遅れてやって来た夏

DSC_0013 small


昨日、洗い上がったジャケットを引き取りにクリーニング屋さんへ行った時、女主人が言ってたとうり、蒸し暑い日曜日になった。店に入るなり、暑い、妙に蒸し暑くてやってられない、と溢す私に女主人が窘めたのだ。まあ、あなた。明日はもっと暑くなるのよ。海に行きたくなるくらいに。彼女はそう言って、人差し指を私の前にちらちらさせた。まるで教師が生徒に言い聞かせるみたいに、母親が娘に言い聞かせるみたいに。私はと言えばそんな彼女の様子よりも彼女が言った言葉に気をとられていた。海に行きたくなるくらいに。それは何かわくわくした響きが含まれていて、同時にまた汗ばむことになるのかと言った溜息も含まれていた。彼女の表情から彼女の心境を読み取ろうと試みたが、うまく行かなかった。だから本人にその所を訊いてみたところ、あら、まあ。どうかしらね。嬉しいのか嬉しくないのか自分にもわからないわ。と言ったのでふたりで大笑いした。少なくとも彼女の夫は嬉しいだろう。彼は釣りが趣味で、天気が良い日はいつも釣りだ。寒いよりは暑いほうがいい。彼女の夫はいつもそう言っていたから。

遠い昔を思い出す。この時期はインディアン・サマーだった。私がアメリカに暮らしていた頃のことだ。8月とて思い切り気温が上がることのない海のある町に暮らしていた私にとって、10月の遅れてやって来た夏と言うか、気まぐれに立ち寄った夏と言うか、ぶり返しの夏と言うか、兎に角誰もが半袖姿になるようなからりと空が晴れ上がる10月は神様からの贈り物に思えた。一年通して過ごしやすい気候であることは、今思えば全く有難いことであったけれど、何しろ若くてエネルギーが有り余っていた当時の私は、汗をかきたい、嫌と言うほど汗をかきたいと願っていた。だからジムにも通ったし、心は常にアリゾナやネヴァダ、南カリフォルニアへと向かっていた。半袖シャツにショートパンツ。そんな姿で歩くのを心から望んだものだ。10月の暑さ。終わったと思っていた夏が再び私達の目の前に現れて、誰もが有頂天になった。仕事を終えて真直ぐ家に帰るのがもったいなかったから、行けば誰かしらと遭遇できる界隈を彷徨った。案の定仲間のひとりを見つけ、一緒にテーブルに着いて飲み物などを頂いていると、同じようなことを考えて此処に来た別の仲間が加わるのだ。グラスの音、大きく開け放たれたガラス窓。街の喧騒。それは本当の夏にはない愉しさが含まれていた。そのうち季節は嫌でも秋になり冬になっていく。一瞬の夏。私達は偶然手に入れた、運良く手に入れた一瞬の夏を楽しまずにはいられない、そんな気持ちだったのか。翌日仕事があるのも忘れて遅くまで話し込むから、翌日はいつもぐったりだったけれど。だけど私達は今年も満喫したのだ、インディアン・サマーを。そうした事実が、何とも言えぬ満足感となり、その満足感が目覚めの悪い私を慰めた。この時期には、角のオーガニックのグロサリーストアの前に大きな橙色の南瓜がごろごろしていたっけ。名前はもう忘れてしまったけれど、洒落た若い男性と、フランス人の女性の店員が、いつも良くしてくれた。あの店はまだ存在するのだろうか。道を挟んでむこう側に暮らしていたハープ演奏者とギター演奏者の夫婦は、今もあの家に暮らしているだろうか。緑色の屋根の一階建ての家。大きな犬を二匹飼っていた。

10月の夜は何となく物思いにふける。楽しかった10月のことを思い出したからだろうか。それとも蒸し暑い日曜日のせいだろうか。空には星が散らばっているのに、月を見つけることは出来なかった。こんな夜は早く寝てしまおう。


人気ブログランキングへ 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/20 (Mon) 02:34 | # | | 編集

東京は朝夕は寒くなるものの、日中は汗ばむ陽気です。
大きな台風が2つ日本列島を襲った後であるが故に、
平和な毎日に感謝しています。

いや、でも汗ばむといっても、それはおそらく自分だけのはず。
すでに薄手のコートを着ている若い女性もいるぐらいの気候なのです。
電車内が暑いからと言って、未だにポロシャツのみで片手に薄手の
ブルゾンというのじゃ・・・・。

2014/10/20 (Mon) 02:36 | ひろぽん #nEEbkvUM | URL | 編集

おもしろい絵ですね。マンガか何かのキャラクターですかね。
インディアンサマー、はじめて聞きました。楽しい時間ですね。

2014/10/20 (Mon) 16:21 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、はじめまして。返事が遅くなりましてごめんなさい。リンクしてくださったそうで、ありがとうございました。これからもお付き合いお願いします。

2014/10/24 (Fri) 20:51 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ひろぽんさん、こんにちは。返事が遅くなってごめんなさい。日本な大きな台風が頻繁にやって来るようですね。昔はそんなことなかったのに、と思うのは私の記憶違いでしょうか。何にしても台風が去った後は平和ですね。たっぷり味わってくださいね。思うに男性は女性よりも暑がりなのではないでしょうか。そしてイタリア人は日本人よりも暑がり。私は何処へ行っても寒がりで、周囲にからかわれてばかりいます。

2014/10/24 (Fri) 20:55 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。返事が遅くなってごめんなさい。この店のショーウィンドウの隅っこに描かれている絵。面白いのです。私が想像するに、これはボローニャに暮らしている日本人が描いたものなのではないでしょうか。あくまでも想像、でも確信でもあります。

2014/10/24 (Fri) 20:58 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する