茄子が好き

DSC_0004 small


旧市街の市場は今が一番元気が良い。幾種類ものトマトは観察すればするほど興味が湧くし、緑色の濃いズッキーニも今が一番味が濃い。私の大好きな杏、エミリア・ロマーニャ州で収穫したものが特に美味しい。大粒のさくらんぼう。艶があって、まるで宝石のようだ。そして茄子。イタリアには本当にいろんな種類が存在する。その料理の仕方も様々だけど、私は食べるよりも見て楽しむ派。今日も食料品市場界隈の店先で、美しい色の茄子を見て楽しんだ、

茄子と言えば、茄子のオイル漬けがとても美味しい。茄子を長細く切って調理したものオイルに漬けたものである。料理法は未だに知らないし想像したこともないけれど、それは私の好物で、美味しそうなのを見つけると購入せずにはいられない。特に夏場はこれがあると食が進む。美味しい茄子のオイル漬けと甘い新鮮なナポリ産の小粒トマト、水牛の乳で作ったモッツァレッラとルーコラがあれば私は満足。時にはこれに薄く薄く切った生ハムが欲しくなるけれども。ところで最近、私は美味しい茄子のオイル漬けを手に入れたのである。それは相棒の友人、ジャンフランコの奥さん特製なのである。数回会ったことがある。40歳にもならぬ若い女性だが、今では家では作らなくなった様々な美味しいものを、ちょいちょいと手作りしてしまう凄い人だ。仕事をしてないから時間があるのよ、と本人は言い訳をしていたが、しかしふたりの子供を育てることで時間はあって無いようなもの。彼女は、つまり、古いイタリア女性が家でしていたことをしっかりと受け継いだ、残り少ないイタリア女性なのである。だからジャンフランコは、昼は必ず家に帰る。何しろ美味しい食事が待っているから。そして夜だって、夕食を家でとってから出掛けるのだ。家で食べる食事よりおいしいレストランなんて、なかなか無いからね、と。ジャンフランコからその話を聞いた時、酷く感動したものだけど、茄子のオイル漬けを貰って私は深く納得したのである。先日バールに立ち寄ったらジャンフランコに会ったので礼を言ったら、そうだろう、妻の茄子のオイル漬けは本当に美味しいんだ、と自慢げに言い、また近いうちに作るから、そうしたら家に届けるよ、と言って私をとても喜ばせた。

ところで今日は白い茄子を見つけた。店の人に訊いてみたら、れっきとした茄子だそうだが、一体どのように料理するのやら。料理するよりも、花の代用品として家の中に飾ってみたらどうだろう。涼しそうで良いのではないか、と。


人気ブログランキングへ 

コメント

きれいな茄子ですね。
オイル漬けおいしそう。
茄子は油と合いますね。

2014/06/22 (Sun) 05:47 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。店先にはあと4種類の茄子が並んでいましたが、私の目にはこの3つが特別美しく映りました。茄子のオイル漬け、ほんの少し酸っぱくて食欲が湧くので夏場には欠かせません。日本でも手に入るでしょうか。

2014/06/22 (Sun) 19:49 | yspringmind #- | URL | 編集

茄子のオイル漬けは、私はまだ見たことがないのです。東京ではたぶん、たぶんどこかのお店で食べられると思いますが。私は地方なので今度輸入食品を扱う店であるか探検してみます。でも、料理のサイトに作り方が出ていました。作り方は色々あるみたいですね。茄子を干すと書かれ
たものや、茄子を焼くというのも。いろいろで作ってもおいしいってことでしょうね。でも、きっとその土地のお料理はその土地の空気といっしょに食べたら一番おいしいですよね。

2014/06/23 (Mon) 13:28 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、多分東京あたりにはあるのでしょうね。日本では本当に何でも手に入るので、日本に帰省するときの手土産にいつも頭を悩ませるほどですから。
そうそう、今の時代は料理のサイトというものが存在しましたね。私が頂いたものは、千切りにしたものを酢で茹でたのではないかと察しています。たかが茄子のオイル漬け、しかし町によって作り方が相違するのがイタリアなのですよ。そして誰もが自分の町のレシピがに作り方が一番おいしいと信じているのです。
たしかに水や空気が違うと食べ物が違う味に感じられます。日本の食事は日本で食べるのが美味しいのと同じでしょうか。

2014/06/23 (Mon) 22:51 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する