気になる

DSC_0014 small


私の周囲の人々が、ひとりふたりとボローニャを留守にしていく。前から口々に夏の予定を語っていた彼らだから、別に驚くことでもない。しかし淋しいではないか、私だけがボローニャに取り残されてしまうような気がして。何時も何処へ行きたい、あの町に行きたいと様々なプランを口にする割には大抵ボローニャから動かない知人ですらも、今年に限っては南フランスのその名を聞くだけで眩暈がしそうなシックな海の町へと発つ。ついに腰を上げた知人のことを思と嬉しくもあり、しかし知人ですら何処かへ行くのかと、何の計画も立てることが無かった自分の甲斐性の無さを苛立たしく思う。
それに今日は全く冴えない一日だった。夏休み前の数日とは大抵そんなもんだけど、つまらないことが起きてがっかりだった。文句のひとつも言いたくなるが、そういう日は口を結んで黙々と、淡々と働くのが良い。時間は嫌でも経つものだし、そのうち気持も納まると言うものだ。言葉にして自分の気持ちを表現するのは大切だけど、言ってどうなるでもないことは、さらりと流してしまう方がいい。昔は出来なかったことのひとつだ。少しは大人になった証拠か。

最近ボローニャ旧市街を歩いていて気がついた。ワインを頂ける小さな店が増えたこと。私がよく立ち寄るフランス屋の並びの本屋の横に鰻の寝床のような店がひとつ、その裏手の通りにひとつ、七つの教会群へと続くポルティコの下にも、そして12月末まで工事の為に通行止めになっているStrada Maggioreのポルティコの下にも。何処もが工夫をこなした店のつくりで、通行人たちの目を大いに惹く。でも、一番私の気を惹いたのは2本の塔の前から続く大通りから右の脇道にできた店だった。少し前は手作り風の変わったデザインの鞄を店の壁と言う壁に飾った、風変わりな店だった。テンポラリーストアと書かれていたから、仮の店舗だったのだろう。一度入ってみたいと思っていたが気がついたら店はどこかに移動して、ワインを飲ませる店になっていた。そもそもその通りは洒落っ気とは縁のない感じの人々が行き来する。移民が多いし、その並びには昔からあるアイリッシュパブがあって若者たちがビールを片手に集うものだから年中騒がしい。衣服の丈つめの店や小さな花屋や、兎に角小さい店が数珠玉のように連なっている通りなのである。そこにワインの店が出来た。一瞬通りから奥まったガラス張りのその店は、上にテーブル席が設けられていて、ちょっと長居が出来そうな感じである。私が店に気がついたのは土曜日の昼間だったので客のひとりも居なかったけれど、夕方にもなればひとりふたりと客が入ってあっと言う間に一杯になるに違いない。すっきりとした洒落すぎていない店の様子がひどく気に入った。気に入りの店は幾つあっても良い。今度仕事帰りに立ち寄ってみることにしよう。店の人のお喋りと、ワインの選択がよかったら合格点と言うことになる。

それにしてもどうしたことか。何故もこうワインの店ばかりがオープンする。それは景気が上がり調子の証拠なのか。ちょっとワインでも飲んで行こうよ、なんて。其れとも景気が下がり調子の証拠なのか。お酒でも飲まなければやっていけないよね、と。兎に角しばらくの間、新しい店探索で夕方の寄り道が楽しくなる気配なのだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

こんにちは。しばらくお邪魔しないうちにたくさん新しい投稿があって、楽しく写真と文章を楽しませていただきました。プール?水路?の写真、なんだかはっとする色でした。

蚊取り線香を扱うお店があるんですねえ。昔の日本でいうと金物屋さんみたいな雰囲気でしょうか。虫取り網も売ってないかなあ、なんてね。ビクトリアではほとんど蚊を見かけないんですが、ちょっと街を離れると出くわします。週末にハイキング&キャンプに行ったら目の上を2箇所も刺されて、片目が半分くらいしか開かなくなって大変でした、苦笑。

予定のない夏休み、ある意味で贅沢な気もします。でも一度どこかに行きたくなってしまうと、気もそぞろですね。新しいお住まいから旅に出られて帰ってきた時に、新しいお住まいの「我が家感」が増すでしょうか。
夏休み中は街の立ち飲みワインマップが広がりそうですね。さくっとワインが飲めて、気軽に立ち寄れる店がビクトリアにもあるといいのに。

2014/08/07 (Thu) 07:06 | mk #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

mkさん、こんにちは。はっとする色の写真はプールです。うちの窓から見える同じ建物の住人のプライヴェートプール。私はこのプールの様子と色が大好きで、思わずカメラに収めました。
蚊取り線香を扱うお店はまさに日本でいう金物屋さんみたいなものです。この手の店は在りそうでなかなかない。だからとても繁盛しています。ヴィクトリアではほとんど蚊を見かけないって本当ですか。ああ、羨ましい。うちの辺りは樹が多いので、蚊がいるんですよ。油断するとすぐに刺されますよ。週末にハイキング&キャンプなんて、あら、素敵。でも蚊に刺されて大変でしたね。
実はまた一軒ワインの店を見つけました。ボローニャ、一体どうしたんでしょうか。

2014/08/08 (Fri) 22:50 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する