冬の青空

DSC_0038 small


それにしたって寒いではないか。と文句を言いたくなるほど寒い。寒がりの私をいつも鼻先で笑う相棒をはじめとする友人知人たちでさえ、寒いと言って身を縮める。ということは、本当に寒いということだ。冬の休暇に入ってから曜日の感覚が狂っているが、しかし日にちの感覚は正常に働いているようだ。12月30日。今年も残り1日と言うことだ。寒いが空が青く、日差しが空から降り注いで気持ちが良い。明日は忙しくて時間をとれないかもしれない。今年最後の散策になるかもしれないと思って、しっかり身体を包んで外に出た。

旧市街は賑わっていた。旅行者が沢山いた。ボローニャの其処此処を珍しそうに眺めている様子は新鮮だ。こんな風に好奇心を持って物事を眺める気持ちは大切だと思う。私が他の町を訪れる時に持つ好奇心をボローニャの生活の中にも常に持っていたいと思う。慣れてしまった生活も、そんな心を持っていたら、何か新しいものを見つけたり、気が付かなかっくたことに気づいたりするのかもしれない。つまらないとか、何もないとか思っていたら、目の前にある素晴らしいものを見えないのかもしれない。
塔の下の本屋の前は、人で一杯だった。私は人と待ち合わせをする時、良くここを指定するのだが、こんな寒い日の待ち合わせは少々辛いかもしれない。そんな人々を眺めながら本屋の中に飛び込んだのには訳がある。本屋のショーウィンドウの眺めていたら見つけたのだ。それは随分前にブダペストにある写真館が運営しているサイトが注目していた女性のDVDだ。彼女に関心を持ちながら何となく記憶から流してしまっていたら、別のサイトにこの女性についての映画ことが綴られているのを数日前に見つけて記憶を新たにしたところに、今度はショーウィンドウの中にそれを見つけた。単なる偶然ではないような気がしたのだ。むしろ、私に呼びかけているような気がしてならなかった。ところで本屋の中は最近レイアウトを変えたらしく、元々分かりにくかった店内が更に迷路のようになった。と言ってもそれほど広い店ではないけれど、益々訳が分からなくなったと言って良い。ようやく写真の本棚に辿り着くとひとりの青年の先客が居た。彼は何かを探しているらしく、棚の前を熊のようにうろうろするので、いわば迷惑な先客だった。それで私の探しているものだけど、簡単に見つかると思っていたのに見つからない。それで私も青年同様に棚の前をうろうろすることになった。そうして私は探していた物をようやく棚の下の方に見つけて、あった、と言いながら手にしようとすると、別の手がそれを本棚から抜き取った。青年だった。彼も同じものを探していたらしい。ショックを受けて青年の顔を見上げる(と言うのは彼はとても背が高い人だったからだ) 私を青年は不憫に思ったのだろうか。どうやら同じものを探していたようですね、と詫びるように言いながら、探し物のそれを私に差し出した。しかしこの場合、先に居たのは彼だし、それに私は彼よりもずっと大人なのだし、と私は冷静に考え直して言った。もうひとつ、ショーウィンドウにあるから私はそれを店の人に頼んでとり出して貰うから大丈夫。すると青年は意外なことを言うではないか。いいえ、シニョーラ、そんな面倒臭いことは僕が頼みますから、これをどうぞ。青年は外見はパンクスタイルの、耳に幾つものピアスをつけて、やたら銀色のチェーンをジャラジャラつけていて、髪も酷くぼさぼさだったから、私は彼の言葉に酷く驚いてしまったのだ。どうやら私は彼を外見だけで判断しすぎてしまったらしい。それともやはり、イタリアのことだ、年上には礼儀正しくということなのか。私は有難くそれを受け取って、どうも有難うと礼を言うと、青年は大したことではありませんよと言ってはにかんだ。案外恥ずかしがり屋なのかもしれない。と思いながら、まだ自分が彼を外見で判断していることに気が付いて深く反省した。それにしたって気分がいい。気持ちの良い青年と、関心を持っていた女性のDVD。空は高く青く、まるで昔私が暮らしていた、サンフランシスコの空のようだと思った。昔の友達が恋しくて、サンフランシスコでの生活が恋しくて、時々ボローニャから脱走したくなるけれど、こんな空だ時々見れるならばまだまだ頑張れる。そんな気がした。

