シボル

DSC_0002 small


金曜日はいつだって嬉しいものだが、今日の金曜日は飛び切りだ。6月2日の月曜日はイタリア共和国建国記念日だから、3連休と言う訳だ。月曜日に祝日が当たるように工夫されていないイタリアでは、こんな風に偶然3連休になろうものなら天からのご褒美にさえ思える。それにしてももうそんな時期なのかと感嘆する。5月が終わろうとしているなんて。

今日はバスのストライキの日。と言っても終日という訳ではなく、人々が通勤通学に必要な時間帯はきちんと稼働しているのだから有難い。その辺りは良心的だと感心するが、金曜日だからといって寄り道していたらバスが止まってしまうから、さっさと家に帰らなくてはならないのが難点だ。そんなことを言いながらも旧市街でバスを乗り替えているうちに家に直行するのが惜しくなり、すぐ近くのフランス屋に立ち寄った。店はまだ混んでいず、店主は電話中だった。どうやら予約の電話らしく、はい、はいと言いながら電話を切った。美味しい赤ワインが入荷したそうで、私はそれを注文した。此処に立ち寄るたびに店主はこんな風に珍しいものや新しい種類の美味しいのを進めてくれるようになった。席に着くでもなく、店主とお喋りを楽しみながら立ったままのワインの時間。長くても15分くらいのことだけど、それは私にとって大変楽しい時間である。赤ワインを頂きながら、ふと思い出した。フランスが好きだったシボルのこと。

シボルと私はアメリカで知り合った。彼女と私は単なる知り合いよりももう少し親しく、しかし友人とまではいかない関係だっただろう。私達は友人の友人だったから。私と友人が一緒に暮らすアパートメントにシボルが出入りするようになったのは何時の頃だったろう。香港生まれの香港育ちで、スレンダーでお洒落な若い女性だった。身に着けているものから明らかに豊かな家に育った娘と窺えたが、彼女は特にそんなそぶりをするでもなく、いたってシンプルだった。潔くショートにした髪が良く似合う彼女。フランスが大好きだった。中でもパリは特別らしかった。アメリカに来る数年前に半年だか1年だか、2年だか、パリに暮らした時期があったそうだ。初夏から夏にかけて、レストランのテラス席で過ごす夕食時の素敵さ、華やかさを彼女はとても愛していた。愛していた物は沢山あったが、そのうちのひとつがそんな時間で、そしてそのうちのひとつはフランスの赤ワインだった。彼女が語るパリの夏の晩はいつか見た映画の一場面と重なり、私と友人を大変酔わせた。そして私達はいつか私達もパリへ行ってみたいと願ったものだ。そんな彼女のパリであったが、香港に暮らす家族に呼び戻されて終わってしまった。暫く家族の元に居たけれど、シボルはまた異国へと飛んでいきたくなった。それがアメリカで、サンフランシスコだった。彼女がそんな気まぐれを起こさなかったらば、私達は一生会うこともなかっただろう。そう考えると、人生とはなんと気まぐれで運命的なのだろうと思う。シボルはそのうち家族の元に戻って行った。パリに居た時と同じように彼女は家族に呼び戻されたからだ。パリの夏の晩も、アメリカの自由の空気も、ほんのひと時しか味わえなかったシボル。でも、家族の元に帰るときは大変潔く、それが私達周囲の者の寂しさを慰めてくれた。多分彼女は家族の元に帰ることを多少なりとも喜んでいるに違いないと。
フランス屋の店主に良い週末をと挨拶して店を出てから思い出した。シボルが愛したものがもうひとつあった。それはフランスの靴。ねえ、フランスの靴は本当に素晴らしいのよ。シボルがあの低いハスキーな声で語ると、フランスの靴が世界一素晴らしく聞こえた。今の私だったらば、こう言うに違いないのに。ねえ、シボル、イタリアの靴も素敵なのよ。

週末。雨があまり降らぬことを祈ろうか。
 

人気ブログランキングへ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する