コットンのシャツ

DSC_0026 small


午後から晴れた。ボローニャに太陽が戻ってきた。もっともほんの一瞬かもしれないけれど、しかし願うのだ。予報が外れて晴れますようにと。今週末は友人の小さな息子の洗礼式で、そのため友人は随分と前からその準備に忙しい。1月1日に誕生した赤ん坊の洗礼式には方々から親類と友人たちが集まるらしく、少し前に会った際に準備に忙しいと言いながらもなかなか楽しそうな彼女だったから、雨ではちょっと可哀想と思うのだ。イタリアでは例えば結婚式に雨が降れば雨に濡れた花嫁と言って幸運のひとつのように例えるけれど、本人にとってみれば気持ちよく晴れた空の下で皆に祝って貰いたいと言うものだ。そうだ、随分前に同僚が結婚した日が大雨だった。あら、雨降りだなんて縁起がいいわ、と周囲の人達が盛り上げてみたが花嫁は雨がこんなに降るなんてと涙をこぼした。教会に来てくれる人たちがこんな雨では大変だろうと。 こんな雨では来てくれない人もいるのではないかと。でも、あの雨は確かに幸運を招き、彼女は幸せな花嫁となり、元気な子供を次々と生んだ。だから案外雨降りの花嫁とは本当に幸運なのかもしれない、と後々私達は話したものだった。でも、今週末は結婚式ではない。私の可愛い大切な友人の為に、青空を与えてほしいともう一度神様に頼んでおこう。

それにしても寒く、私を含めて人々の装いは3月のそれに逆戻り。薄着は格好良いけれど、風邪を引いてまで格好良くなくてもよいだろう。首元にスカーフを巻き、トレンチコートの前のボタンを掛ける。先週末に見掛けたポルティコの下でカッフェとお喋りを楽しむ人達が恋しい。コットンのシャツを着た人々。眩い太陽の光と落ちる影の濃さ。


人気ブログランキングへ 

コメント

5月1日の祝日、ヴィチェンツァは晴天です。皆どうせ明日は天気も逆戻りなんて言っていますが今日はこの光と暖かさを楽しみたいです。私はここで日曜日まで仕事です。ボローニャもほっとできる気候に落ち着きますように。

2014/05/01 (Thu) 15:18 | basilea #V1zXMXvE | URL | 編集
Re: タイトルなし

basileaさん、こんにちは。今日はボローニャも晴天です。太陽の光を満喫しましたよ。ところが向こうの方に嫌な感じの雲の大群を発見。あれが夜のうちに上空にやって来て街中を覆ってしまうのかもしれません。明日は私も仕事です。
それにしてもこんなに近くに居るのにお会いできないのは、まったく残念というものです。

2014/05/01 (Thu) 18:09 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する