雷の音に耳を傾けながら

DSC_0004 small


イタリアが予選リーグに敗れたので、人々の関心は早くも夏の休暇に注目している。3回戦目のウルグアイに敗れた時はすっかり悲しみの海に沈んでしまったが、それも期間が経つと共に癒されて楽しいことに心が向いているようである。それはとても良いことで、いつまでもうじうじしているよりはずっとポジティブでよい。うちの引っ越しはついに来週に迫り、このところ大変忙しい。正直言ってサッカーどころではなかったのだ。イタリアが早めに白黒つけてくれて丁度よかった、などと私が言うものならば、相棒は再び悲しみ海に足を突っ込んで頭を左右に振る。引っ越しよりも決勝トーナメントの方が大切だったと言わんばかりに。しかし、だからイタリアの男という奴は、などと言ってはいけない。彼らにとって4年に一度のこれは、本当に本当に大切なことなのだから。

雨が降りそうだと思いながら、結局降らずに夜を迎えた。夜と言ってもまだ遠くの空が薄明るい21時ごろ通り雨が降り、大きな虹が現れた。それは思いがけない空からのプレゼントのように思えて、私と相棒は小さな子供のように喜んだ。虹だ、虹だ。私達は幾度も声をあげながら、まだ降り続く通り雨もものともせずにテラスに出て虹を仰いだ。そうして穏やかな晩を過ごして日曜日を締めくくろうとした頃、大きな雷が鳴り響いて、音を立てて雨が降り始めた。小さい頃は雷が怖いと言って姉にしがみついていたが、何時の頃からか雷が好きになった。それは多分、姉と過ごしたあの怖い雷の夜の思い出のせいだろう。姉の腕にしがみついて眠ったあの夜の思い出は、あれから随分経つと言うのに色褪せることなく、むしろ昨日のことのようにすら思える。勿論、姉はもう忘れているに違いない。私達の姉妹愛は何時も一方通行に近かったから。すべてにおいて優れていた姉は、大人からは褒められ子供たちからは頼りにされ、信頼を一身に受けていた。そんな姉を持つ私は、内気の弱虫の泣き虫で、いつも姉の後ろに隠れていたような気がする。姉はきっと面倒くさいなあと思っていたに違いない。歳月を経て、様々な経験を通じて、内気の弱虫の泣き虫だったと言っても誰も信じてくれぬほど強い女になった私だが、雷の音に耳を傾けて姉と過ごした晩のことを思い出すと、今でも小さな妹に戻る。

雷の音に耳を傾けて眠りにつく。今夜は良い眠りにつけそうだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

お引っ越しお気をつけて。
虹を夜に見られるってえって思いましたが、夜でも明るいんですよね。

2014/06/30 (Mon) 15:22 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。引っ越しは本当に苦手です。荷造りは特に苦手。
晴れた日は21時ごろまで明るいのですよ。それはこの時期の特権みたいなもので、だからついつい寝不足になるのです。でも、言われてみれば夜の虹って不思議な響きですね。

2014/07/01 (Tue) 23:16 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する