4月の魚

DSC_0010 small


私は今日という日を待っていたのだ。そして何時告白しようかとずっとタイミングを見計らっていたのだ。でも、もうそろそろ。忙しい一日で皆が黙々と働く午前中に、私はさりげなく告白したのだ。昨晩、宝くじ(インスタントくじ)で50.000ユーロを当てたのよ。すると近くにいた2人が〝えっ!″声を発して驚いた。こんな大口を当てたのは私達仲間の中ではひとりもいない。驚いて固まってしまった2人の様子に私は大変満足したので、続けて告白する。うふふ、Pesce d’Aprile (4月の魚)よ、と。つまりエイプリルフールのことである。今年は是非とも皆の驚かせたいと思って数日前から案を練っていたのだ。驚いた2人は騙されたことが分かると、何だ、何だと騙されたことに照れながら文句を言ったが、その反応も私の思惑通りで満足だった。いつもは私が簡単に騙されるのだ。随分前のことだ。アメリカの友人の庭で朝食をとっていた4月1日の朝。友人が、青く高い空を指さして、あ、大きな鷹が飛んでいる、と言うので驚きと初めて鷹を見る喜びに目を輝かせて空に大きな鷹を探す。私はいつもそんな調子だった。こんな街中に鷹が飛んでいる筈もなく、皆から大笑いされる、それが私だった。すぐに真に受けてしまう私が面白いと言って、この日は朝から晩までこんな調子で皆に騙されっ放しだった。どれも無邪気な嘘ばかりで憎めないものばかりだった。罪のない嘘と言うと丁度よかった。しかし、やれやれ今年もまた騙され放題だったと我ながら情けなくなったものだ。

家に帰りもう一勝負してみようと思いついた。相手は相棒。同じことを言ってみたところ、相棒は職場の仲間の3倍も堅く固まってしまった。ああ、そんな幸運、僕たちには必要だったね、と今にも言い出しそうだったので、先回りして告白した。うふふ、Pesce d’Aprile よ、と。相棒は酷く残念がったが、今年は初めて私に騙されたことを愉快に思ったらしく、妙に照れ、妙に嬉しそうだった。それでいて、本当だったらよかったのになあ、と後で2回も呟いたので、纏まったお金が必要な私達には宜しくない嘘だったと反省した。反省した…いや、今年は大成功だったと言ってよい。反省は明日すればいいさ。

それにしてもこの日は店先に魚の形をしたチョコレートが並ぶ。色とりどりの銀紙に包まれた魚たち。実に欧羅巴らしい、と思う。アメリカでは見かけたことのない4月1日の魚の形のチョコレートを見るたびに、私は今ボローニャに居るのだと教えられるのだ。


人気ブログランキングへ 

コメント

ちょうど4月1日に、ドロミテに住む友達とスカイプで話していて、"君がこっちに来たら、滞在費が大変だから家に泊めてあげるよ。"と言われたのですが。
あ。そうか。それは4月の魚で実際は寝袋だったりして。
と青くなりました。

2014/04/03 (Thu) 16:04 | micio #O/XG6wUc | URL | 編集
Re: タイトルなし

micioさん、こんにちは。ドロミテに住む友達がいるのですか。それでは是非、訪ねなくてはね。それにしてもちょうど4月1日でしたか。あはは。しかしこれは4月の魚ではないでしょう。・・・だったら結構ショックですよね。寝袋と言うことはないだろうけど、ソファに寝るのはよくあることです。

2014/04/03 (Thu) 22:01 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する