍵コメさんの人生最高のジェラート、とても関心を持ちました。牧場のジェラートと聞いただけで美味しいことが想像出来ました。美味しい思いで、楽しい思い出は記憶から早々消えるものではありませんね。それにしてもジェラートに果物を添えて頂くなんて、素敵ではありませんか。私もさっそくしてみようと思います。其れにジェラートの器にもこだわっていますね。それで私も、とジェラートに相応しい好みの器を探していますが、なかなか無いものですね。これからじっくり探すことにしましょう。

2015/07/29 (Wed) 22:00 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する