あのカフェ

DSC_0043 small


昔から月曜日は嫌われ者。アメリカでBlue Mondayなどという言葉が使われるのも、そんなことが理由だろう。それから昔、カーペンターズがRainy days and Mondays always get me down (雨の日と月曜日はいつだって私を落ち込ませる) と歌っていたが、其れだってやはり月曜日が嫌いだからなのだ。私がこの歌を初めて知った時、ああ、此処にも同じように月曜日が嫌いな人が居る、と思ったものだけど。私の月曜日嫌いはこの頃加速がついている。月曜日が無ければ良いのに。そんな風に思うくらい。

旅をしたのはもう2週間も前のこと。随分昔のことにさえ思える。けれどもふとした拍子に思い出すのは、幾本も買い求めたオーストリアとハンガリーのワインがあるからだ。今日はオーストリアの白ワインの栓を抜いた。すると終わってしまった旅の記憶が鮮やかに蘇る。そうしては語り合うのだ、また近いうちに行こうよ、と。
今回の旅で私は写真館を訪れたいと願っていた。それは何年も前に知人から教えて貰って、そこまで行ってみたものの生憎休館で入ることが出来なかったからだ。場所はおおよそ覚えていた。大丈夫、ちゃんと到着できると思っていた。ところが数年ブダペストを訪れぬうちに土地勘を失い、どうしても見つからない。可笑しいな、この通りにあった筈なのに。私は幾度も地図を眺めながら、指で辿り、通りの様子と比較した。分からない。通行人を幾度か呼び止めて訊ねてみたが分からないと言う。地元の人が知らないとは、一体どうしたことだろう。困り果てた私達は、そうだ、と思いついて近くのホテルに飛び込んだ。ホテルの人なら知っているに違いない、と思ったからだった。思った通りホテルの人は教えてくれた。私達がすぐそばにいること、ほら、此処、と地図に赤ペンで印をつけながら。礼を言ってホテルを出ると、確かに目的地は目と鼻の先だった。入り口の説明書きを読んでみたら、今日は開館時間が遅いことが分かり、それまでの1時間を近くのカフェで過ごすことにした。ブダペストにはいったい幾つのカフェがあるのだろう、と以前から思っていたが、ここ数年のうちに更に増えたような気がする。それは単に旅行客の為にと言う訳ではなく、恐らくこの街の人たちがカフェで過ごす時間を愛しているからだ。私たちは角に在る新しい、ユニークな印象のカフェに入った。幾つもの照明器具が天井からぶら下がっちていて、幾つもの額縁が壁に掛けられていた。額縁の中にはオリジナルの絵が入っていて、それはそれは興味深いものばかりだった。多分若手の、無名のアーティストたちの作品で、店はそんな人たちを応援しているのかもしれなかった。美味しいカップチーノ。イタリアのと一寸も変わらぬ美味しいカップチーノで、相棒は大そうご機嫌だった。私はといえば、天井から吊るされた照明器具が気に入って、相棒との話はうわの空で天井の方ばかりを眺めていた。そうして1時間が過ぎ、私たちは写真館へと吸い込まれていったのだけれど、そして写真館は思っていた通り興味深かったけれど、私がその日一番印象に残ったものと言えば、照明器具が吊る下がった、あのカフェだった。
オーストリアの白ワインを頂きながら、ふと言葉にしてみる。あのカフェにもう一度行きたいな。幾つものカフェに立ち寄ったにもかかわらず、あのカフェ、と言っただけで相棒には通じたらしい。あの照明器具が沢山吊る下がったカフェかい? どうやら相棒もまた、あのカフェが気に入っていたらしい。何時になるか見当もつかないけれど、また行こうねと約束した。

寒い訳ではないが風が吹く夜。昨日の新聞にこの冬は大変厳しくなるだろうと書いてあった。何を根拠にそう書いたか知らないが、しかし、それがもし農家の人たちの声ならば恐らく当たるに違いない。あの人達は本当によく知っているのだ。作物や土のこと、月や太陽のことばかりではない、数か月先の気候までもぴたりと言い当ててしまうのだから。


人気ブログランキングへ 

コメント

斬新なカフェですね。こんなに明かりをぶら下げても違和感がないような。こういうのを目の当たりにさせられると、何がいけないってのはないのだなと思います。
前の栗の話といい、すっかり秋が深まってるのでしょうね。よく伝わってきました。こちらも今朝は、足首がとても冷えるくらい寒かったです。昼間は暑いです。

2014/10/07 (Tue) 06:24 | つばめ #- | URL | 編集

私もyspringmindさんのブログをガイドブックにして、ボローニャのカフェ巡りをしたいです。

2014/10/08 (Wed) 04:35 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。その通りなんですよ。こうでなくてはいけないとか、こういうのは既定以外、なんてのはもうないのです。自由に表現することが出来る自由な時代。そしてそんな自由な表現を、自由な気持ちで受け入れられるのが嬉しいですね。
朝晩全く冷え込みます。足首はひやすと困ったことになりますから気をつけて。大好きな素足にモカシンのスタイルも来年春までお預けです。

2014/10/08 (Wed) 23:15 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。ブログをガイドブックにして・・・。それではこれから少しづついろんな場所をブログに載せることにしましょう。ああ、でもこんなカフェはボローニャにはどこを探したってありません。

2014/10/08 (Wed) 23:19 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する