楽しい心が詰まっている

DSC_0001 small


12月は他の月よりも早く過ぎていく。例えば7日間一束、みたいな感じで。それは有難いような気もするし、ちょっと困るような気もする。有難いのはあっという間に週末がやって来るから。困るのは、時間ばかりが過ぎて、しかし何の実りもないから。毎年、贈り物探しが間際になってしまうからと、今年は早めにそれを始めた。姑には恒例の香水の贈り物。もう随分年をとったが、それでも香水をつける喜びは昔と変わらないらしい。彼女が自由に身動きできなくなってから随分の歳月が経つ。彼女好みのお洒落が出来なくなってしまったかわりに、せめて香水をと、毎年クリスマスに香水を贈るようになったのだ。今年のはちょっと奮発した。香水の瓶にもこだわる彼女が喜びそうなのを店の人と一緒に選び出した。多分、いつもの2倍ほど喜んでくれるに違いない。其れから相棒への贈り物、知り合いの小さな子供への贈り物。それから、それから。いつもならば自分への贈り物を大奮発するところだが、今年は自分への贈り物はない。贈り物が無くても私は充分嬉しい気分だからである。贈って喜んでもらう。喜んだ瞬間に見せてくれる笑顔、それが私への贈り物だ。

数日前、相棒がリボンのかかった小さなセロファンの包みを持ち帰った。いつものバールでカッフェをしていたら、家で奥さんと使ってみて感想を聞かせてくれよ、と知り合いに手渡されたのだと言う。知り合いとは、バールの横に小さな店を構えている店主。店はエコ何とかかんとかと言う名で、BIO洗剤などを主に販売しているらしい。こんな店に人が入るのだろうかと思っていたが、案外多くの人が利用しているらしい。それで相棒が貰って来たのは、薄紫色の四角い石鹸だった。店主が自分で作っている石鹸とのことだ。セロファンを開けてみると、ふんわりラベンダー匂いが立ち昇った。良く見ると薄紫の石鹸の中にラベンダーの花が練り込まれていた。翌日相棒はバールで店主と会い、まだ試していないと答えると大そうがっかりしたらしい。それでその晩私達は彼の石鹸を使ってみることにした。すると、さっぱりしていて、洗った後の手がとても柔らかくていい感じ。しかもラベンダーの匂いがとてもいい。いつも液体石鹸を使っていて、そしてそれらはそれなりに良い感じなのだが、こんな洗い上がりを得たことは一度だってなかったから、私達は素晴らしい、素晴らしい、と絶賛し、一度店を訪ねてみようではないかと言うことになった。そうして今日、私達は店主に感想を述べに店を訪れたのだ。店には先客が幾人もいて賑わっていた。店主と私は互いに自己紹介をして握手をした。相棒とはよく顔を合わせているらしい。何しろどちらもバールの常連客だからだ。早速彼の石鹸の感想を述べると、大変喜んだ。店には他にもいろんな種類の石鹸があって、此れはねロイヤルゼリーの石鹸、此れはアーモンドの石鹸、此れは・・・と色んな説明をしてくれた。ふと、私は訊いてみた。どうして石鹸作りを始めたのかと。するとそんな質問をされたかったかのように、彼はとても嬉しそうに話し始めた。エコロジーが彼のモットーで、その勉強を大学で学んできたらしい。その後もそんな関係に所属して、ずっとエコロジーやオーガニックと付き合ってきたのだそうだ。ある日、そんな団体で、石鹸を作る企画が持ち上がり、参加してみたら面白い。面白いばかりでなく彼の興味をどんどん惹きつけて行ったそうだ。そうしているうちに今度はこんな石鹸を、次はあんな石鹸を、と気が付いたら何十種類もの石鹸を作っていたのだそうだ。石鹸作りは楽しいの?と訊ねる私に、こんな楽しいことって他にはないさ、と言った。そうか、楽しみながら作っているのか。だから彼の石鹸は他のどれよりも素晴らしいのかもしれない。私はそんなことを心の中で思いながら、菫の石鹸とロイヤルゼリーの石鹸を購入した。実はどれにしようかとても迷ったのだ。北欧の海藻の石鹸も、アロエの石鹸も、薔薇の石鹸も、皆私好みだったからだ。そうだ。この石鹸。友人たちに贈ったら喜ぶかもしれない。何しろ手作りの、彼の楽しい心が一杯詰まっているのだから。

夕方、家中を掃除した。掃除に精を出す私の姿を、猫が椅子の上から眺めている。彼女は綺麗好き。床のタイルが何かが零れて汚れていると、とても気にするタイプの猫だ。掃除機をかけて、床を水拭きしてピカピカになるなり、猫は椅子から飛び降りて嬉しそうに家じゅうを見て回った。ふーん、猫ちゃん、本当に綺麗好きなのね。まあ、こんなに喜んで貰えるならば、張合いがある。頻繁に床掃除をしようではないか。猫がうちに暮らし始めて二週間経った。嬉しいことに、すっかりここの生活に慣れたようである。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。
いま、双子座流星群を見ています。
見れるかなーと外に出たら、すぐ見れたのでびっくりしましたよ。左方向から斜め下に走っていきました。
色んな香りの石鹸は見るだけで、わくわくしそう。使ったら尚更でしょうね。鼻唄を歌いそう。
アーモンドの香りとラベンダーの香りの石鹸をかいだことがありますが、脳みその奥がこそぐったくなるような気持ちよさでした。
そんな様々な石鹸を作り出す彼は素晴らしいですね。楽しそうで。
ねこさんは、元気そうですね。

2014/12/14 (Sun) 12:39 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。つばめさんは星に詳しいのでしょうか。双子座流星群・・・私には空を眺めていても発見することなどできないでしょう。ひょっとして天文学を学ばれたのですか。ヨーロッパのどの町にへ行っても石鹸屋さんは案外多く存在しますが、こんな手作り石鹸はなかなか見ることは出来ません。それになんていい匂い。店で会わなかったら、こんなデタイプの人でした。デリケートな石鹸を作り出す人には見えない店主でした。手を洗うのが楽しくてならない毎日です。え、猫? 凄く元気で驚いています。

2014/12/15 (Mon) 22:38 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する