春だ、春だ。

DSC_0016 small


長い一週間の締めくくりは、心待ちにしていた晴天。今朝は腹をくくって朝寝坊したのだが、窓の外に空の明るさと暖かい空気を確認するなり、朝寝坊を悔いた。こんな日は、早めに起床して一日を満喫するのが一番なのに。しかし沢山体を休めたから、疲れも、扁桃腺の痛みも克服したようだった。私の扁桃腺は疲れとセットである。世の中には風邪やインフルエンザに罹るときだけ扁桃腺を腫らす人が居るようだけど、私の扁桃腺の場合、それ以外の時も、例えば無理をしてしまった時、例えば精神的にがっくりきて疲れたと感じた時にも、なのである。繊細と言えば聞こえがいいが、当の本人は大して繊細ではないから、そんな扁桃腺に時々腹をたてたりするのだ。

クリーニング屋の前を通りと女主人が大きく手を振ってくれた。時計を見ればもう直ぐ店を閉める時間だった。恐らくこれから田舎に車を走らせて、両親から受け継いだ家に行くのだろう。こんな天気の良い週末だから。彼女の夫は釣りに出掛けているに違いない。普段は妻と一緒に仕事をしているが、天気が良いと仕事を妻にすっかり任せて釣りに出掛けてしまうのが夫の難点なのだ、と随分前に彼女が言っていたから。色んな形の夫婦が存在するが、私はクリーニング屋の夫婦が大好きだ。
ボローニャの旧市街は人で一杯だった。その様子は、春だ春だと春の光を求めて土の中から這い出た小さな虫たち、と言った感じで、私もまたそんな虫の中の一匹なのかと思うと思わず笑いが込み上げてしまう。急に暖かくなって、街のショーウィンドウに飾られている春物が目に楽しい。其の中でも、私は帽子屋のそれに心を惹かれた。以前まで、ボルサリーノ帽子店があった場所に、別の、やはり老舗が其処に納まってから一年が経つ。長く帽子店で働いていた眼鏡を掛けた店員は次の老舗にも気に入って貰えたらしく、今も此処で働いている。店が閉まると決まった時、大変心配していた彼だから、此処で働けることになったことを喜んでいるに違いない。私はと言えば、ボルサリーノの帽子が好きだったから、と言っても、専らショーウィンドウを眺める観客的存在だけれども、店が閉まったことを今でも残念に思っている。新しく入ったこの老舗が良くないと言っている訳ではないけれど、そしてこの店にも素敵な色々があることを認めているのだけれど。そんな私を周囲の人達は、私の好みは習慣化され過ぎていると言う。そして、そうだ、拘り過ぎずに、もっと自由で良いのだ、と、私も知っているのだけれど。
鮮やかな色の帽子が宙を飛んでいる。私には到底似合いそうに無い色の。私はもっとシンプルがいい。シンプルな自分にピッタリな。其のままの自分で居られるような。

明日、目を覚ますと夏時間だ。もうそんな時期になったことを、私は心から嬉しく思う。活動開始の春。やはり私は小さな虫と同じなのかもしれない。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは、yspringmindさん。

なんと、かろやかな帽子。しかも、ショーウィンドーがひろびろ、はるか遠くまで帽子が飛んでいますね。前のお店がどんなのかも気になりますが、はー、こんな帽子を被る人はどうどうとしてるのかな。

イタリアの帽子はもっと質実で地味かと思っていました。古いかもしれませんが、ニューシネマパラダイスのような。

クリーニング屋のご主人もさぞや釣り三昧できるお日よりなのですね。

春のあたたかい雰囲気がこちらにも伝わって来ましたよー。

2015/03/29 (Sun) 15:50 | つばめ #- | URL | 編集

台風のような嵐の後、急に春が来ましたね♪
暗い色のコートは全部クリーニングに出して、週末から明るい色のコートばかり着ています。また寒くなったらどうしよう(笑

この冬は暖冬すぎてお気に入りのボルサリーノの帽子の出番がありませんでした。ボローニャには不適切なフェルト生地で、そんな気難しいところも好きなんですが。
私も大好きでしたよ、ボルサリーノ。閉店してしまって本当に残念。

2015/03/30 (Mon) 14:17 | erieri #mQop/nM. | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/31 (Tue) 16:32 | # | | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。実際、自分が被って出掛けるかどうかはともかく、こうして鑑賞するには大変美しい色の帽子たちです。以前あったボルサリーノは、何しろかの有名なボルサリーノでして、シックな美しさ、と言うのがぴったりくる帽子でした。私はどちらかと言えばシックな帽子の方が好きなんですよ。イタリアの帽子、と言うには幅が広すぎるかもしれませんが、上質で美しいです。お値段もなかなか高くて、頻繁に購入することは出来ませんが、こういう上等な帽子を一つ二つ持っていると大変重宝します。
春のような気候ですが、此れもいつまで続くでしょうか。

2015/04/02 (Thu) 23:25 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

erieri さん、酷い風が吹き荒れた後に、春と呼ぶにふさわしい気候がやって来てご機嫌です。でも、私はまだ冬物のコートをクリーニングに出せないでいます。4月に雪が降ったことのあるボローニャですからねー。行きつけのクリーニング屋さんも4月末まで出すのを待っても遅くはない、と言って私がコートを持ち込むのを阻止するのです。
え!今年は暖冬だったって本当ですか。私は帽子抜きの外出はあり得ませんでしたけれど。私は考えているのです。次の冬先はボルサリーノの帽子を求めてミラノまで行こう、と考えているのですよ。

2015/04/02 (Thu) 23:32 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。楽しそうな感じ、伝わったようですね。
この季節の日本は桜が咲いて本当に美しいですね。私の覚えている日本の桜は歳月を経て色褪せてきています。そろそろ春の日本に足を踏み入れたくなりました。桜は昼間も美しいですが、月に照らされた夜の桜は神秘的だと思います。ところで美術は何処の国の物も素晴らしいですが、日本の美術品はきらびやかではないのに輝いて見えますね。そうだ、夏に日本に帰ったら麹町の陶器のギャラリーを訪れてみよう、と思いつきました。勿論そのギャラリーが今も存在するならば、ですけれど。

2015/04/02 (Thu) 23:40 | yspringmind #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/03 (Fri) 16:52 | # | | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。私は名所とかにはあまり拘りが無く、ごく身近な場所で十分満足できるので手間が掛からなくて良いと皆に喜ばれます。そもそも名所は人が多くていけません。其れよりも近所の川沿いとか、公園とか、人の家の庭に咲く桜とかを堪能するのが好みです。でも、日本の桜の花は美しいですね。やっぱり桜は日本で見たい。長年の夢です。
私は古いもので手入れされながら使われてきたものが大好きなのです。だからどこへ行っても店を回ったり骨董品市を見て回ったり。本当に時間がいくらあっても足りませんよ。と言っても1600年程のアンティークを手に入れたいと思ったことはあまりなくて、1700から1800年代の物が好きです。私は思うのですが部屋中がアンティーク竦めだと息が詰まってしまう。だから現代的なベッドルームや居間にふたつほどアンティーク家具を置くのが好きです。若しくは、鍵コメさんが言うようにアンティークの家具に現代美術のアート。私もそれは大変格好いいと、同感です。意見が合いましたね。

2015/04/04 (Sat) 18:02 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する