夏から初秋へ

P1010546 small


朝の薄暗いこと。何しろ夏休みの間は全く気楽な生活で、時計に関係のない生活を楽しんでいたと言ったら実に聞こえが良いけれど、世間的には全くケシカランと言っても良い時間に目を覚ましていたものだから、夜明けが遅くなったことに気がつかなかったのだ。昨朝目を覚ましたら、外がまだ薄暗かったので驚いた。東の空に目を凝らしてみたら、微かに空が明るかった。まだ夜が明けていない、朝の6時。夏休みに入る前はこの時間はもう明るくて、今日も暑くなるよと宣言しているかのようだったのに。昨日からいつもの生活に戻った。もう少しベッドに潜っていたいのを振り切って早起きして、カフェラッテとビスコッティの朝食をとり、身支度を整えて仕事に出掛ける。時計を気にしながらの生活。私らしくないようでもあり、私らしくもある。こんな生活があるから休みの日が楽しい。何でもゆるく進んでいく休みの日が楽しいのだ。だからいつもの忙しい生活も悪くないのだ、と言い聞かせながら明日も早起きをするのである。

13番のバスが通る停留所の背後の金物屋さん。色んなものを置いているので、私はなんでも屋さんと呼んでいるけど。先週末、バスを待ちながらショーウィンドウを覘いてみた。様々なものがごちゃごちゃと置かれていて、旧市街の店とは大違い。しかしこの手の店と言うのはそんな置き方をするものなのかもしれない。取り敢えず、客に人気があるらしく、いつ見ても店内に客が順番を待っている。私は雑多に置かれたショーウィンドウの片隅にある置物に惹かれた。体長40センチほどのフクロウだった。良く出来た置物は木製にも見えるしセラミック製にも見える。頭部と胴体の間に切れ目があるところをみると、首が動くのだろう。フクロウは幸運を招く鳥として世界中で愛されているし、フクロウのものを収集しているマニアもいると聞く。それにしても此れは。と、よく見ると、商品名が書かれていた。目の前を通る鳥を驚かすフクロウ。そんなものが存在するとは考えてもいなかったので、私はガラスに額が付きそうになるほど近づいて観察した。そんなことをしていると、今にもフクロウの首が揺れて鳴きだしそうだった。私が関心を持って観察しているうちに、待っていた13番にバスは通過してしまい、またバスを待つ羽目になった。店のひとが今にも外に出て来て商品の説明をしそうだったので、私はそっとそこから離れた。すると先ほどから向こうの方から私とフクロウを観察していた年の頃は40歳ほどの男性が、私が退いて空いたショーウィンドウの前にやってきて、フクロウを観察し始めた。多分彼は私が熱心に観察しているフクロウに関心を持っていたに違いなかった。さあ、彼はどんなアクションを起こすのだろうか。わくわくしながら見ていると彼は店の中に入って行き、店の人を連れて外に出てきた。どうやらフクロウのことを訊いているらしかった。ああ、彼はやはりフクロウが気になっていたのだ。そして暫くすると彼は店の人に促されて店内に吸い込まれていき、いよいよフクロウを買うのか、と、その時先ほど逃した13番のバスがやって来た。乗るか、乗らぬか。彼のアクションが気になるけれど、ええい、乗ってしまおう、と私はバスに乗り込んだ。窓際にしがみついて店内を凝視してみたが、距離がありすぎて見えなかった。あのフクロウがもうなかったら、それは運命。彼が家に連れて帰ったに違いない。もしあのフクロウがまだあのショーウィンドウに置かれていたら、私が店に入って訊いてみよう。どんな風にして鳥を驚かすのか、頭がぐらぐらと動くのか、怖い声でも出すのか。それにしたってどうして鳥を驚かすのか。これはもしや、種を蒔いたばかりの畑の前に置かれるのか、案山子を置くように。案外家の入口に置いたら面白いかもしれない。相棒が前を通るたびに、フクロウが相棒を驚かす。そんなことを想像するのも楽しい。

朝方の冷え込みは凄い。今までコットンのシーツに包まって眠っていたが、もうそれでは足らなくなった。あまり我慢せずに、今夜から軽いのを一枚掛けることにした。夏から初秋に移り変わる証拠。それにしてもまだ8月を終えていないのに。


人気ブログランキングへ 

コメント

写真を見ると、一ヶ所だけ夕日か光が当たって、あとは影なんですね。おうちによって、随分日の加減が違いますね。お日様が、きれいですね。
フクロウが、もしもまだ居たら、相棒さんを驚かせられますね。もらわれていったかなあ。
そんなに朝が寒くなったんですね。こちらは、夜に秋の虫が鳴くようになりましたが、まだ、昼間は蝉がない鳴いています。

2014/08/27 (Wed) 07:14 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。この写真は夕方撮ったものなのですが、旧市街は密集しているために日照問題があるようです。旧市街に暮らすのは本当に素敵で私の憧れでもありますが、光が無いと弱ってしまう植物のような私ですから、市街地くらいが丁度よいみたいです。
こちら、秋の虫と言う存在は在るのかないのか。山の方に行かないと聞こえないのかもしれません。ところでフクロウですが・・・売れてしまったようなんです。ショーウィンドウから姿を消しました。

2014/08/30 (Sat) 20:36 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する