先ほど手に入れたDVDを見ようと思って椅子の上にちょっと置いたら、猫がその上に体を横たえて眠ってしまった。幸せな寝顔を見ながら思う。まあ、いいさ、冬の休暇はまだまだ続くのだから。


人気ブログランキングへ 

コメント

あぁ、ボローニャにカメラだけ持って行かなくてはと思わせる写真を今年もたくさん見せて頂きました。
ありがとう。

寒くなりましたが、どうぞ良いお年をお迎えください。

2014/12/30 (Tue) 23:20 | camera-oscura #mQop/nM. | URL | 編集
年末

DVDはなんのお話を手に入れたのでしょう?私は昨日働いてたので、お散歩できたyspringmindはうらやましく感じました。しかしミュンヘン豪雪で外にでようとも雪に埋もれて歩けない必須。家の中にいるのが一番かもしれません。
さすがアルプスの裏という感じでしょうか。


今年もまた一年が過ぎてしまいました。来年も、またどうぞよろしくお願いします。
来年こそは、ボローニャをなんとか訪れたいものです。

2014/12/31 (Wed) 07:48 | inei-reisan #pNQOf01M | URL | 編集
良い年を!

yspringmindさんへ。
こんばんは。お元気ですか・
そろそろこちらはカウントダウンです……。
って、あと6時間チョッとありますが(笑)
年賀状が全然終わりません……何のための休みだか……。
今年も素敵なお話、美しい写真を沢山ありがとうございました。
家族の仲間入りした猫ちゃんも嬉しい話題でした。
素敵な年明けになりますように。
来年も宜しくお願いいたします!

ブノワ。

2014/12/31 (Wed) 09:30 | ブノワ。 #kZkdgmoI | URL | 編集

yspringmindさん、こんにちわ。
大晦日の今日は、サンジミニャーノの空も青く冬の太陽が塔を照らしています。
なんだかVOLAREの曲が聞こえてきそうな、口遊みなりたくなるような、
いいお天気だとそれだけで嬉しくなりますね。

毎回、楽しみに読んでいます。
まるで口あたりの良い芳醇なワインのような文章で、穏やかな気持ちになれます。

yspringmindさん、健康でより多く楽しい時間が過ごせますように。
よい年をお迎えください。AUGURI!!!




2014/12/31 (Wed) 10:29 | サンジ #- | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
まさしくそうですよね、慣れてしまうのは生活だから仕方がないけど、やはり好奇心は持ちたいですよね。ほんと、おっしゃるとおりですよ。
yspringmindさんのサンフランシスコへの想いは大切な宝物ですね。もうそれは、わたしもいたいほどわかります。だれでも持ってることかもしれませんね。不思議とその場がどんなによかった、自分に合ってた所というのは、調子がいいときはわからないのですよね。わたしもバシバシそんなことありました。
でも、yspringmindさんは、そこにいらっしゃる。それだけですごいですよ。わたしは逃げ出しているところ。まあ、いいのです。いずれはおちつきます。つらいときというのは、驚くほど涙も出ません。涙が出るのは、あれはあまりつらくないのですよね。それを初めて知りました。
そういえば、さっき塩野七生さんのルネサンスについてやっておりました。街を散策しながらね。国の特徴や時代は違っても、人のやってること考えてることはあまり変わらないらしいですね。そういうことは、yspringmindさんの雑記帳を読んで返事をもらっても、そうなのねと感じます。それにしても、そちらの国を観光している人々のラフな格好での散策の様子はほのぼのとしてるように映るのですがね。
カフェの店員さんも、たららーんといい意味で力が抜けてるようにね。まあ、どっちもどっちかな。まあ、まあ。
よいお年を!!

