ばて気味なのである。

DSC_0011 small


天気が良い。それは喜ばしいことである。例えば冬の暗い季節を考えれば、こんなに陽が長くて明るくて有難い以外の何でもない。例えば春先の連日の雨を考えれば、このからりと晴れた空を喜ばない人は居ないだろう。しかし、このところの暑さには、私は少々ばて気味なのである。

子供の頃、姉と私は夏になると父の姉と妹たちの家に泊まりに行った。彼女たちは若い娘時代に戦争を通過したらしく、それでなのか結婚することなく3人寄り添うようにして暮らしていた。伯母たちの家は目黒線沿線にあって、今でこそ変わってしまったに違いないが当時は下町情緒たっぷりで、わくわくするような場所だった。大通りから中に入ると車など通れないような路地が存在して、其処の暮らしていない私達は迷路に入り込んだように思えたものだ。何時も父と母に連れられて行った。そうして夕方になると父と母は、それじゃあ、と言って帰っていくと私達の夏のお泊りの始まりだった。宿題をするでもない、お手伝いだってしない。私達は伯母たちに甘やかされ放題でご機嫌だった。でも、私達にとって一番のご機嫌の材料はそんなことではなくて、鰻だった。家を出て大通り沿いに5分も歩くと東急という名が泣きそうな地味で質素な雰囲気の場所があって、それはいわゆる市場みたいな場所で魚屋さん、肉屋さん、果物屋さんと、小さな店がぎっしり詰まっていた。其処は伯母たちの行きつけらしく、建物に入るとあちらからもこちらからも声が掛かった。姪っ子さんたちが来たんだね。それじゃあ、今日はご馳走にしなくっちゃ。と言った具合に。そうだ、伯母たちは私達の好物が鰻の蒲焼であることを十分承知だったから、私達が来ると知るや否や、ちゃんと予約注文をしてくれていたのだ。なにしろ美味いことでこの辺りでは有名だった其の店だから、夕方の買い物客で混みあう時間には売り切れてしまうことが多かった。私達はまず、鰻屋へ行った。すると店主が出て来て、それじゃあ、と言って予約しておいた鰻を焼いてくれるのだ。10分くらいしたらまた来るからと言って私達は其処を離れて、果物や野菜やそれから菓子などを買って焼きたての鰻を貰いに行った。あんたたちは食が細いけれど鰻の蒲焼があればご飯を沢山食べる、と伯母たちはそんなことを言って私達をからかったが、全くその通りだと姉も私も思っていた。兎に角、鰻の蒲焼の夕食時は楽しくてならなかった。伯母たちが順々に他界して、あの町に行くことが無くなって長くなる。あの町に何か思い出があるのかないのか、実を言えば自分でもわからない。なのに時々思い出す。駅を出て直ぐにあった角の果物屋さん。その先の右手にあった靴屋さん。伯母たちの家のすぐ近くにあった古本屋さん。お風呂屋さん。それから鰻をぱたぱたと目の前で焼いてくれるあの店。もう、それらのどれもが存在しないのかもしれない。それとも。一度確かめに行こうよ。そう提案したのは姉だった。この夏、帰省した時にでも。とても楽しみにしていたけれど、来年に先送りになった。この夏はボローニャに居ることになったからだ。残念だけど、楽しみが少し先に延びただけだと思うことにすればいい。

ばて気味の時は必ず伯母のところで食べた鰻の蒲焼を思い出す。人間がばて気味ならば猫もばて気味だ。私達は寒がりの暑がり。こんなところまでよく似ている。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
おいしい鰻をぜひ来年食べれますように。
子供の頃のおじさん、おばさんに大切にされた思い出は思い出すとほっとしますね。

ほんと、冬のうすぐらい天気に比べたらどんなにかいいですよね。あー、こっちはまだ梅雨の空。
その上、台風が来ます。

2015/07/14 (Tue) 14:28 | つばめ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/18 (Sat) 02:48 | # | | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、あまりの暑さで夏バテでダウンしてしまいましたよ。冷や汗をかきながら眠りに就いてみた夢は鰻の蒲焼でした。ああ、こんなに鰻が恋しいのかと驚いた瞬間でもありました。
姉と私は伯母さんたちに大切にして貰ったと思います。もうひとりも居ないけれど、あの家も存在しないけれど、ふとした時に小さな事を思い出します。感謝すべきことのひとつです。

2015/07/18 (Sat) 20:06 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: ボローニャ便りを読ませていただいています

鍵コメさん、こんにちは。ボローニャの滞在が実現して、暑い気候の中でも満喫されたようで、私もとても嬉しいです。夏のボローニャは開放的です。私がボローニャに暮らし始めた頃、ボローニャ人には夏型と冬型の性格があると思ったのですが、夏は開放的で寛容、冬は保守的で分厚いボローニャの壁のようです。それは別として、秋冬のボローニャも魅力的です。散策向きの季節と言って良いでしょうか。何しろ歩いても歩いても汗が出ませんからね。今度は日照時間はぐっと短くなりますが秋などどうでしょうか。美味しいものが沢山ある秋ですよ。
ここ1週間ほど恐ろしい暑さが続いています。この暑さに慣れている私ですが、早くも夏バテでダウンです。そう言う訳で更新が滞っていますが、これからもお付き合いお願いします。

2015/07/18 (Sat) 20:14 | yspringmind #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/20 (Mon) 00:45 | # | | 編集
Re: 次回は秋冬のボローニャに

鍵コメさん、こんにちは。時間が自由に使える生活は素敵ですね。それでは次回は秋冬に。ワインがお好きならばその季節が最適です。私はワインが好きですが、夏は暑すぎてワインを楽しむことが出来ないのですよ。困ったものです。

2015/07/21 (Tue) 20:50 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する