不思議

DSC_0008 small


夕方が明るい。寄り道が楽しい季節になった。それなのに、近ごろ何だか忙しくて、寄り道している時間がない。何がそんなに忙しいのか、本当のところ自分でもよく分からないけれど。

世の中には不思議なことがあるものだ。自ら求めなくとも、向こうの方から突然やって来る。私には時々そんなことがある。私が初めてアメリカを訪れたのも、そうだった。別にアメリカへ行きたいと思って旅行会社へ行ったわけではなかった。少し時間があったから、そして外があまりに暑かったから、ふらりと近くの旅行会社に立ち寄ったみただけだ。ぶらぶらと見て回るだけの客が案外多く見受けられる店内には、様々なパンフレットが並んでいて、私はそのうちの一冊を抜き取って眺めていた。どんな写真が載っているのだろうなどと思いながら。すると見覚えのある風景が載っていた。私がまだ中学生になったばかりの頃、やはり旅行会社のパンフレットで見た写真と同じ場所だった。私はそれが何処なのか知りたくて、丁度通りかかった旅行会社の人に声を掛けたのだ。別に旅行をしたいと思ってパンフレットを手に取った訳ではなかったのに、急にその場所を自分の目で見たくなって、直ぐに航空券とホテルを手配して貰った。旅の道連れは無く、英語もろくにできないのに一人旅に出た。と言っても小さな勇気があれば誰にだってできたことだっただろう。そうして私は写真で見たあの場所を見ると、やっとここに辿り着いた、と思った。そんな風にして私はその街を訪れて、瞬く間に街に恋をした。それから数年経って、私はその街に暮らすようになった。あの日、旅行会社に立ち寄らなければ、あの街を訪れることも暮らすことも無かっただろう。そう思うと、やはりそれは不思議なことで、求めずとも、向こうの方から飛び込んできてくれたのだとしか考えようがない。
私には若い友人が居て、彼女との出会いもそんな不思議のひとつだった。其れは私が撮った写真がきっかけだった。沢山の年齢差にも拘らず、時々お喋りを楽しむようになった。でも、不思議はそれに止まることは無い。一度に不思議を発見することは無かったが、例えば、小さな小箱の蓋をひとつ、そしてまたひとつ開けるみたいにして、彼女と私の不思議が発見されていくのである。私と彼女がそんな不思議を求めた覚えは無い。不思議が自らやって来た。やはりそう呼ぶしかないだろう。世の中には理論的なものが沢山あるけれど、私はそれらでは説明し難い不思議が大好きだ。いつ何が起こるかわからない。それを楽しみながら生活出来たらよいと思う。

猫と私はよく似ている。寒いのが苦手なところ。だから春の到来が嬉しくて仕方がないところ。月を眺めるのが好きなところ。窓辺に立って、朝日に光る腕を大きく広げたような樹木を眺めるのが好きなところ。そもそも猫とはそういう生き物なのかもしれないけれど、それにしても気が合うので、私達の共同生活は桁外れにうまく行っていると言って良いだろう。そんな些細なことも幸運に思える。月が美しく輝いている。限りなく満月に近い月だ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。
自然な光があたたかい写真ですね。壁がオレンジがかった乳白色なのも、路地を明るくする工夫なのかな。
自然と向こうからやって来る不思議。そういえば、わたしもそうですね、最近はないですが、そんな感覚を感じ取っていた時期が、かなりかなり前にありましたよ。そういう感覚は、そうですね満足感につつまれていればやって来ていた気がします。
yspringmindさんは、旅行で大好きな場所を見つけられた。ほんとに不思議。旅行会社に行かれなければ、なかったことですね。
アメリカかあ、わたしも英語を習い始めた中学の時によく「アメリカに行きたい。」自分でも意味がわからず感覚的に言ってました。子供なりの何か直感みたいなものがあったのかな。
アメリカ。自分が好きだなあと思う場所。そういうところに出会えることがやって来る。いいなあ。

2015/04/03 (Fri) 16:44 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。ボローニャの壁がこんな橙色な理由は、未だによくわかりません。ただ、市が指定した色であることだけは確かです。そしてボローニャの人達は、こんな壁の色を嬉しく思っているのだと思います。
私は自分で手に入れた喜びも沢山ありますが、向こうから不意にやって来る喜びも沢山あると感じています。ただ、そうした喜びは、その瞬間には分からないことが多く、少し経ってから、ああ、そうか、と分かるのですけどね。多分誰にでもそんなことがある筈。気が付かない人もいるのかもしれないけれど。

2015/04/04 (Sat) 17:55 | yspringmind #- | URL | 編集

素敵な写真ですね。
PCの壁紙にしちゃおうかな。

yspringmindさんの写真は赤から黄色までのグラデーションがとても綺麗で(ボローニャの街と空気の色)、私もこの街の色に染まってみたいなとワクワクしています。
yspringmindさんのブログをプリントアウトして、ガイドブックにして。笑

不思議と言えば、アメリカ時代にyspringmindさんが素敵なコートを洋服屋さんで見つけて、しばらく経ってお店がなくなってから、たまたまそのコートを着ていた女性と出会ってお話しをしたというのが、私は好きです。
凄く素敵な体験ですよね。

2015/04/04 (Sat) 18:04 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。宜しければPCの壁紙にどうぞ。 ボローニャの街がこんな色なのですよ。ボローニャに来たら分かります。ははあ、成程と納得するでしょう。そうして歩いている私達もこんな色に染まっているのかもしれませんね。
コートの話、よく覚えていてくれましたね。ありがとう。よく考えれば、あれも不思議なことのひとつですね。でももっとよく考えれば、不思議なことは案外身近に沢山あるのかもしれませんよ。多分私にも、micioさんにも。

2015/04/05 (Sun) 22:41 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する