冬の旅

DSC_0075 small


11月は駆け足で過ぎていくだろう。気がつけば10日が過ぎた。そう言えば昨年の今頃は、冬休みのことで心を躍らせていた。クリスマス前に行く寒い欧羅巴の街。何処へ行こうか、とあれこれ考えた挙句、ヴィエンナへ行くことに決めた。寒ければ寒いほど良いと思っていた。肌に突き刺す空気。吐く息は白く上るが、その白いこと、白いこと。息が凍ってしまうのではないかとさえと思った。街を歩いては美術館に入り、また歩いては写真館に入り、そしてトラムに乗っては降り、カフェに入り、また街を歩いた。たった数日だったが、あれは実に良い小旅行だった。知り合いもいない。連れもいない。でも良き先々で見知らぬ人達と言葉を交わした。実に私らしい小旅行だったと思う。

今年の冬休みはとても長いらしい。こんな時こそ何処かへ足を延ばしたいが、どうも何処へも行けそうにない。そんな冬休みもあるさ。と言いながらも、私の小旅行癖をどう宥めるか、それが問題だ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。
ボローニャにも白い壁があるんですね。すっきりしてますね。
オランダ行きたいです。行けないので雰囲気だけでもとポテトフライを作ってみたり、夜警?の絵を見て「なんだこの人間がきらきらしてるのは。」と思ったりしてました、かつて。なんでもない古い田舎の風景がいいなと思います。
おもしろそうな国ですね。先駆けて自由であり、農業が主体の国でしょうか。
こちらは、風がびゅーびゅー吹き出しました。冬は少し苦手になってきたのは年をとってきたからかな。子供の頃は冬が神秘的で大好きでした。あ、でも、オランダのツンとくる冬や北海道のくっきりした冬は、どちらかというと西に住む者にはそれはそれで新鮮です。今日は、しゃべりたい気分でしたので。

2014/11/12 (Wed) 07:28 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。これはボローニャではなくてヴィエンナの街の写真なのです。ボローニャにも白い壁は勿論・・・あー、やはりあまりないですね。
私もオランダに行きたいです。私が知っているオランダはアムステルダムと電車で1時間ほど離れた田舎町だけですが、とても良い印象があります。自由な発想を持つ国。そんな風に表現したらよいでしょうか。もっとも一瞬の旅人だった私ですから、ほんの印象に過ぎないのですが。でも、食事はやはりイタリアが私には合うみたいなのです。その点では私はイタリアに暮らすことになって大変幸運だったと思うのですよ。ところで私は大の寒がり。子供の頃よりも今の方がもっとですが、今の方が冬を案外好きかもしれません。その反対に夏の暑さが辛くなりましたよ。

2014/11/13 (Thu) 23:56 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する