記憶の引き出し

P1010682 small


雨が降ると言われていたのに降らずに済んだ月曜日。月曜日と言うだけで憂鬱なのに、其の上雨が降ったらどうしようもない、と思っていたから嬉しい以外の何者でもない。夕方は美しい夕焼け空だったから、明日も晴天に違いない。いや、是非とも晴天になって貰おう。
猫が予防接種を受けに行った。別に自ずからのこのこ歩いて注射を受けに行ったわけではなく、勿論相棒が獣医さんに連れて行ったのである。相棒の話によれば、人間に打つような注射を首の裏側に打ったらしい。猫は生まれて初めての注射にちょっとしたショックを受けたらしいが、見ていた相棒の精神的ダメージの方が大きかったのではないかと私は察している。家に帰ってくるなり猫も相棒もソファの上に項垂れて寄り添って昼寝をしたそうだから。予防接種はひと月後にもう一度行われるらしいが、うちの猫と人間の顔をした大型猫は共に獣医さんに行くのを渋るだろう。

私は昔から人を覚えるのが得意だと思っていた。一度会ったことのある人、一度言葉を交わしたことのある人。其ればかりでない。その時の状況や、どんな匂いがしたとか、どんな感じの風が吹いていたとか、木の影が路面に落ちていたとか、音、そう、どんな音が聞こえたとかもこまごまと覚えていて、家族にどうしてそんなことばかり覚えているのか、もっと覚えるべき大切なことは沢山あるだろうと窘められたものである。でも、私にとってはそれらも大切なことで、記憶の引き出しにとっておきたいようなものばかりなのだ。だから、20年振りくらいに街ですれ違って、ねえ、あなた、私たちあの時お話ししたわよね、なんてこともあって、相手を酷く驚かしたりするのである。でも、二度ほどすっぽりと記憶から抜けていて、相手を大変悲しませたことがある。
一度は私がまだ13歳の頃。私は夏になると山にキャンプへ行くのが好きだった。教会が主催する子供のキャンプで、方々からやって来る同じ年齢の子供たちと一週間共に過ごすことを、毎夏楽しみにしていた。そこで私は同じ年にしては落ち着きのある女の子に声を掛けられた。私の名前を知っていて、3年前にここで私達は仲良くなったのだという。ところが相手の名前を聞いても、どんなに顔を眺めてみても私の記憶からすっぽり抜けていて、彼女を悲しませてしまった。ごめんなさい。ごめんなさい。私はすぐに忘れてしまうお馬鹿さんなの、許してね。私はそう言って彼女に詫びて、もう二度と忘れないように沢山お話をしようと提案した。私達はとても良い友達になって、それから高校生になるまで頻繁に手紙や電話を交わしてものである。でも未だに私には分からないのだ。どうして彼女が私を知っていて、私は彼女のこれっぽっちも覚えていなかったのか。
二度目は大人になってから。私がフィレンツェのオフィスで働いていた頃だから15年前位の事だろうか。ローマのオフィスに電話をしたら、電話に出た日本人女性が私の名前を聞いて歓喜をあげた。久しぶり。久しぶり。もう一度話が出来るなんて嬉しいわ。それで相手の名前を訊ねてみたが、私の知人友人リストにはない名前だった。彼女はがっかりしながらも、どんな風に私達が出会ったか、何時頃、何処で、とこまごまとした説明をしてくれた。此処まで明快ならば、多分私達は本当に知り合いなのだろうと、それから私達は仕事を通じて親しくなった。彼女がイタリアを去る少し前に、折角また会えたのに離れ離れになってしまうといった言葉が心に残った。彼女にとって私はそんな存在だったのかと思ったら、彼女のことを思えだせずにいた自分があまりに残酷で憎かった。
どちらも私の辛い思い出である。だから私は、もうそれを繰り返したくないと、どんな小さなことも忘れずに記憶の引き出しやら、記憶のポケットにしまっておこうと思うのだ。自分が悲しい気分になるのはまだいい。でも人に悲しい思いをさせるのはもう二度で充分だ。

獣医さんによると猫は少々太り過ぎとのことである。そうかなあ。そうかなあ。猫と私は胴回りの肉付きが気になって仕方がない今夜なのである。


人気ブログランキングへ 

コメント

猫と大型人間型猫さんは きっと 家に帰り着いてドット疲れが出たんでしょうねえ。目に見えるようです。ソファの上の姿が。うちの猫は 雪山で少し長めの週末を過ごして帰ってきた私たちを見て うれしくて大騒ぎをした挙句、今朝 入り口のカーペットに 粗相をしていました。娘がサヴォアで買ってきた 美味しいフロマージュの端っこをこっそり食べさせたのも 一因のようです。留守の間は 隣人にお世話を頼むのですが、やはり家族は家族なのでしょう。

記憶というのは面白いものですね。同じ出来事でも、全然ちがう風に記憶しているなんてこともたびたびありますよね。それにしても、年とともに 記憶力が落ちているのを感じているのは わたしだけでしょうか。。

2015/02/24 (Tue) 10:35 | kimilon #036/uE16 | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
ねこちゃんは、注射にびっくりでしたねえ。
相手がとてもよく覚えていてくれるのはうれしいですね。2人が、よく覚えているのにまったく覚えがないのも不思議ですね。
今日は、一日雨の日でした。

2015/02/26 (Thu) 09:10 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、こんにちは。どうやら猫と大型猫は何時もしていない珍しいことに弱いようです。3月の注射の日の様子が手に取るように想像できます。kimilonさんの猫ちゃんは家族が休暇から帰って来て嬉しかったんでしょうね。嬉しくて大騒ぎして、粗相をしてしまったなんて、多分本人もしまった!と思ったことでしょう。無邪気で可愛いではありませんか。ところでチーズ類はお腹に良くないようですね。うちの猫はチーズの匂いが大好きですが、うっかり欠片などを食べてしまうと、翌日お腹の調子がよくないです。ということで、いつも匂いだけお裾分け。
記憶力については私も全く同感で、もう、数年前のようにはいかないようだと認めざるを得ないこの頃なのです。

2015/02/26 (Thu) 19:46 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。猫も相棒も注射にはびっくり仰天だったようですよ。あんなに大きな注射だとはねえ、と。
あのふたりがあれ程明確に覚えているのに自分は全く覚えていないことに、私自身大変なショックでありました。記憶からぽっかりそのことだけが抜けてしまっていることに。彼女たちには本当に残念なことをしてしまいました。
私は扁桃腺を腫らせて熱を出して二日間寝込んでました。それに反して外は良い天気で。何だかもったいない2日間でしたよ。

2015/02/26 (Thu) 19:51 | yspringmind #- | URL | 編集

扁桃腺 腫れひきましたか?この季節 お天気の日に病気だと損した気分になりますよね。

2015/02/27 (Fri) 08:56 | kimilon #036/uE16 | URL | 編集
Re: タイトルなし

kimilonさん、扁桃腺はなかなかしぶといです。こんなお天気なのに、今週末は家で休養となりそうです。ああ、残念。

2015/02/28 (Sat) 00:10 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する