6月を待つ心

DSC_0020 small


長雨に悩まされていたボローニャ。どうやらそれにもピリオドを打ったらしく、驚くような快晴。そして気温も上がり始めて6月を迎える準備万端だ。長雨とは言ったが、日本の梅雨のようなものでもなければボローニャの秋の雨のようなものでもない。とても気まぐれで、誰にも予想できなかったこの雨降り。だからこそ誰もがどうしたらよいのか分からなくて手を焼いたといった感じだった。喜んでいるのは植物。毎日の雨で水分をたっぷり吸収した。生命力を誇るかのように緑が濃い。そして生き生きとした赤いゼラニウムの花、白いジャスミンの花、様々な色のベゴニアの花が咲くテラスを一番満喫しているのは猫。毎朝毎夕テラスに出ては気持ちのいい風に吹かれながら花をひとつひとつ観察する。そうしてひと回りしては猫草のところに戻ってきて、やはりこれが一番いいみたい、と猫草を頬ずり怒ったようにむさぼる。何故怒った表情になるのかは未だに分からないが、夢中になるとあんな表情になるのかもしれない。毎日、雨に打たれて鉢の土が跳ねたり、木の葉や花弁が落ちたりして酷く汚れたテラスを一掃するのも、良い気候になった証拠だと思えば楽しいものだ。仕上げにテラスの小さなテーブルと椅子を布で拭いたら、気分がすっきりした。今度の火曜日は満月だから、テラスで鑑賞することにしよう。特別の日の為にとっておいた赤ワインと、そうだ、大好きなチーズを買ってくると良いかもしれない。

昨日は、折角の天気だからと散歩に出た。雨のボローニャよりも晴れのボローニャの方が美しいと思うのは、私だけではないだろう。空が晴れて陽が射すと、ボローニャ旧市街に巡るように存在するポルティコに光と影のコントラストが出来て美しい。私がボローニャに暮らすようになって嬉しく思ったのは、食事が美味しいことでもなければ、ワインが美味しいことでもなく、ポルティコの光と影の存在だった。どれほどの人がそんなことを考えながら歩いているだろうか。この町に生まれて育った人は、そんな様子を見慣れていて、何とも思わないのだろうか。そうだとしたら私は異国人で良かったと思う。見慣れ過ぎていて、その存在が当然化していて美しさに気が付かないなんて、あまりに残念すぎるもの。今週末はロングウィークエンド。来週火曜日が祝日だから、ついでに月曜日も休んで4連休を楽しみましょう、などと言う人が多い。勿論中には私のようにカレンダー通り仕事に行く人もいるわけだけど。兎に角、そんな訳で別の町からの訪問者が目立つボローニャの旧市街。様々なイタリア語が聞こえる。イタリア語だけれどアクセントが違ったり、語尾が微妙に違う会話に耳をそばだてながら歩くのはなかなか興味深い。美しい運河の町、ヴェネツィアから来る人々の目にボローニャはどんな町に映るのだろう。着こなしが何処となく洗練されたミラノから来る人達の目に、花のように美しいフィレンツェから来る人達の目に、どんな風に映るのだろう。そんなことを考えてみたが、多分こんなことかもしれない。なかなか住み易そうな町だ。でもやっぱり自分の町が一番いいな、と。誰だって自分の町が一番いい。例えば私がどんなにヴェネツィアを美しいと称えても、やはり暮らすならボローニャがいいのだ。私はボローニャ人ではないけれど、長年暮らしているうちにそんな風に思うようになった。
大通りと並行に走る細い道に新しい店を見つけた。以前は何だったのか、いくら考えても思い出せぬ。そして今度の店も色んなものが置かれていて、一体何屋さんなのか分からない。中が工房になっているような、それともそれが内装のひとつなのか分からないが、テーブルの前に男性か腰かけて何かを読んでいる。いや、読んでいるように見えるだけで何かをしているのかもしれなかった。いつもなら中に入って店主と話をするけれど、邪魔をしてはいけないような気がして、そっと一枚写真を撮った。この次は中に入ってみようと思いながら。

赤いゼラニウムの花。この花が咲くと初夏がやって来る。少なくとも私にとって、赤いゼラニウムの花はそんな存在だ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
ポルティコは天井が高いですね。
日差しが明るく気持ち良さそうですね。

色んな街から、世界中から人がやって来るのですね。
建物自体は、保存されて変わらないのでしょう。なん百年前の建物に住めるのでしょうね。変わるところと、変わらないところ。
ゼラニウム、うちにも植えています。赤とピンクです。


2015/05/31 (Sun) 15:04 | つばめこんにちは、yspringmindさん #- | URL | 編集

6月になりましたね。ヨーロッパが一番美しい季節。テラスにいろいろな花が咲いて 長い長い日をゆっくりワインで楽しむ。そんな季節ですね。今週は暑くなりそうとの予報。私も週末田舎暮らしが待ち遠しい季節です。街のカフェでビールっていうのも 楽しいんですけどね。では いい1週間をお過ごしくださいね。

