土曜日は楽しい

DSC_0005 small


夕方、相棒と一緒に家に帰って来たら、上の階の奥さんが何やら作業をしていたので声を掛けた。彼女はもみの木を購入してきたらしく、車の後部からもみの木を引っ張り出しているところだった。明日あたり、家族みんなでクリスマスツリーを飾り付けるのだろう。私達は数日前から彼女と話をしたかったのだが、何しろ私達が家に帰ってくるのはいつも夕食時なので、上階に行くのをためらっていたのだ。だから庭先で会えたのは、全くの幸運だった。建物内の何にも使用していない共同の空間に、修復が必要な私たちのアンティーク家具をふたつ置いていることを話したかったのだ。家具は木食い虫にやられたので、ちょっと薬品を使っての修復が必要なのだ。放っておくと大変なことになる。このままにしておくと他の家具までやられてしまう。1800年代の食器棚と大きな引き出しの箪笥。とても美しいが、時々手を加えてあげないと朽ちてしまう。でも、よく考えたら人間だってそうだ。時々そんな風にしてあげなければ病気になったり、それから美貌が衰えたりするではないか。兎に角、上の奥さんは共有の空間を一時的に占領することを快く了解してくれたので、ほっとした。他の住人には既に了解を得ているので、これで2週間ほど置いといても大丈夫。クリスマスを前にして問題を起こすのはタブー中のタブーなのである。

一旦家に入って荷を下ろすなり、もう一度外に出た。近くのバールで食前酒でもと思ったからだ。行ってみると相棒の友人がいて、ちょっとくさくさした表情でワインを飲んでいた。どうしたのかと思えば、今日は家族の用事であちらへ、こちらへと忙しく、酷く疲れたとのことだった。極めつけは妻との買い物。ああでもない、こうでもない、あら素敵、と言いながらも買わずに次の店へ行く。一体何軒見て回ったと思うのさ。全く酷い土曜日だった。仕事をしている方がずっと楽だった。と、彼が言ったので私達は大笑いした。皆が口々に言う。女の買い物なんてそんなものさ。大変なんだよ。私は思う。確かにそうだと。女は確かにそんな風にして、自分が探しているものを見つけ出すのだ。それだから、私はひとりで買い物をするのだけど。その横で相棒が言う。僕の妻はひとりでさっさと買い物に行く。だから僕は、そんな大変な思いをしたことは無い。でも大変は、潔くて、どーん、とお金を使うことなんだ。その言葉に周囲が沸く。不運なことに女性客がひとりも居ない。今日の私は立場が全く悪い。

明日で11月が終わる。早足で過ぎようとしている私達の11月。12月はどんな月になるのだろう。楽しい月になればよいけれど。それにしたって、私の子猫は一体何処に隠れてしまったのだろう。私達は無事に信頼テストに合格して、今日の午後子猫を譲ってもらったのだけど、環境変化についていけないのか、それとも見知らぬ私達が怖いのか、子猫は何処ぞに隠れてしまい先ほどから姿が見えない。私達は良い人達。あなたの最良の友達。ほら。と先ほどから話しかけているけれど。暫く、こんな日が続きそうだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。
ねこちゃん来たんですね。よかったですねー。
木食い虫。そんな名前の虫だったのか、と子供の頃家にあった木の納戸になにか小さな穴が深く走ってたなと思い出しました。古くなり捨てられてしまいましたが。修理をたびたびされて、治されるのですね。1800年代の家具はもとがしっかりしてるのでしょうね。
バールが沸いたのはおもしろい。

2014/11/30 (Sun) 13:33 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。猫ちゃん、うちに来ました。想像していた以上にうれしいです。信用テストに合格出来て本当に良かったです。
イタリアではアンティーク家具と言うのは一般的に100年以上経っているものを言うのですが、これらの家具は気を付けていないとすぐに木食い虫にやられます。だから修復が必要。だからアンテーク家具の修復師と言う職業が、イタリアから消えることは決してありません。
昨日のバールには女の客がひとりも居なくて大変立場が弱かったんですよ。

2014/11/30 (Sun) 20:27 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する