喜びの日

DSC_0025 small


外は酷い寒さ。日に日に寒くなっていく。でも、ゆっくりと起きてゆっくり朝食を楽しむならば、冬も案外悪くない。縫物をしたり。仕事に出掛けた相棒から電話を貰って、いつものバールに来ているからちょっと家から出てきて一緒にカップチーノでもしないかと誘われたり。いつも昼間はひとりで留守番をしている猫は、私が仕事に行かないのを不思議に思っているようだ。今日から2週間の休暇だからね。などと説明してみたが、さて、理解できただろうか。何を言っているのさ、などと思っているのかもしれない。それにしても暖房が程よく利いた家の中で過ごせるのは何て有難いことなのだろう。そんな風にして私の冬の休暇は始まった。

先日、道を歩いていたら正面から大きな声を掛けられた。私の名前を呼んでいるのだが、私はその人に見覚えが無かった。眼鏡を掛けていなかったから、というよりも、前方から自転車でやって来る男性に見覚えが無かったのだ。誰だろう。男性は私の前で自転車を降りて、やあ、元気だったかい、と言った。改めて見てみると、それはこの界隈に住んでいるシルヴァーノだった。彼を知ったのはいつものバールで、もう7年くらい前のことだ。仕事をしているのかしていないのか、兎に角毎日バールに来ている、早く言えば常連中の常連、と言うことらしかった。その彼は数年前からバールに来なくなり、道端でも姿を見かけなくなった。どうしたんだろう。時々誰かがそんなことを言っていたが、彼の消息は手に入らなかった。私が何故シルヴァーノと分からなかったかと言えば、彼がすっかり痩せて、そして髪がすっかり白くなっていたからだ。すっかりおじいさんになっていた。其れほどの年でもないのに。元々薄かった頭髪の前方はすっかり禿げ上がり、よく見たら額のところに大きな縫い目が。私は驚いて、手術でもしたのかと訊くと、彼は大きく首を左右に振った。そうして彼は語りだした。私の知り合いにはボローニャ市内の家で普段は生活しているが週末や休暇用の山の家を持つ人が多く、彼もまた休暇の為にアペニン山脈の小さな村の山の家に行っていた。山道を歩いていたそうだ。すると急に道が崩れて彼はまっさかさまに転落したのだそうだ。額を20針も縫う程の大きな傷を作り、そして頭の血管が切れたり胸の骨が折れたりと大変だったらしい。でも、と彼は言う。死んでもおかしくないほどの事故だったのに、今もこうして生きている。神様はまだ僕を地上で修業させたいようなんだ。彼はしみじみとした顔で言った。そうね、死んでもおかしくない事故だったのに、今もこうして生きていて、自転車のペダルをこいでいる! 私がそう付け加えると、ああ、本当だ、自転車に再び乗れるなんて、あの事故が起きた時には誰にも想像出来なかったのに! と、まるでたった今、其れに気が付いたように、彼は嬉しそうに笑った。私達はクリスマスのお祝いの挨拶をかわし、また近いうちにバールで会う約束をして別れた。彼は嬉しそうに自転車、自転車と言いながらゆっくり向こうに消えて行った。彼にそんなことが起きていただなんて。私はもう一度驚き、そして今も元気に生活していることを知って嬉しく思った。何が大切って、やはり元気に生活することが一番大切。日常生活も豊かさも仕事も何もかも、元気でなかったら何の意味もない。つい忘れてしまいがちな健康のことを、もう一度感謝しようと思った。

今年もクリスマスを迎える喜び。この日を元気に迎えることが出来る喜び。猫は居間に飾られたクリスマスツリーを遊び道具か、それとも自分へのご褒美か何かと思っているらしい。毎日天辺まで上り詰めては私と相棒に嬉しそうな笑顔を向ける。おかげでツリーは疲れ気味でほんの少し傾いているが、猫が楽しいのなら、まあいいか。猫にとって初めてのクリスマスなのだ。

Buon Natale.
地球上のすべての人に喜び溢れるクリスマスがありますように。


人気ブログランキングへ 

コメント

お久しぶりです

季節は すっかり真冬になってしまいましたね

寒い冬は苦手ですが
白い息を吐きながら出勤して
クタクタになって夕日を見ながら帰宅するのも健康な証拠だからだと
感謝しながら・・・また明日を迎える日々です

二週間のお休みに突入されたのですね

おめでとうございます   笑


私は次の日曜日から10間の休日を今から楽しみにしているんです

どこへ行くわけでもなくですが

休みはうれしいですね

2014/12/25 (Thu) 08:34 | 春風 #jgTtIlIo | URL | 編集

こんにちは。
深い色合いのツリーの写真。ねこも上がったり下りたり、いいおもちゃですね。
シルヴァーノさんの話、すごいですね。彼の神様はまだ僕に修行させたいみたいなんだ!って楽しい人ですね。いいなー。おもしろーい。
いつも、空たかーく吹く風のような雑記帳を読ませてもらって、ありがとう。私もややこしいこと書くからyspringmindさんを困らせることがあるでしょう。すみませんね、まあ、いいか。
今日は、かき玉子汁と簡単(混ぜるだけ)ちらし寿司でした。
楽しいクリスマスを!

2014/12/25 (Thu) 13:44 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

春風さん、お久しぶりですが元気そうですね。寒い季節になり、来週には氷点下になるそうですよ、ボローニャは。私もまた寒い冬が苦手なのですが、帽子を被って暖かい手袋をすれば、寒気の中を白い息を吐きながら歩くのはなかなか楽しいものです。其れもこれも、健康ならではのことで、歩きながら健康でいられることを感謝せずにはいられないのです。
どこへ行く予定はなくとも、纏まったお休みは嬉しいですね。私は一足先に休暇を楽しませてもらいますよ。

2014/12/25 (Thu) 21:25 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、街中のショーウィンドウには美しいツリーが飾られていますが、うちのは地味に、ボローニャの街灯と同じ橙色のライトのツリーです。今年は猫が上り下りするので随分と型崩れしていますよ。ははは。
ところでつばめさん、イタリアでは“神様はまだ地上で苦労しなさいと言うことで天国に行けなかった”なんて表現をよく使うのですよ。面白い言い方ですよね。
こちらこそ毎日読んでくださってありがとうございます。休みの間はマメに雑記帳を更新しますので、よろしくお願いいたします。

2014/12/25 (Thu) 21:31 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する