2014/12/31 (Wed) 15:02 | つばめ #- | URL | 編集

 確かにここは待ち合わせにはとてもいい場所だと思います。この辺りから裏道へ受けていく辺にいろいろおもしろい店がありますよね、、、本屋が生き残っているのをみるとホッとします。
 yspringmindさんにとって実りある年でありますよに、、、それにしても寒いです、、、

2014/12/31 (Wed) 15:29 | レオナルド #RwH1dyjc | URL | 編集
Re: タイトルなし

camera-oscuraさん、こんにちは。今度ボローニャに来る時には是非声を掛けてくださいね。ちょっとどこかでお茶でもしましょうよ。
全く寒くなりました。元気に今年を終えることが出来て感謝です。希望に満ちた新年をお迎えください。

2014/12/31 (Wed) 15:38 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 年末

inei-reisanさん、こんにちは。DVDのタイトルはFinding Vivian Mayerです。ドキュメンタリー映画なんですよ。見たことありますか? 随分前にこの人のことを知って興味を持っていたのですが、ようやく手に入れました。この冬の休暇中に堪能する予定です。近くに住んでいたら回したいところなんですけれどね。
ところでミュンヘンは豪雪ですか。大変ですね。ボローニャも雪が降るようになりました。積もりはしないけれど、今朝も雪が降っていて。だから散歩は出来る時にしておかなければ、と思うのです。
今年もありがとうございました。来る年もお付き合いお願いいたします。ボローニャにぜひ足を延ばしてくださいね。

2014/12/31 (Wed) 15:46 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: 良い年を!

ブノワさん、こんにちは。日本はもうじき元旦ですね。其れに間に合うように急いで返事を書いているのですよ。残り9分しかないんですけれど。
今も年賀状を送る習慣を守っているブノワさん、素敵じゃないですか。大変だけれど、やはり年賀状はよいものですから続けてくださいね。
こちらも今年もお付き合いいただきましてありがとうございました。猫は目を見張るほど成長が早く、うちに来た頃の2倍の長さになりましたよ。ちょっと成長が早すぎやしないかと心配しているところです。
希望溢れ酢素晴らしい新年をお迎えください。これからもお付き合いお願いします。

2014/12/31 (Wed) 15:54 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

サンジさん、こんにちは。サンジミニャーノでは青空ですか。素晴らしいですね。こちらは予報が大きく外れて雪が降ってしまいました。この冬2度目の雪です。積りはしませんが・・ああ、大みそかに青い空のサンジミニャーのが羨ましい。天気に左右される人間なので、青い空があると無いとでは、随分気分が違うのですよ。
今年は忙しさにかまけて雑記帳の行進がおろそかになりがちでした。楽しみにしてくださる人が何処かに居ることを知るのは嬉しいものですね。感謝です。
元気で、心豊かな新しい年がありますように。これからもお付き合いお願いします。

2014/12/31 (Wed) 16:00 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。ああ、日本はもう来年になってしまった!今年中に返事を書こうと試みたのですが、タッチの差で駄目でした。ごめんなさい。
過去にこだわりすぎるのはよくないのかもしれないけれど、私にとってあの町は、良いことばかりでなく悪いこともすべてひっくるめて、一番自分らしく生活できる町でしたから、いつも心の何処かに仕舞っておきたい、そんな町なのです。本当にう戻るかどうかは誰にもわかりません。ひょっとしたらボローニャに一生居るのかもしれません。でも其れはそれで良いのかもしれませんね。つまり私がボローニャを儒分の棲み家として受け入れたということなおですから。あ、涙はね、本当に辛い時には出てこないものだと私も思います。涙を流す余裕もないということなのかもしれません。
良いことも悪いことも含めて、私は当分ボローニャで頑張ります。近いうちに是非ボローニャにいらしてください。素晴らしい一年になりますように。これからもお付き合いお願いします。

2014/12/31 (Wed) 16:10 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

レオナルドさん、こんにちは。此処は分かり易くてとてもいいけれど、冬は寒く、夏は日陰ひとつなくて暑い、待ち合わせ場所なんですよね。私はこの背後の小道をふらふらするのが好きです。色んな店が消えていきましたが、この店だけはなくなってもらいたくないですね。
ええ、寒いんです。今日も雪が降りました。そんな寒さにも負けずに、新しい年に向かいましょうか。これからもお付き合いお願いします。

2014/12/31 (Wed) 16:13 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する