週末

DSC_0009 small


長い休み明けの一週間は辛い。何しろ睡眠たっぷりの呑気な毎日だったから、朝6時起きの忙しい生活で頭も体もすっかり驚いている。それでもたっぷり休養しておいたから乗り切ることが出来た。でも限界。今日が土曜日で本当に助かった。朝晩の冷え込みとは裏腹に、昼間の蒸し暑さと言ったらどうしようもない。それはまるで日本の梅雨時のような気候で、ほんの少し懐古にふけった。街には随分沢山の人が戻ってきたが、それでもまだ休暇を終えぬ人もいる。旧市街にも飛び石のようにして重いシャターを下ろしたままの店が幾つもある。私の好きなジェラート屋も、それから割と大きめな生地屋さんも。タオルやシーツ、掛布団などを専門に置く店も閉まっているし、マッジョーレ広場の近くの食料品界隈の、八百屋さんにしても然り。そのうち日焼けした肌を自慢しながら戻ってくるに違いなく、そうしたら本格的にいつもの生活サイクルが戻ってくる。

久しぶりにクリーニング屋さんへ行った。此処も3週間休みだった。行ってみると何処かで沢山太陽を浴びてすっかり元気を蓄えた女主人が居た。肌が日に焼けているから金色の髪の毛がさらに美しく見える。店には先客が居て、恐らくは店主と長い付き合いのある常連客とみた。何しろ互いの名前を呼び合っているのだから、きっとそうに違いない。客は息子のジーンズの縫い目がほつれてしまったからと言い、クリーニング屋と良い関係にある仕立て屋さんにお願いしたい、とのことであった。縫い目のほつれはほんの少しで、履いてしまえば特に目立つ部分でもない。私ならば自分でちくちく縫ってしまうけれど、と思いながら、こういう人たちが世の中に居る限り仕立て業は成り立つのだろうと思った。美しい花柄のブラウスを着た先客は、恐らく自分で縫物などしたことに違いない。そういう人たちがボローニャには案外沢山いる。掃除もアイロンがけも自分でしなくても良いような家庭の人達が。そうして私の番になる頃、店の向かい側にあるバールの前に沢山の正装をした人達の群れを見つけた。この暑いのにも拘らず男性たちはスーツにネクタイ姿で、女性たちは光沢のある襟ぐりが大きく開いたロングドレスで。髪までもが念入りに手入れされた人達は手に手にシャンパングラスを持ち楽しそうにお喋りをしていた。私達は目を丸くした。午前中からシャンパンなの?土曜日の午前10時にシャンパンは、あまり聞いたことがない。アメリカなどでは日曜日のブランチにシャンパンをオレンジジュースで割ったものなどを頂くけれど、イタリアではあまりない話なので私達は何事かとその様子を観察した。どうやらこれから結婚式らしい。シャンパンを頂いてから教会で結婚式と言うのも珍しい話で、イタリアも随分変わったものだと女主人と私は顔を見合わせて笑った。それにしても暑い。外も暑いがクリーニング屋さんの店内は特に暑い。私は早々に用事を済ませて外に出た。
その足で旧市街へ行った。食料品市場の魚屋さんのひとつがいつも以上に賑わっているのは隣の魚屋さんが今週いっぱい夏休みだからだ。何時まで経っても回ってこないに違いない順番をどの人も黙って待つ。イタリア人がこんなに忍耐強い国民だったとは今日まで知らなかった。その先の青果店で唐辛子の束を見つけた。一束2ユーロ50セント。これはいい。これをキッチンの入り口に吊るしたらよいだろう。最近つまらないことばかりが起きているから、唐辛子の束を吊るして自分たちを不運から守ってもらおうではないか。何時の頃からか、私はそんな昔からの言い伝えみたいなものが好きになった。それらが本当にそうかどうかは別としても、守られていると言う気分が大切なのだ。しかしここも大変な繁盛ぶり。土曜日の買い物は本当に難しいのだ。暫く待ってみたが諦めて、月曜日の夕方また来るからと声を掛けて歩き始めた。

8月が終わっていく。それでいいような気もするし、ちょっぴり寂しい気もするし。肌をしっかり焼いた男女たちの横をすり抜ける。いつもならば私が一番小麦色なのに今日はとても白く見える、と可笑しな気分を味わいながらバス停へと向かった。週末。たっぷり楽しんだら、月曜日には爽やかな印象の9月が待っている。


人気ブログランキングへ 

コメント

ボローニャはそろそろ平常運転なんですね。
ここカラブリアは9月下旬にならないと皆のエンジンがかかりません。学校がいつから始まるのかもまだはっきりしていないみたい(笑

ぴりりと辛い唐辛子だといいですね♪

2014/08/31 (Sun) 08:41 | erieri #Qi8cNrCA | URL | 編集
Re: タイトルなし

erieriさん、こんにちは。ボローニャはかなり平常に戻っています。バスも9月1日からはいつものタイムテーブルです。カラブリアで休暇中なんですね。9月下旬にならないとエンジンが掛からないのはやはり暑いせいでしょうか。学校がいつから始まるのかもまだはっきりしないのは、そちらばかりではありません。多分イタリア何処でもそんなもんです。これは今も昔もあまり進歩がありませんね。
唐辛子、そちらのは、思いっきり辛いんでしょうね。

2014/08/31 (Sun) 19:42 | yspringmind #- | URL | 編集

鮮やかな野菜と果物ですね。8月という日の光の強い月が行ってしまうのはさみしいですが、そう思ってる間にももう9月、早いですね。

2014/08/31 (Sun) 22:16 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。夏野菜とは何て鮮やかなのだろうと私も思いましたよ。もう少しするとそんなことが懐かしくなるに違いないのです。ボローニャには早くも初秋の風が吹いています。

2014/09/03 (Wed) 19:40 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する