2015/06/01 (Mon) 08:15 | kimilon #036/uE16 | URL | 編集
満月

yspringmindさん、こんにちは。
6月になりぐいぐいと気温が上がりスローペースの行動になっちゃいます。

新しいお店外観は引きつけられますね!ガラスのウィンドーから見える蝶々のモチーフでしょうか?糸で仕上げてるように見えますが、キュート!
ベストな画像魅力的なボローニャの街並が伝わってきますよ。

明日の夜は満月!!!綺麗になったテーブルの上にワイングラス&チーズとっても、贅沢な時間が少しずつ流れますね。目に入る街の風景全てが心豊かにしてくれるように感じます。

2015/06/01 (Mon) 13:28 | すみれ #GYxcADzc | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。ボローニャのポルティコには様々な種類があります。天井が妙に高いものもあれば低くて閉塞感のあるもの、木製で味わいのあるものもあればフレスコ画が描かれているものもあります。それらを観察しながら歩くのは、とても楽しいことです。ヨーロッパと言うところは、古いものを大切にするのが当たり前みたいな感じがあって、ですから建物を壊すなんてことはあまりなく、例えば壊すにしても市の許可をとるのに大変な労力と時間を要して、結局許可が下りないこともあります。勝手に壊すと罰金で、壊した後に建物を建てる許可が下りなくて散々な目に遭います。日本からは考えられない事でしょうね。

2015/06/02 (Tue) 15:14 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、こんにちは。6月になって急に初夏のような気候になりました。まさにヨーロッパが一番美しい季節kimilonですね。こんな季節にテラスでの時間、屋外の時間を楽しまなくてどうしましょう。うちではテラスを一番満喫しているのが猫で、そんな猫を交えて今夜はお月見なのです。いつ開けさせて貰えるのかと待ちに待った赤ワインとトリュフいりチーズ。ああ、パンを買っておくのを忘れたけれど、まあいいでしょう。kimilonさんは田舎にお家がありますから、この季節が待ち遠しかったでしょう?楽しんでくださいね。

2015/06/02 (Tue) 15:19 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 満月

すみれさん、こんにちは。昨日今日と素晴らしい快晴で、午後は全く力が入りません。特に今日のように祝日で家に居ると、猫じゃないけれどごろりと横になってしまいたくなる・・・。良い季節の証拠ということにしておきましょう。
この店のディスプレイはとても面白くて、一体どなたが…まさか中に居たあの男性が・・・などと想像を掻きたてて止みません。ふと思い出したのですが、アムステルダムの町を歩いていると出くわすような店に雰囲気が似ていました。
昨夕、雨が降って再びテラスが汚れたので午前中のうちに掃除をしました。素晴らしい快晴なので今夜は満月が綺麗に見えることでしょう。

2015/06/02 (Tue) 15:37 | yspringmind #- | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。

古いものを大切にするのがあたりまえなんて、すてきです!
いまの日本では考えられませんね。
天国と地獄の音楽でもかけたように、変わるのがあたりまえ。
いまなんてね、どの物事なんでも、過渡期らしいです。大体どの分野もここ数年が勝負と言われてます。例えば、経済、学校、農業、などなど。そちらでは、そんな雰囲気がありますか?

わたし、思うんですけど、やっぱり哲学など数千年と模索してきた歴史が違いますよね。どーんとしてるというか。
日本には日本のいいところもありますが、良くしようとするあまり、大事なことを忘れないでほしいし、変わらないところは変わらないでいいと思うんですよね。困った事態にもうなってしまって動いたって遅いんですよねえ。なんで、こんなにばったばったしてるんでしょう。
大概の解説番組では、ヨーロッパのどこそこでは30年前くらいから徹底的に調査して、こうすると決めたとかいってますね。分かってるなら、いいところは早く真似る、独自性を保っところは守るかしてほしい。まず、そうなってしまう前に議論がないんですよね、そちらのように。
パッションを強く持つのが、なんか格好わるいと思われてるような、やおい雰囲気の方がいいような、ながされてしまった方がいいような。
同じ地球上にいて、なにがどう違うのか知りませんが。
同じ地球上にいるんですよね。
基本の価値観は変わらないと思うんです。



2015/06/03 (Wed) 14:39 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。
イタリアも、ここ数年変化を遂げています。しかし、此処と言うところは老いも若きも知っていて変えてはいけない、若しくは変えたくないと思っているようです。その分、遅れている点もあって発展につながらなかったりもするのですが、私は発展するだけが良いこととは思うのですよ。
何がよいか悪いかに関しては、100人居たら100の意見と考え方があると思うのですから、一言では言い表せないのかもしれません。だから面白いのかもしれませんね。

2015/06/03 (Wed) 22:38 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する