曇り空

DSC_0015 small


雨が降り続いたから、今日の曇り空が神様の贈り物に思える。太陽の光は無くとも、雨に濡れずに街を歩くことが出来るのは何て有難いことだろう。私はいつも思うのだけど、人には向き不向きがあるのではないだろうか。今週はそんな不向きなことをした為に、ひっくり返るほど疲れてしまった。勿論、頭から不向きと思い込んでいる訳ではない。長い年月をかけて、成程、これは不得手な分野だとか、不向きなことだと学んだうえでのことである。しかし其れもまた、例えば仕事でどうしても避けることが出来ないことだったりするならば、不向きを承知で挑まねばならぬ。無事にそれをやり遂げた今、やはり不向きだったのだと確信して、深い溜息をつく。私の体調は上がったり下がったり。まるでローラーコースターのよう。私は平凡で穏やかで、ごく普通な生活が好きだ。

曇り空。バスの窓から停留所に立つ人々の姿を眺めていると、じきに冬がやって来ることを感じる。皆準備万端だ。私のトレンチコートが寒々しく見える。今日は家でゆっくりしようと思っていたが、旧市街の真ん中にある広場で骨董品市が建つ日だと思い出して、昼過ぎに家を出た。晴天の日が好き。しかし、曇りの日は黄色く色づいた木の葉が更に美しく見えるから、こんな曇りの日も悪くない。骨董品市はいつも通り賑わっていたが、昼時ともあって店主が不在の店もあった。誰かが持ち逃げする心配はないらしい。それとも私の知らぬどこかで、店主が見張っているのだろうか。はたまた隣の店のひとが、かわりに店番をしているのかもしれない。古本屋を覘き、絵画の店を覘きながら、目的の店へ。それは家具の店だ。小さなテーブルを探していた。新しいテーブルは何処でも手に入るけど、私はそういうものが好きではないのだ。高さが1メートルほどの、25センチ四方のもの。テーブルと言うよりも台と言うべきだろうか。ちょっと物を置くための台。ちょっと腕時計を置いたり、鍵の束を置いたりするための。探し物をしている時は見つからないもので、案の定空振りだった。でも、こういう探し物が好きだから、一度で見つからないほうが良い。また次の月の骨董品市が楽しみになるというものだ。来月見つからなければ、再来月探せばよい。そんな風に先に延ばす探し物があっても良いだろう。だいたい、直ぐにどうしても必要なものではないのだ。あると嬉しい、エクストラの台、と言う訳だから。
小腹が空いたので近くのバールに寄った。この店のカッフェは本当に美味しい。それから小さな菓子も。さらに嬉しいのは菓子類が妙に安いことだ。私は熱いカップチーノと菓子をふたつ注文した。イタリアのカップチーノはぬるい。イタリア人が熱いのを好まないからだ。多分猫舌なのだろう。だから私は注文時にいつもこう付け加えるのだ。熱いカップチーノをひとつ、と。果たして出されたカップチーノは熱く、冷え始めた体を温めてくれた。今日の散歩はこれで終了。あまり楽しみ過ぎると、また私の悪友の扁桃腺が疼きだすに違いないから、と。

週に一度、こんな時間を持てる幸せ。いつもの生活リズムに戻ったことを心から嬉しいと思う。嬉しいと思えることが私の幸せなのだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

おもしろい写真です。肌寒さもわかります。今週おつかれさんでした。普段の何気ない日が一番ですね。わかります。

2014/11/10 (Mon) 08:33 | つばめ #- | URL | 編集

美しい写真も素敵ですが、人が映っている写真もいいですね!
骨董市の白いパンツの女性を見て、ysringmindさんも
こんな感じのお洒落をされる方かしらと想像したり。
ソファーにかけたいと黄色の線の布に釘ずけになったり。
くらい冬に向かいインテリアに活をと考えたり。。 冬がきますね。
此処のイタリア人お兄さん経営の活気溢れるカフェは私の冬の必需品ですよ~  

2014/11/10 (Mon) 11:01 | スプーン #EQkw1b1A | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。忙しすぎる毎日は健康に良くないですね。普通の、実に普通の生活が私には合うようですよ。骨董品市をぶらぶら歩く楽しみ。それをこの写真に込めてみました。

2014/11/10 (Mon) 22:40 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

スプーンさん、こんにちは。人が存在する写真は後から見直すと、益々面白い、と思うのですが、スプーンさんのコメントを読んで、やはりそうなのだと確信しました。骨董市の白いパンツの女性の着こなしは、私と共通点があるようです。いい直感していましたね。
しかし、黄色の線の布に目が留まるとは、凄い観察力ですね。スプーンさんはひょっとして絵を描かれる方なのではないかしら、それとも文章を書く人なのかしらと、勝手に想像してみました。何時かお会いして色んな話をしてみたいです。勿論あのイタリア人のお兄さん経営のカフェで。

2014/11/10 (Mon) 22:49 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する